« 自然エネルギーは多様に進めよう | トップページ | エコとは何か?パタゴニアの4R »

2012年3月14日 (水曜日)

最近観た映画

固い話が飽きてきたので、あるいはこのまま続けると絶望の底なし沼へ行きさうなので話題を変えたほうが我が身にとってもよからうと思う。

以前にも映画好きの僕はブログに定期的に映画の感想などを書き綴っていたが、どこからか忘れたし、調べたくもないので、そこはかとなく・・・だ。

僕の「うどん県」(僕個人は日本蕎麦が好きです。息子はラーメンが好きです。家内と娘はパスタが好きです。)はワーナーが3館と、奇特な方が赤字経営?している1館あるのみです。(ポルノ3本立の映画館もありました。失念)
全国的にイオン系が制覇しているので似たような状況ではなかろうかしらん。

大手の配給でない映画は1館だけではカバーリングできない。
自主上映も最近はおとなしい感じだ。

だから、3館はほとんど同じ映画をやっている。
まれに、どこか1館だけで違う作品を上映していることがあり、そのときは、遠路出かけることとなる。
「八日目の蝉」は、そんな部類だった。
T0009605p

同様に、松本人志・北野武作品、レイルウェイ、などの邦画がかなり多く1館上映だった記憶がある。
洋画でも、過激な作品、ミリオネアスラムダンクなども同様の扱いである。


子供向けの映画はまちがいなく全館上映だ。

「八日目の蝉」が日本アカデミー賞10部門に輝いたため、さらに小豆島ロケのためか、全館で1週間だけ再上映されることとなり、見逃した僕は雨の中でかけていった。


N0039987_l

 

原作が女性のせいなのかしらん、おばさん達が多く、映画は過去と今が交互に前触れ(フェードイン、アウトなど)も無く編集されているので、ついていけてないような方も見受けられた。

邦画の編集はのんびりとしているのが多い。この作品もゆったりと展開してゆくのでまどろこしい感がある。
邦画の編集者は監督には勝てない弱い立場である。
中には、黒澤はじめ、著名な監督が自ら編集している。

洋画は上映時間などの制約もあり、おおげさに云えば、編集者がお構いなしにカットしている。時には「やり過ぎだろう」と思う作品がちょくちょくある。娯楽、アクションものはそれぐらいでちょうどいいのかも。

最近は映画上映時間が平均2時間はある。
昔は、3本だてだったので、長くて1時間30分ぐらいだった。場末の映画館では、必ず早く終わっていた。技師が尺を縮めていたというより、フィルムが切れたら繋ぐのだが、機器がボロだと傷がついているので、その部分は切って捨てていた。

封切館だとほぼ時間どうりなのが、そうやって段々短くなるのであった。
邦画の編集者や監督はそこまで計算してカットわりしていたのかもしれませぬ。さすが!

「シャーロックホームズ」は観た。謎解きがないままENDへ突入。
「戦火の馬」 「ドラゴンタツーの女」 とだいたい月に2〜3回行っている。
作品次第なのです。
 僕が観たい映画にはなぜか、PG-15とかがついているのは偶然でしょうか。
どこがPGなのかと思うのですが?

「八日目の蝉」は主演女優賞が井上真央、助演女優賞が「八日目の蝉」永作博美さんでした。
僕は、永作さんが主演かと思っていました。

TVで永作さんが刑事役をやっている「ダーティ・ママ」は「八日目の蝉」とだぶってますね。
警察に追われていた役から追う役に180度変えているが、子供を守るところは映画と同じ。
 永作さんの役柄が180度違い、ダーティだけどさりげなく心配りして、力の抜けた演技がなかなかいいので毎週水曜日観てたらなんと、今日が最終回だ。

視聴率低いのか? ダーティさに苦情が殺到したのか?
どちらにせよ残念だ。


|

« 自然エネルギーは多様に進めよう | トップページ | エコとは何か?パタゴニアの4R »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自然エネルギーは多様に進めよう | トップページ | エコとは何か?パタゴニアの4R »