« 田植えの合間に「映画」を観ました | トップページ | 日本は原子力発電を止められない宿命にある »

2011年7月 5日 (火曜日)

デジカメで集合写真を撮りたい

過日、Y電気屋で伊藤園の「1日分の野菜」といふジュースがスーパーより安いので補充に行ったら、友人とあった。
彼は、大手IT企業を退職している。PCでも偵察に来たのかしらんと思ってたら、「集合写真が写るコンパクトデジカメを探しに来た」と言った。
「そんなものはこの世に無いよ」と言ってやった。
「画素数が多かったら写ると思っているんだが」と言ったので、

「レンズの大きなやつで、解像度に優れ、明るいのでないと駄目だ。」さらに
「受光部CCDかMOSの大きなやつを買えばなんとかなる。40万円はかかるから電気屋じゃなくてカメラ屋へ行け」と言ってやった。

少し前まで、集合写真はリンホフの大判で撮影してたでしょう? 悪くても中判カメラです。 予備で1眼レフ。

画素数の前に解像度が問題なのです。入力以上の処理はできません。

なんと、レンズがビー玉より小さいコンパクトデジカメで1万6000画素が普通なんですね!!!
どこから、こんな設計が浮かぶのか不思議でなりません。

理由は「タヌパックスタジオ」を検索してください。

フィルム派の僕は 2000年のSONYサイバーショットの270万画素 F2レンズを持っていますが メモリーやバッテリーの関係で使えません。

ビデオで負け、IPADに負け 最近のSONYは変です。
僕に知っている 技術のSONYではなくなりました。

追伸:コンパクトデジカメで集合写真を取る方法
  5人づつ程度で撮影し、後からPCで編集する。

|

« 田植えの合間に「映画」を観ました | トップページ | 日本は原子力発電を止められない宿命にある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 田植えの合間に「映画」を観ました | トップページ | 日本は原子力発電を止められない宿命にある »