« 梅雨いりと麦 | トップページ | MacBook Air がモデルチェンジ »

2011年6月14日 (火曜日)

選択と集中はするな

閣議で東電の支援策が決まったのを受け、東京電力の株価が今日スットプ高となった。+50円で249円。
取引高は売買ともトップである。
東電を応援しようとして株を買うのではなく、130円まで下がり、値ごろ感と延命しそうな政府支援案を材料に、群がり、売買を繰り返した(3回までできる)結果である。
原発反対であっても売買しているのだ。守銭奴ではないか。

イタリアは国民投票で原発反対となった。

原発は本当のところどこまで傷んでいるのか?
発表がの都度、「悲惨な状況になっていたのが分りました」と政府が宣う。
燃料は無事⇒圧力容器の底へ⇒格納容器の底へ⇒??

与謝野は東電養護。
海江田大臣(この方はバブル崩壊直前までTVで「今が投資チャンス」と連呼していた経済評論家?で、バブルがはじけたら突然TVに出なくなったので夜逃げでもしたのかと思っていたら、今や大臣とは恐れいった。この方に恨みがある方は大勢いると思う。) が産業経済の舵取りでは沈没するでしょう。

地域独占企業である電力会社をまもる与野党の政治家は知識人と組んで、選択と集中をやろうとしている。
それは置き換えだけであって、回答にはならない。

ドラッガーはバランスを考えろと言った。
部門別収益をみて、利益の少ない部門を切り捨てるのは誤りだ。

またもや、弱者が泣くのか。

|

« 梅雨いりと麦 | トップページ | MacBook Air がモデルチェンジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨いりと麦 | トップページ | MacBook Air がモデルチェンジ »