« i MACが性能UPして発売 | トップページ | 不動産は持つな »

2011年5月12日 (木曜日)

1次産業は逃れられない宿命だ

災害で壊滅した東北の農家や漁師はすべて投げ捨てて他の仕事に変わりにくいのです。
土地や海に縛られているのです。

漁民は漁業権という海の縄張りが、もろもろの利権とともにあるのです。

僕は、農業を赤字で仕方なくやっているというか、やらされているのです。

もし、田んぼを放棄すれば法律に触れます。
農業には「農地法」という僕から見れば悪法が農民を縛り付けているのです。 議員のなかには農地族という輩がいて利権を長い間貪っています。

「農地法」は農地を企業や不動産投資者から守るという大義があり、土地の流動化などと言う者は非国民扱いをされるのですから、30年近く逆鱗に触れる議員はいなかった。野党も触れませんでした。
2年ほど前にほんの少し緩和されたが、本質は変わっていない。

こいつは厄介で、農地を水田から畑にするにも許可がいる。
売買となればおおごとです。
和民グループが農業を始めるにあたっても別組織にしたりしなければなりなせん。

農家は後継者もなく農地を売りたがっています。
本気で農業を趣味でなく経営としてやろうと考えている農家はまれです。

東北震災で農地に塩や危険物が入り込んだ田んぼは使い物になりません。
更に、放射能汚染された田んぼの土は死んでいます。
ヒマワリを植えて放射能物質を取り除くなど絵空事でしょう。
1センチの土ができるのに100年かかるといわれています。
それまでに再度、津波が来るでせう。

だからといって、農地を放り出すことを農家がしたら地域の仲間に迷惑がかかるように法律はなっているのです。非常時にまで「農地法」をもちだす野郎こそ国賊なり。
僕は、土地はすべて国有化したらと考えています。(憲法違反ですが)
最低限、塩が入った田んぼは国が買い上げるべきでしょう。JAが塩抜き云々などと立場上の発言をしておりますが、無視してください。
農水省の政策はタイムラグがひどい。 それにくっついているのがJAです。

放射能だけでなく、黄砂と一緒に化学物質が飛んでくる。 韓国は抗議し、裏で環境省事務次官が大国相手に営業している。
我が国はなにもしてないお粗末な国です。


更に、農薬や除草剤を田んぼに撒きまわっている。それでも、マスコミは日本の農産物は安全だと言っているのは嘘つきかバカの証だ。
例えば、外来生物のジャンボタニシの養殖許可を与えたのは農水省だ。それに毒があり養殖差し止めをしたのも農水省だ。なのに、ジャンボタニシは川から全国に拡がっているのは不可思議とは思いませんか?
陰謀あるいは怠慢のどちらかでせう。
農家は高価な農薬(アルデヒド10%)を散布しています。国から何故かしらねど?補助金がでます。

南方カメムシは若い稲の汁を吸います。その米は、見た目の悪い斑点米になります。(味は変わりませんが、値段がメチャ安になる。)
農家はニコチノイド系の農薬を散布し、根から米にニコチノイドを送り込ませます。カメムシは不味いのか、怖いのか汁を吸いません。そんな米を人間が食べているのです。
僕は怖くてたまりません。
そんな日本の農産物は安全なのでしょうか?

アルデヒド、ニコチノイドのためか、昆虫が激減しました。
どんな薬か調べてみてください。怖くなります。

|

« i MACが性能UPして発売 | トップページ | 不動産は持つな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« i MACが性能UPして発売 | トップページ | 不動産は持つな »