« 2011年3月27日 - 2011年4月2日 | トップページ | 2011年4月24日 - 2011年4月30日 »

2011年4月 6日 (水曜日)

自分とは あって無いもの

自分といふ存在が認められないと、不満になったり、褒められると嬉しくなったりする。
経営学では「自己実現」を最終目標とする考えで人間をコントロールしようとする。

「人間は考える葦である。」といふ西洋哲学が基になり、いろいろなハウツー物が考えられている。

しかし、僕は思春期のころから「自我」について今日まで思い続けている。
ある時期、同郷出身の心理学者 岸田 秀氏と伊丹 十三氏の対談におおいに同感した。
自我の広がりとか、ドロップアウトをどう捉えるのか?
他者との境というか判別はどうして発生するのか?

イジメ問題も議論されていた。
友人をどうすれば増やせるのか?
何故、あの人は友人が多いのか?

などが雑誌やハウツー本となって氾濫する。

僕は、最近になって自我を意識しないといふか、自分という意識は幻想であり、もともと無いものであるにもかかわらず、強く意識するような社会の在り方は間違いだと考えている。

自己実現などしなくて良いし、出来ようはずが無い、出来たと勘違いしている方は多い。 有名な流行の評論家さんがたは多分自分が成功したから、自己実現できたと思っているのでせう。
これは大いなる勘違いである。

そも、自分など初めから無いのである。

自分を空しゅうすれば、イジメ、友人問題など起こりようが無いのであるからして。 
社会や企業は「人・物・金」が企業のもとであると教えている。
人は物と同じ扱いなのです。
それに気がつけば悩みなどなくなる。

物は絶えず変化し続ける。永遠のものはない。

人もあると思っているのは幻で物とおなじやうに永久のものではない。

とは言いつつ、無我にはなれない。 努力しても 自己の種のやうなものがのこる。

自分をなくせば、行動はすべて他のためものとなり、おのずと友ができる。

| | コメント (0)

2011年4月 4日 (月曜日)

「稲むらの火」

「わかるとできるパソコン教室」のBUNちゃん先生のブログに「稲むらの火」の記述が何度かありました。
最近は、2011年3月13日 (日) 自然は人知を乗り越える に南海地震の教訓として書かれています。 先生らしく、「だから不動産は持たない。」と書かれています。不動産は持たないので「長期ローンは地獄の1丁目」と言っているのですよ。

ブログからリンクしていたので ウキペディア から転載する。


むらの火(いなむらのひ)は、1854年(安政元年)の安政南海地震津波に際して紀伊国広村(現在の和歌山県広川町)で起きた故事をもとにした物語。
僕のところでは、稲を刈って横木に架けるので「はさかけ、はぜかけ」などと言っています。
1年丹精込めて作ったお米を燃やしてまでして村人を救った。
200pxinagi20059_2

地震後の津波への警戒と早期避難の重要性、人命救助のための犠牲的精神の発揮を説く。
小泉八雲の英語による作品(The Fire of Rice Sheaves)を中井常蔵が翻訳・再話し、かつて国定国語教科書に掲載されていた。In00_2


主人公・五兵衛のモデルは濱口儀兵衛(梧陵)である。
2011年度より、再び小学校教科書にて掲載される

生徒が勉強する前に津波が来てしまった。 なんという皮肉。




広村堤防横断図
P4_teiboukouzou_2


北側から南向きに見た場合。海までの距離は埋め立て前。
海側から(右から左に向かって)、15世初頭に畠山氏が築いた波除石垣(防浪石堤)、浜口梧陵が植林・築造した松並木(防浪林、防潮林)と土盛の堤防(防浪土堤)がある。

「稲むらの火」のサイト(浜口梧陵・小泉八雲・中井常蔵の顕彰を行っているグループ)は
 http://www.inamuranohi.jp/


余談:
2005年1月、インド洋大津波をうけてジャカルタで開催された東南アジア諸国連合緊急首脳会議でシンガポールのリー・シェンロン首相が当時の小泉純一郎総理大臣に「日本では小学校教科書に『稲むらの火』という話があって、子供の時から津波対策を教えているというが、事実か?」と尋ねた。
しかし、小泉は戦後世代なのでこの話を知らなかった。東京の文部科学省に照会したが、誰も知らなかったということである。


高知県沖の津波観測ブイ
Buoy_muroto_2


仕組み
Fig1

こんな 優れものを 日本中に配置しなかったのだろうか。これなら、確実に到達予想ができる。

今回は、来ないのかと思って 帰ったひとや、のんびり非難してた人もいたそうな。
国は なぜ準備しなかったのか? 人災が加わった。


| | コメント (0)

« 2011年3月27日 - 2011年4月2日 | トップページ | 2011年4月24日 - 2011年4月30日 »