« 消費税上げるの? 伝票方式にしてからにしろ? | トップページ | 消費税の インヴォイス化について »

2012年1月30日 (月曜日)

最近どことなく不調です

元旦に投稿してして以来ですね。
寒さから体調が優れず、精神的にも老化しています。
生きることが面倒だったのが苦痛になっています。
自我を強く意識してしまうのです。

自分などというものはあるように思っているだけで定かではないのです。
自我があれば、取り巻く他者の存在、生かされている自然が牙をむく、そうしたものがすべて葛藤の種となるのです。
ただあるがままに生きることの難しさよ!

(NHKで放送中の番組より)
そも、ホモサピエンスは助け合うことができ、ネアンデルタール人よりずっと非力だったので、飛び道具を考えだし、地球上に拡がった。
1グループ150人程度が自然な集団となる。

数万年もそうして生きてきたホモサピエンスはやがて飛び道具を仲間に向けた。
最初は仲間のルールを守るためのお仕置きであった。
傷ついた仲間を見ると脳に不快な物質がでるが、お仕置きだと認識して傷つけられている仲間を見ると快感物質が出る。

同じ行為であっても、悪いやつを懲らしめているのは快感になるという厄介な動物が人間なのである。
アクション映画の痛快さは正義?が勝つからなのです。

USAがイラク攻撃して、テロの指導者を殺したニュースを見て痛快になった人と、嫌悪感を抱いた人のどちらが多いのでしょうか?

水戸黄門が悪人を懲らしめると分かっているから脳が快感を覚え、安心して見ているのです。
この世から正義が無くなり、悪人ばかりの映画を takesi kitanoが逆説的に作っていましたが、普通の人は嫌悪感を抱き見に来なくなる。

救いのないこの世から目を背けているのではないのかしらん。

|

« 消費税上げるの? 伝票方式にしてからにしろ? | トップページ | 消費税の インヴォイス化について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消費税上げるの? 伝票方式にしてからにしろ? | トップページ | 消費税の インヴォイス化について »