« 2011年2月6日 - 2011年2月12日 | トップページ | 2011年2月20日 - 2011年2月26日 »

2011年2月19日 (土曜日)

ヒア アフター(Hereafter)は今日公開

早速観てきました。
ヒア アフターの綴りは Hereafter です。HEREAFTERを訳すと、「来世」と「今後」という2つの意味がある。

映画では 「死後の世界」「 死んだらどうなるの」 などの字幕でした。
公式HPサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/hereafter/index.html#/home

著名人コメントのなかから

 新井 満(作家、「千の風になって」作曲者)

「すでに死を知らば、なんぞ生を知らざらん」。
「死」を知ることで、いかに「生きる」べきかを知る。
それがこの映画そのものだ。

のコメントは仏教の死生観と重なる。

問:死んだらどこへ行くの?
 
灰になる。
  土に帰る。
  星になる。
  墓場へ行く・・・なんて答えは『千の風』で否定されている。
  天国へ行く⇒キリスト教徒か?
  浄土へ行く⇒仏教徒ならそう答えるでしょう。
  死んだこと無いから知らん⇒釈迦がこう答えたそうだ
 
映画では臨死体験からそれ以後の人生が変わるさまを描いている。

キューブラー・ロスの臨死体験の報告では、共通した出来事があり、幽体離脱を経てある体験をするそうですが、宗教・民族を越えてほぼ共通しているそうです。

それは、トンネルを越えて行くと光(花)の世界があり、そこに亡くなった人や神や仏のような光に包まれた存在があり、自分自身が光に包まれ、それは慈悲(愛)や智慧を感じる光であり、無限の幸福を感じた。そして、全てのものが自ら光り輝いていた。また、自分自身の人生を一瞬のうちに見ることができた。

有名な医学博士は人間の生きている絶妙のバランスは到底人間がコントロールでき得る範疇を超越し、神か仏か何者かによって作られた、それを「サムシング・エルス」と博士はよんでいます。

脳学者・量子物理学者は、脳の奥深くに臨死体験をするプログラムのようなものが組み込まれていて、自身の生命が危険な目に遭ったときに、それが働き出すの可能性も考えられると言っている人もいます。

いまだに闇の中である。

◎ 死とは何か
 死を前にした人への語りかけは、死を認めることによって逆に生を際立たせる
死後の世界があることを知れば、積極的に今を生きようとする。

生 老 病 死 の四苦のうち死だけは本人が体験できません
お釈迦さまは、自分が死んでないので「知らん」と答えざるを得ません。

自分が無いことを自分が考えることができるでしょうか。
出来ません。
だから「知らん」と答えたのでせう。

自分が居なくなった状態は考えることはできません。

これを機会に「死生観」を見つめませう。

死後の世界 ⇒「無生の生」

| | コメント (0)

2011年2月18日 (金曜日)

パソコンのCPUは調べよう

コンバインを買ったらPCが買えなくなった。
あれやこれやで1年以上機種の検討をしている。

各部品の組み合わせが絶妙なのがMACである。
一時はiMACに決めていたのだが、データのやり取りや、役所、企業のシステムがMS基準になっている。
 そうなるとMACは勇気がいる。

今、解っていることを素人なりに整理します。
マニアの方からは笑われそうですが、僕より素人の方のために恥を忍んでかきませう。

 インテルCPU iシリーズの第2世代が発売になったが、チップ製造ミスで仕切り直しとなった。
夏バージョンあたりからが狙い目。

 従って現行のiシリーズで各メーカは対応している。
CPUはデスクトップであろうとノート用を使っている。
インテルのHPをみれば分かるが、100個あたりの値段が書いてある。
ノート用とデスク用にCPUを分けてあるのでHPで調べてください。

MACと旧型NECはデスクトップ用のCPUを使っている。

ノート用はまとめ買いできるのでメーカーのコストダウンとなる。
さらに、省電力なので発熱対策や他のパーツと共用できる。

乱暴に言えば、デスクトップの形をしているが、中身はノートPCなのだと思ってください。

本来、デスクトップは高性能・高耐久を目指して造られたのです。だから、図体が大きくなるのです。場所をとり持ち運びできない不便さの代わりに性能を持つべきなのです。
いつごろからか、デザインの違いになってしまいました。

あるいは、BOX型だとボードが組み込み易いので、安価なPCになってしまった。

| | コメント (0)

税金の確定申告とPC環境

 僕のブログは、
 最近文字の変化やリンクや写真の配置がずれてたりしていました。
気づいたかな? めんどくさいだけでなく、PC環境が関係しているのです。

以前はMS社のIE7,8でWEBしてました。
その場合は、このNiftyブログをリッチモードで編集していました。
だから、文字を赤くしたり青くしたり大きくしたり、できていました。

WEBの処理速度向上のためグーグル・クロームに変更しました。
そのため、ブログはHTLMの編集しかできなくなり、機能も高度から普通以下へ劣化しました。
画像挿入は文末にHTLMで表示されるので、コピペで対応しなければなりなせん。面倒だからついつい文章だけになってしまうのはご理解ください。

◎ 国税庁HPでの申告作業
  推奨環境はWINとMACですが、クロームで作業をしておりました。 WINのXPだから大丈夫と思っていました。
 環境テストで表示確認がでたのでそのまま処理を続け、内訳書が終わり、印刷したら縦に圧縮された申告書が印刷されました。
 PDFの表示がなく、帳票が画面に現れ左右はグレーでした。普通なら印刷のクリックができない? と慌てるのですが、私はショトカットCtrl+Pで対応しました。
 圧縮された申告書は再度印刷すればいいだろうと「DATA保存」して次のステップに進もうとしたらERRになったが、再読込で入力できたので、最後まで申告作業をしました。
 農業収支内訳書の所得金額が申告書Bに自動転記されるシステムなのに、2円ちがっていました。
 再度、農業収支内訳書等を印刷することもできませんでした。

 漢字のうち、俗字はPCで書けるがメールで文字化けします。
例えば、の俗字は「﨑」、渡辺のの俗字は邊・邉など10字以上ある
ある役所を除いたほとんどの役所は、PCの俗字も戸籍の文字として印字できるし、処理できるシステムです。
 注:今入力しているのはグーグルの日本語入力です。今、MS社のIMEに変えました。人名・地名があれば俗字が打てます。

 クロームでは俗字は入力できましたが、印刷すると「・」になってしまいます。
どうにかならんのかPCの世界。

日を改め、気を取り直して、最初からやり直しました。

申告はMS社のWIN環境でないと動きません。MACも印刷のところが怪しいようです。
お役所と一部の企業は、PDFを組み込んだWIN環境が基本になっています。

Office Personal は買わないと駄目なんかな~?

僕としてはOpen Office・・・でいいんだけど。
日本語はテキストで十分。
計算はカルクで十分。
メールやスケジュールはグーグルで十分。
パワーポイントなんてダサイのは使わないし。

買わされる仕組みに誰かがしたのかな???

 

| | コメント (0)

コンバインを買うこととなってしまった

中古のコンバインから突然燃料が漏れた。 修理業者に診てもらったが原因不明である。
私も理屈では理解不能の漏れ方であるから、内心は怖いのである。
エンジンの上に燃料タンクがありそこいら一面に溢れている。エンジン、マフラーなどもぬれている のは 怖い。 ⇒燃える。

燃料系統の汚れ具合から、以前から漏れていたようだ。
人間と同じで 前立腺が病むと尿漏れとなる。
(注)前行の改行はShift+Enterである。 Enterだけだと1行空白行となる。

それと、ゴム製のキャタピラーが劣化し多数のヒビがあり、駆動輪のところにワイヤーが入っているのだが、相当錆ていると想像できる。
走行中に突然切断すると高くつくし、事故でヤバイのだ。
他にも不具合が多々あり、赤字農業なので中古コンバイン約30万~あれば米が死ぬまで買えるのです。
しかし、休耕田を借りてくれる人はいないとなれば、草刈はしなければ迷惑となり、草刈機モローは40万円する。
稲の刈り取りを依頼すれば、1反24,000円~するし、賃刈り用のコンバインは4~6条刈りで1反以上の米を機械内に貯めこんでしまい、煙突のようなドロッパーから車に吐き出す仕組みである。

Resize_image1_478_12875

軽トラックでは積みきれずトラックがいるのだ。さらに、道路で積込みをすることとなるのだが、他車の通行の妨げとなるのだ。

(画像は4条刈りでキャビンつき、中古で860万円、右にドロッパーが見えます。)

悩んだ挙句、中古の小型コンバインを買うこととした。
袋取りで使用時間も少なく、キャタピラーは湿田用の幅広でヒビもない。形式も比較的新しいので私が動ける間までの玩具だと思っている。

Resize_image1_353_14288

Resize_image5_353_14288

写真は他機種です。

デジカメ買えません。

そのためPCが延期しそうだ。
(次回へ)

| | コメント (0)

2011年2月13日 (日曜日)

雪の結婚式

建国記念日の11日 姪の結婚式がハレの国 岡山であった。
新郎新婦とその親達の中間地点が岡山になる。

当方は26年ぶりの積雪騒ぎで高速道路は通行止めであった。 お天道様には逆らえないのであるが、気になり眠れない夜となった。
こんな時、女は強い。 熟睡している家内をみて改めて確認した。

当日は幸運にも直前に通行可能となり胸を撫で下ろした。

式のあと、ヘルシーな昼食をゆっくりと頂きました。
新郎新婦の気配りだと思います。美味しく頂きました。

帰り際、2月9日のBUNちゃん先生日記「結婚はあまいもんやおまへんで」のブログを印刷して渡しました。

厳しい時代だからこそ助けあって生活する覚悟があればこそ結婚したのでせう。

頑張りすぎないで精進してください。

| | コメント (0)

« 2011年2月6日 - 2011年2月12日 | トップページ | 2011年2月20日 - 2011年2月26日 »