« 団塊世代は介護世代 | トップページ | 東電と国と院の癒着と傲慢 »

2011年3月26日 (土曜日)

いろんなテトラッポット

テトラポットは普通の形のものは0.5トン~80トンまで、いろんなサイズ、形状があります。
Tetrapod_fig01_2

Tetraneo_fig01

Dolos_fig01

いろんな種類があり、災害だけでなく河川の生き物を守るためのテトラもあります。
詳しくは「不動テトラ」という会社のHPでみてください。この、映像もHPから転載しました。

僕は風のきつい小さな漁村で民宿したとき、風避けパネルや巨大なテトラポットの驚いたことがありました。
家の周りは石を積み上げ家を守っています。

そのように、準備しても予想を超える、津波や自然の猛威には人間はひとたまりもありません。

ある番組で老学者が「東北の海岸は津波に備えて最大限のテトラや防波堤を作った。」との説明に、若いアナが「でも現実に被害が起きているじゃないですか。準備が甘かったのでは?」と切り替えした。
老学者は「そんな設計は予算からしても不可能です。今回の被害を防ぐだけの工事をしたら日本は破産します。それでも、莫大なお金を投じて巨大なテトラがあったから、これだけの被害で済んだと考えられませんか。」と反論した。 さらに「マスコミは被害がでたら文句を言うが、備えの工事で税金を使っても文句をいう。低地に住宅は作らないよう線引きしていたのに勝手に、住宅が建っている。これは人災だ。」と憤慨した。

BUNちゃん先生日記」(このブログの左の お気に入り にある)には和歌山で被害に遭った経験から住むべき場所と危ない場所を明確に分けた地図があるそうです。
 飛行場の近くに家を建て、騒音被害だと争っている。誰が、そんな場所の土地を売り、あるいは安いから買ったのかもしれないが、農家の僕たちも住宅が、建売ができ困っています。
堆肥が臭い、農薬や埃が洗濯物についた、車に田んぼの泥が付いた、等々である。

人知を超えた天災は止む終えないとしても、人災で被害を大きくすることは避けるべくだ。

|

« 団塊世代は介護世代 | トップページ | 東電と国と院の癒着と傲慢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 団塊世代は介護世代 | トップページ | 東電と国と院の癒着と傲慢 »