« 変化するおもちゃなのだ | トップページ | 「天地明察」を見た »

2012年9月11日 (火曜日)

BUNちゃん先生日記 2012年9月11日 を読んで

BUNちゃん先生日記 2012年9月11日 (火)「国境なんて宇宙から見えない」 を読んでください。
ブログの左にある「お気に入り」の最後の「BUNちゃん先生日記」をクリックしてください。

僕が15年ぐらい前に、新規事業として提案したら「外国で農業する〜頭は確かか?」と云われ、ボツになったことです。
少し前にも書きましたが、もう土地がないかもしれません。

NHKがロシアで土地を借り、トレーラで何ヶ月も兄弟で農業している中国人(満州最北部)の姿が放送されていた。
あの、過酷な環境で日本人は耐えられるのか疑問である。

ロシア人は、ソ連時代、コルホーズ、ソホーズといったいわば、公務員気分(日本の農家も似たような気質かもしれぬ?)から自由、自己責任の世界で堕落していった。
その未耕作の土地で貧農中国人が農業をやっている。

|

« 変化するおもちゃなのだ | トップページ | 「天地明察」を見た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 変化するおもちゃなのだ | トップページ | 「天地明察」を見た »