« 戦後 農業政策の検証 NHKより | トップページ | 肥料、農薬の注文書の提出期限だ »

2011年1月13日 (木曜日)

戦後の農政は脳性麻痺だ

10日のブログでは非農家の方は分かりにくいと思います。私のまとめの悪さを差し引いても理解しがたいと思う。

理由は、農政が脳性麻痺を起こしていたからです。
こんなことを書くと命がけで農政に取り組まれていた公務員の方はお怒りになると思います。
結果が悪いのですからしかたありません。

縄文末期~弥生時代のあるときまでは、農地は全員の共有資産だったと思います。
その後は権力者の所有となり、戦後の農地改革では農民の個人所有となった。
アメリカが小作農家ばかりにしたのは、アメリカの穀物を日本に売る準備をしていたのです。
給食のパンと粉ミルクが証拠でせう。

農家に面積は少なく赤字経営であったが、そのころの農民は農地への執着が強かった。農地を最大限休まさず利用した。
政府は半分の農家は消えろと考えていた。しかし、農地を売ろうとする人は少なかった。有史以来初めて自分の田んぼを持ったという喜びが強かった。

やがて、赤字続きで田んぼの宅地転用が始まった。
5反確保するため、便利な田んぼを売り、不便な安い田んぼを買う。その差額で生活する。あるいは、機械を買う。

兼業農家でないと生活できない。さらに、減反政策。農業は赤字。こうなると、田んぼの売り手はいるが、買い手はいない現状に至る。

農家の本音は農業は辞めたいのです。
昨年、民主党の個別補償が始まった。
減反制限ギリギリまで米作を増やした農家が散見される。1反当たりに対してくれるのだからいままで草だらけの田んぼ?で米作りすればお金をくれるのだ。ずる賢い百姓の思いつきそうなやり方です。

そんな百姓を責めても百姓はなんとも思いません。せせら笑っています。
10~15年すると農業は崩壊するでしょう。

私たち団塊の世代は親父の命令で田んぼに縛られながら兼業農家として今日まで生きてきました。
子供達は全員勤め人です。私の後継者はいません。息子がいますが交代制の不規則勤務です。これでは百姓仕事はできません。それ以前に、小規模経営で赤字なのですからお米は作るより買ったほうが安く付きます。

百姓は農業から離れる時、国民に対して「農業を崩壊してごめんなさい」なんて誰も思いませんし、言いません。
後のことなんか知りません。2~3代かけて農業からの離脱を計画し、それが間もなく完結するのです。
1次産業のなかでも一番搾取され続けてきたのは農業です。有史以来の念願が叶うといっても言い過ぎではありますまい。

追伸:自分の米は自分で作ってください。(今の法では違法行為になります)

|

« 戦後 農業政策の検証 NHKより | トップページ | 肥料、農薬の注文書の提出期限だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戦後 農業政策の検証 NHKより | トップページ | 肥料、農薬の注文書の提出期限だ »