« ドイツの太陽光発電問題 | トップページ | 日本のエネルギー政策(2) »

2012年4月 6日 (金曜日)

日本のエネルギー政策(1)

 再生可能エネルギーに取り組む知事の団体について、ブログに報道内容の抜粋を載せました。
「原発か自然エネルギーか?」 これは、電力だけの問題であり、国のリーダーから今後のエネルギー全体政策について明確にされたことがありません。

石油からは、プラスチック類を優先して作り、最期に残った物を燃やす、と云ったたぐいの発言はどこかにあるのでしょうが、公表されていません。
 エネルギー政策全体の中で発電エネルギーは何にするのかといった議論が展開されなければ意味がありません。
 最近の国会中継の議論は「100%安全といえるのか?」といったヒステッリックな発言が飛び交い、説明できない大臣が、密かに原発再稼働を進めているようです。

「フクシマ」事故の整理
「フクシマ」と表記することに賛否があるようですが、「ヒロシマ、ナガサキ」と同様に人間が侵した放射能の汚染地帯という意味合いで使用します。
 
「フクシマ」事故は人災の比重が高い。
 地震・津波は「天災」ですが、原発事故は半分以上「人災」の可能性が高いため、それぞれ違った問題を含み、対策が違ってくるからです。

 石油精製工場では重油を分解する時に大量の水素を使いますから、水素発生装置という大きな装置を備えています。しかし人間の作った装置ですから、事故を起こして水素が漏れる恐れは常にあります。その水素漏れが、石油プラントでは一番恐ろしいのです。

 目に見えない水素が高温高圧で漏れているところにうっかり手などを出すと、手に穴が空く! ヘルメットも全く役に立たない、胸に当たれば即死です。

 また、水素が漏れると、いつ爆発するか、どれほどの爆発が起こるのか、誰にもわかりません。
水素が漏れるというのは最も危険なことなのです。

 原発で水素が発生すること自体の危険性は石油精製プラントの比ではないのです。
水素爆発が起こってそこから漏れた水は高温で全部水蒸気になり、放射性物質を含んで拡散しますから、圧力容器が損壊したのと同じような危険となります。
だから、絶対に水素爆発前に手を打たねばならない。

石油会社などは長い経験から「事故は必ず起こるものだ」という前提で物事を考え、「事故が起こった時にいかにして被害を最小限に食い止めるか」に全力で対処しているのです。
パイプが迷路のようになって、所々で水蒸気が吹き出し、小さな炎が出ている工場を見たことがあると思います。素人は大丈夫だろうかと思いますが、迷路のようなパイプラインに意味があるのだそうです。
それは、万が一、事故が起こっても、被害を最小限に抑える方策だそうです。

また、
意志決定システムは海軍と同じように「現場主義」で貫かれています。
一刻を争いますから、現場のトップ(それが管理職でなくとも)が判断して実行します。その責任はトップがとります。

 ところが、日本の原発村の「事故」に対する根本思想は「事故は起こらないもの、絶対に起こしてはならないもの」という安全神話とよばれる考え方が間違っているのです。
だから今回のフクシマも情報がなく、現場では上司にお伺いをたてていたのでしょうか? 挙げ句、動いてはならない総理がヘリでフクシマへやってきて現場の邪魔?をするとはなんとも驚きです。

フクシマ第2原発が危機一髪で被害を免れたことをニュースで知ったのはかなり経ってからでした。
フクシマの情報はマスコミ操作しているかのごとく少なく、遅いのです。CNNが一番早かったのではないでしょうか。
フクシマ県民は数日経って事故を知ったようです。
総括はきちんと謙虚に行い、公表するのが世界の常識でしょう。

|

« ドイツの太陽光発電問題 | トップページ | 日本のエネルギー政策(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドイツの太陽光発電問題 | トップページ | 日本のエネルギー政策(2) »