« 落雷で電気製品は壊れるか劣化する | トップページ | 友人へのメールから8/31 »

2012年8月31日 (金曜日)

家財の価格とは?

家財保険の請求をするとき、購入価格を書くのだが、その価格が時間が経過すると、詐欺まがいの数字に見えてくるのがある。

カメラ、電気製品、パソコン、オーダーメイド品などは買ったときは高かったが、今は同性能以上のものがうんと安く買える。

【例】
フィルムカメラを数台持っている。デジカメは携帯だけだ。
Nikon F、F3、F4 とライカのバルナック型のⅢFを交換レンズ約10本を長年かかって買い求めた僕の宝ものだ。
家内には内緒だが300万は投資した。

今、中古市場でもよくて30万の価値しかないだろう。
HARD OFFでは ジャンク品扱いだ。
一番高いのはライカだろう。
しかし、このライカは戦前買ったので、相対的価値は高くても定価は安い。

TVは初期のプラズマで100万円した。
今なら5〜9万円、スマートTVでも25万円あれば60インチが買える。

PCは15年前のBTOに手を加え、自作同様となり、CPU, メモリー、ソフトは増やしてきた。40万以上投資したと思う。

オーディオは自作アンプが数台、300Bの真空管アンプもある。
スピーカもレコードプレイアーも自作である。
投資金額は200〜500万円くらいだろうか?

・・・・としよう。

以上の例からすると、持ち主は合計1000万の「宝の山」と思っているだろうが、保険屋は「宝の持ち腐れ」と判断するでしょう。

骨董品は保険の対象外となるので、持ち主の家財は骨董品扱いとなり、僅かの保険金しかくれないだろう。
金額は保険屋によってかなり差があると思うので調べてほしい。
いや、すでに、差がないように談合済みかしらん。

|

« 落雷で電気製品は壊れるか劣化する | トップページ | 友人へのメールから8/31 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落雷で電気製品は壊れるか劣化する | トップページ | 友人へのメールから8/31 »