« 黄金比と白銀比 | トップページ | ポータブルストーブ »

2012年5月19日 (土曜日)

ホルムアルデヒドで断水

電力も大事だが無くても死ねことは無い。
水は無ければ死に至る。
蛇口をひねれば水道から水が出るのが当たり前のことと思って慢心してはならない。

明日には断水も解消するようですが「ホルムアルデヒド」とは何か少しお勉強しましょう。

千葉 取水停止で断水相次ぐ
   5月19日 18時0分 NHK
利根川水系の浄水場で、国の基準値を超える化学物質のホルムアルデヒドが検出された問題で、千葉県内の浄水場が取水を停止したため、千葉県では柏市のすべての世帯をはじめ、野田、流山、我孫子、八千代の5つの市の、合わせて33万世帯余りが断水しています。・・・以下省略

40pxhazard_tsvg_2

● アルデヒド
 アルデヒド (aldehyde) とは、分子内にカルボニル炭素に水素原子が一つ置換した構造を有する有機化合物の総称である。

有害性
 多くの生物にとって有害で、低級アルデヒドは強い刺激臭をもつ。
また、アルデヒドは全体的に辛味を有し、特に芳香族アルデヒドは一部のスパイスの辛味成分ともなっている。
 沸点を同じ炭素数について比べると、エーテル<アルデヒド<アルコール の順である。

主な化合物(アルデヒドの種類)

  ●  ホルムアルデヒド (メタナール、HCHO) - 水溶液はホルマリンと呼ばれる
  ◎ アセトアルデヒド (エタナール、CH3CHO)
▪ プロピオンアルデヒド (プロパナール、C2H5CHO)
▪ アクロレイン (ビニルアルデヒド、CH2=CHCHO)
▪ ベンズアルデヒド (C6H5CHO) - 杏仁の芳香成分。
▪ シンナムアルデヒド (桂皮アルデヒド、C6H5CH=CHCHO) - シナモンの芳香及び辛味成分。
▪ ペリルアルデヒド (C10H14O) - シソの芳香及び辛味成分。


● ホルムアルデヒド (formaldehyde)
は、有機化合物の一種で、最も簡単なアルデヒド。
毒性は強い。

分子式は CH2O。
酸化メチレンとも呼ばれ、IUPAC命名法では メタナール (methanal) と表される。CAS登録番号は [50-00-0]。
接着剤、塗料、防腐剤などの成分であり、安価なため建材に広く用いられている。しかし、建材から空気中に放出されることがあり、その場合は低濃度でも人体に悪影響を及ぼす、いわゆる「シックハウス症候群」の原因物質のうちの一つとして知られる。
現在、建築基準法によりホルムアルデヒドを放散する建材の使用制限が設けられている。
建材には、F☆からF☆☆☆☆までの放散量によるランクがあり、F☆☆☆☆がもっとも放散量が少ない。

1948年10月30日に農薬登録を受け、殺菌剤として稲のいもち病やジャガイモの黒あざ病防除に種子消毒の形で使用されたが、1990年11月22日に登録失効している。
WHOや厚生労働省により 0.08 ppm の指針値が設けられている。現在のところ、性能規定や指針値を超えた場合の罰則等はない。

ホルムアルデヒドはWHOの下部機関である国際がん研究機関によりグループ1の化学物質に指定され、発癌性があると警告されている。


◎ アセトアルデヒド(acetaldehyde)
は、アルデヒドの一種で、示性式は CH3CHO。IUPAC命名法では エタナール(ethanal)ともいい、他に酢酸アルデヒド、エチルアルデヒドなどの別名がある。
 自然界では植物の正常な代謝過程で産生され、とくに果実などに多く含まれている。
また人体ではエタノールの酸化によって生成し、一般に二日酔いの原因だと見なされている。

産業的にも大規模に製造され、その多くが酢酸エチルの製造原料として使われている。
独特の臭気と刺激性を持ち、自動車の排気やたばこの煙、合板の接着剤などに由来する大気汚染物質でもある。
 発がん性
 アセトアルデヒドはヒトに対して発がん性のある可能性があり、少なくともアルコール飲料の摂取によって体内で生じるアセトアルデヒドには発がん性がある。
下戸は無理して酒を飲むな。

◎ メタアルデヒド(Metaldehyde)
とは、アセトアルデヒドがアセタール化した4量体で分子式 (C2H4O)4 の無色針状晶であるが、放置すると徐々にアセトアルデヒドの3量体のパラアルデヒドに転換するので通常は両者の混合物になっている。

農薬として
ナメクジやカタツムリの駆除に使われる物質である。
また、キャンプなどで使う固形燃料としても使われる。
ナメクジ、カタツムリ駆除剤としての利用
 ▪ 穀物粉や糖蜜などに混ぜてペレット状にし、誘引駆除剤にする。(ナメトックス、ナメキール等)
 ▪ クスミノンはスクミリンゴガイ(俗称ジャンボタニシ)防除剤でメタアルデヒド10%のベイト剤(粒状)で田植え直後の稚苗を守るため。去年までアセトアルデヒドを使用していた。
 ▪ また、他剤を混ぜてダンゴムシ、コオロギ等をも駆除できるようにしたものもある。(グリーンベイト等)
 ▪ 水和剤にして生息場所に散布する。(マイキラー等)

キャンプ用固形燃料としての利用
 ▪ 液体燃料を使用するポータブルストーブの予熱用燃料に使用される。また固形燃料ストーブの主燃料としても用いられる。短縮してメタと呼ばれることもある。代表的なブランドとしてスイスメタがある。

|

« 黄金比と白銀比 | トップページ | ポータブルストーブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄金比と白銀比 | トップページ | ポータブルストーブ »