« 2010年10月17日 - 2010年10月23日 | トップページ | 2010年10月31日 - 2010年11月6日 »

2010年10月29日 (金曜日)

おコメの選び方

1.農薬、化学肥料など化学物質の危険を避ける
  国が認めたから安全とはいえません。日本は世界でも危険な農薬を認めています。さらに、予防防除といって病気がでてなくても農薬を撒くよう国が勧めています。

2.有機肥料や化学肥料に家畜の糞尿が使われています
 糞尿の危険性については前に述べたとおりです。抗生物質や殺菌剤が含まれています。また、飼料は遺伝子組み換えが混入しています。

無肥料栽培が理想です。菌根菌の中の真菌が排泄する強粘着性のタンパク質グロマリンが土壌を団粒化させ、肥沃化(ひよくか)していくことが分かったのです。
稲の根は刈り取られた後も水分さえあれば翌年3月まで生きています。冬期湛水することによって、根からグロマリンが出ているのです。年数が経つほどグロマリン量が増えてゆきます。

3.産業廃棄物が有機肥料に含まれる危険性
 菜種粕、大豆粕などが含めれるとすると、カナダのキャノラー種は遺伝子組み換え作物ですから危険があります。汚泥が肥料に入っている場合は何が入っているか分からないのです。

4.地下水の汚染に加担しなくてよい
 地下水の肥料成分による汚染が問題になっています。
埋め立てゴミもやがて地下水を汚染するようになるでしょう。
水田は土壌中や地下水中のチッソを空気中に返す優れた機能があります。肥料、農薬を使わない自然栽培が環境を守ることができるのです。

5.コメの遺伝子組み換えの危険から逃れよう
 コシヒカリ人気はモチモチ感だそうです。それなら、東南アジアのようにもち米を主食にすればいいと思うのです。
コシヒカリが栽培しにくい地域では、ミルキークイーンなどの低アミロース米という危険な似非コシヒカリがあります。
品種改良や農薬などで遺伝子にキズがつき、「米アレルギー」のかたがいます。これ以上病人を増やさない農業でなくてはなりません。

6.お米のデンプンのバランス
 インディカ米はデンプンのアミロースの割合が高いお米です。
ササニシキはアミロースが20%ぐらいで、アレルギーの方でも食べやすく、食味バランスがいいのではないでしょうか。

 種は自家採種しておりましたが、JAのカントリーを利用する場合は、毎年、JAから種を買わなければ、栽培履歴の条件(国が示す)に合致しないこととなるそうです??(そのほうがJAも儲かるし??) 農家はがんじがらめの仕組みで縛られているのです。
自家採種なら田んぼや気候にあった品種に変化する可能性があると思うのですが、農家が勝手に自家採種した種で米を栽培してこっそりカントリーに持ち込んだのがバレタ場合は、種子混入で販売できないとして農家へ損害賠償を求めるでしょう。

7.化学物質の蓄積から逃れよう
 土壌、大気など私たちは化学物質に囲まれ、食料品も例外ではありません。アレルギー体質に全員が向かっているのです。

8.自然栽培しか他に道はない
 健康と環境を守り、生物が生き延びるには自然栽培しかない。

外国では農薬の制限が日本より厳しいのです。
日本の農薬付けの米はEUには輸出できません。
「日本の農産物は安全」だと政治家がいっていますが、何も知らないか、知っているが役者を演じているのか分かりません。

過去の農薬、肥料が田んぼに蓄積されているのです。(中国の田んぼのほうがおそらく蓄積は少ないでしょう。)
まずは、田んぼの毒抜きから始めなければなりません。

しかし、農家はカメムシで斑点米が増えると価格が急落するので、恐ろしいネオニコチノイド系の農薬を撒布しています。

これが恐怖の現実なのです。

| | コメント (0)

2010年10月28日 (木曜日)

星野がなぜ弱小球団の監督になるの?

楽天球団はユニフームが少ししか配給されない。
初代 田尾監督にどうして決まったのか。
そして、すぐ首になったのか。

野村監督はヤクルトを育てた実績を買われ 阪神に乞われて3年選手たちを育てた。
阪神選手は負け組根性から抜け出せなかった。
その後を 引き継いだ星野は優勝した。
オリンピックの監督になるも、惨敗。

直後のWBCは密室で 原監督に強引に決まる。

楽天は、シダックスから野村監督を雇い入れ選手を育てた。

野村監督と星野監督は真逆の人生を送っている。
野球においても、生きかたにおいても 這い上がりとエース。
上に楯突いても物言う野村と下にきつい星野。
星野は「理想の上司」に選ばれたが、生き方の要領のいい上司だろう。

詳しくは「流体力学」前野さんのHPを読もう
『気ムズカ日記』  だから星野は嫌われる
http://kimuzukanikki.blog64.fc2.com/blog-entry-8.html

| | コメント (0)

2010年10月25日 (月曜日)

MACが21日に新製品発売

MACのホットニュースによると
http://www.apple.com/jp/hotnews/
MacBook AirはiPadと同じソリッドステートストレージテクノロジを使って、インスタントオンの起動の速さ、最長7時間のバッテリー駆動時間、そして最大30日の待機時間を実現しています。88,800円から提供されるお手頃価格のMacBook Airは、次世代のMacBookファミリーを定義するものです。

ートPCを改良でなく、再発明したと 豪語している。
値段も安くなり持ち運びには抜群でしょう。

それと、ソフトがiPadの影響か、かなり追加、変更されている。

MACはいつもいきなり発売するので 油断ならない。

| | コメント (0)

田んぼに水が入れられない

奄美大島は雨で死者が出ています。屋久島は1月に32日雨が降るといわれるほど雨の多いところです。そのすぐ近くなのに奄美は大被害にあっています。
ゲリラ降雨、地形などいろいろな要素が絡んでいるのでしょう。

気象はかなり変ってきています。
竜巻やゲリラ豪雨は、僕の記憶では最近になって急増している。
損害保険も竜巻は別契約となっており、古い契約のままでは竜巻被害があっても保障されません。

水稲の後作としてお上やJAは、麦、小麦、野菜栽培などを奨励しています。
僕は自分で麦を作ったことがないので、休耕田が水はけが良いので「はだか麦」をそこで育ててみようかと思い、JAに申し込むと、助成金を貰うため営農集団に加入しないと作れないといわれました。
農家は、作物を勝手に作れない仕組みになっているのです。

家庭菜園なら好きな物が栽培できますが、農家は自家用の野菜を少し作ってもJAをつうじてお上に申告しなければなりません。
税務申告も自家用は収入として申告します。
補助金は要らないからとJAにいって試しに麦を少し作る予定です。

昨日・今日と雨が続き、野菜農家はレタスが植えられないし、田んぼが乾かないので野菜の畝立てができず困っています。

雨で用水に水が流れ出したので、刈り取り後の田んぼに湛水しようと思って準備していたら、野菜農家が水を嫌うので、用水に流れ込む大堰を開けて下流に流してしまったので湛水することができません。
僕は田んぼに水を入れたい。
僕以外の農家は水は要らない(刈り取りあとの田んぼは乾かすのが慣行栽培なのです)。
だから僕は変人にされます。

| | コメント (0)

« 2010年10月17日 - 2010年10月23日 | トップページ | 2010年10月31日 - 2010年11月6日 »