« 太陽光発電の電力会社買い取り制度の相違 | トップページ | 我が家に雷が落ちたのだ〜〜〜!!! »

2012年7月 5日 (木曜日)

太陽光パネルの反射光は光害だ

昨日、梅雨の晴れ間に車で所用に出かけた。
太陽の光が眩しかった。
突然、目が眩むような光の固まりに襲われ、慌てて路肩に停車した。

光の束は屋根から出ている。
それは、太陽光発電パネルの反射光だった。

交通事故の原因になりうる危険物だ。
飛行機は大丈夫なのか?
鳥や植物も迷惑していると思われる。

パネルの反射光でモメている噂を耳にした。

発電企業は太陽光発電の電力を悪法に基づき42円で売電し、その企業が使う電気は電力会社の安い電気を使う仕組みを作っている。
ローソンの店舗用パネルで店舗の電力が賄えないのに「店舗用」をおまけ程度につけているのは世間体を取り繕うためであろうか?

差額のつけは、家庭が払うこととなる。

それでも、あなたは、太陽光発電パネルを設置したいですか?

|

« 太陽光発電の電力会社買い取り制度の相違 | トップページ | 我が家に雷が落ちたのだ〜〜〜!!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太陽光発電の電力会社買い取り制度の相違 | トップページ | 我が家に雷が落ちたのだ〜〜〜!!! »