« 映画 Here After が上映中止 | トップページ | いろんなテトラッポット »

2011年3月26日 (土曜日)

団塊世代は介護世代

このブログは友人とのメールのやり取りを抜粋したものです。
あらためて、文章を書き直すのは面倒だし、この方が分かりやすいと思ってなどと、自分を安全地帯に逃避させる言い訳を書いておく。

友人からのメール の抜粋

1.母の介護施設探しに
>  平成20年、21年の2年間大変でした。
>  やっとグループホームに落ち着いています。

2. 今もって勤務していますので、仕事の合間をぬって
>  毎週ホームへ通うことや、父の食事作りをするので多忙です。
>  その上隣県で教員をしている長女の2人の孫の世話
>  かりだされることも度々です。

3. 洗濯は奥様がしないのですか?
> (入院時は父の洗濯を僕がしていると書いたので・・・)

4..私も●、◎、○と行ったり来たりしています
 自由な時間が取れず多忙ですが皆のために元気で動き回っている
> のが幸せなのだと思っています。

*****************************************
僕の意見を述べます。参考になりません、たぶん、おそらく。

1.施設不足は深刻です。
  仕事をやってる方は、探しても見つからないのでコネクションで施設に入れている状況です。 コネがあっても、運がなければ自宅介護になります。

 僕の職場にも早期退職制度があり、年度末で55歳、58歳になる職員は退職金の割り増し(申し訳程度)がつきます。
 僕は、58歳で年度が替わると平社員になり、不良債権取立ての仕事をします。 2月生まれなので60歳定年まで14ヶ月残っていましたが、施設は空いてないし、父は入りたくないと言うし、家内は母の介護を5年やって疲れはて、父は異性ですし、性格も合いませんので、家内から父の介護は堪えてくださいとの申し出があり、母のときは家内にまかせっきりで、僕は仕事馬鹿になっており、いつも深夜帰宅でした。

口では「苦労かけるの。」と言っても、本当に家内の苦労を理解していませんでした。 父の介護をしてそれが分かりました。

 よって、58歳になった年度末で退職し父の介護をすることになりました。
僕と同時に多くの優秀な人材が55歳、58歳で早期退職しました。
辞めて欲しい職員は残りました。
結果として、人材流失になり、翌年、早期退職制度は廃止されました。

2.孫はいません。
  また、孫の世話はしたくありません。
 餓鬼は己の醜さを投影する鏡のような存在なので嫌いです。
 子供はウソをつきませんから残酷です、だから餓鬼といふ鬼扱いなのです。
 「そんなことはないで、子供は可愛いで」とよく言われます。赤ちゃんや子供は、可愛いのが仕事なのです。 可愛いから保護し、育ててくれるのです。

 秋山ジョージ氏の漫画に醜い子供が主人公の漫画がありました。お岩さんのやうな顔ですから誰も保護してくれません。生きるために人肉を食べます。これが誰かの逆鱗に触れ、連載中止になった。
 先の大戦で、ジャングルのなかで止む無く人肉を食べたという話を聞いたことがあり、南方に行っていた父に確かめたら、
 「止む無く食べた奴もおるだろう、しかし、そいつを責めることはできん。人の業だからな。生物の中には共食いする種は多い。石器時代まで遡れば共食いは罪ではなくなるのかもしれん。」と寂しげに空を見上げて言った。

3.洗濯は家族の物は家内がします。
  父の分は時間がずれるのと、ぼくが退職した1年後 幼稚園の給食おばさんとして働き出しました。
 僕の収入がないのと、気分転換になるのでそのほうがいいと思っています。
 「関白亭主協会員」としては、家事分担は当然である。

4.「皆のために元気で動き回っている のが幸せなのだと思っています。」
  と、書かれていますが、心の底から幸福感を感じていますか?
 僕は、1日中家にいて、病人の具合に心を配りつつ合間を見ては農作業もしなくてはならないのは苦痛です。田んぼにいても病人のことが気になります。

 ≪自分の息抜きの時間は必要です。≫
 
家で介護していて、ヘルパーの方が来て、1時間空くとしたら、カラオケ、パチンコ、買い物、気の置けない友人とおしゃべりなどするのがいいです。
他人の目を気にしていたらストレスが溜まります。
ストレスが活性酸素を作り出し、DNAに傷をつけ病気になることは承知のとおりであります。
 
追伸:後生の一大事(死の覚悟)をすれば心が安穏(あんのん)になります。
    生物は必ず死にます。
    「生きていることは ただごとではない。」とDNAの
    第一人者村上和雄医学博士が言われた。そして、「アホは神の望み」
    という本を書いた。
    同時期に宗教学者の ひろさちや は「アホのすすめを書いた。
    偶然でせうか?

    DNAは親からもらう。 DNAが働かなければ生きていけない。
    DNAは1/2400万gの重さしかない。
    すべての生き物はDNAで繋がっている。
    塩基が折れ曲がり複雑な形でそれぞれのタンパク質が作られる。
    1つでも間違えば難病を発病する。
    タンパク質や酵素は大腸菌からつくられる。助け合うDNA。
    複雑で微妙なバランスのあるものに守られて生物は生きている。
    Somthing Grait  or  Snmthing Else とよぶべき偉大で目に見えな     いものに価値がある。
    
    仏教では、諸行無常⇒諸法無我⇒涅槃寂静 という。
    僕は寝て、目が醒めれば、今日も活かされていると思っている。
    翌日、目が覚めなくても後悔なし。(未だ成らず嗚呼)
 
     以上

|

« 映画 Here After が上映中止 | トップページ | いろんなテトラッポット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画 Here After が上映中止 | トップページ | いろんなテトラッポット »