« 死生観~つづき | トップページ | MacBook Pro がグレードアップしたよ »

2011年2月23日 (水曜日)

最近のデジカメ事情

このブログはグーグル・クロームで開いて書いていますので、編集がお粗末です。
さて、
「デジカメに1000万画素いらない」の著者である
たくき よしみつ さんのサイトの内
ガバサク談義 の
お勧めデジカメの条件とは?のサイト
http://tanupack.com/tanupack/gabasaku/osusume.htm
を参考にしてください。
カメラの紹介の画像もあります。
昔懐かしいデジカメの記事も次ページにあります。

たくき さんは1万円ちょとで買える SONY DSC-WX1 が持ち歩きカメラになってるようです。

真面目に作られた Panasonic Lumix DMC-LX3 と後継機種 DMC-LX5 
Lx5
のほうが性能はいいのですが、軽さとコンパクトに誘惑されているようです。

最近オリンパスもレンズ交換できるPENが売れず、ついに Olympus XZ-1 を発売した。
サイトで紹介されています。
レンズがF1.8~2.5と明るいのですが 35ミリ換算で 28-112mm と望遠を欲張り、広角は24ミリが欲しかった。 値段は出たばかりなので52000円もする。
昨日、カメラ屋で手にしたが、予想したとおりグリップ感が悪いが、意欲的な高級機だ。

高級機といえば3月になると 富士フィルムから アナログカメラのようなデジカメが発売となる。
FinePix X100(デジタルカメラ ファインピックスX100)。
なんと35ミリ相当のレンズでF2の固定レンズだ。
カメラ屋で予約をとっていた。値段は115,000円ぐらい。
メーカのサイト
http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/x/finepix_x100/

Pic_additional_01
これは趣味の世界でしょう。
回顧趣味で銀塩のような不便さを楽しむためのカメラでせう。

アナログ派で銀塩派の僕は外観に惹かれます。
スナップで木村伊平さんを目指している人とか、お金に余裕があり、2台以上カメラを持ち歩く方は魅力的ですよ。
デジカメながらレンジファインダーに凝っているので、液晶画面をみなくても撮影できるそうです。
全面、上面は金属製です。

手ざわりとか、ダイヤルやピントのリングを回す感触が良くないと僕は愛着が沸かない不幸な性格なので、お金が貯まることがない人生を送っています。


|

« 死生観~つづき | トップページ | MacBook Pro がグレードアップしたよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 死生観~つづき | トップページ | MacBook Pro がグレードアップしたよ »