« 2012年1月1日 - 2012年1月7日 | トップページ | 2012年2月19日 - 2012年2月25日 »

2012年1月30日 (月曜日)

日本経済はどうなるの?

世界中が不況に飲み込まれています。

経済学の先生や評論家さんの発言はバラバラです。
グローバル化を目指せと煽り、結果は悲惨な状態です。
市場原理主義の理屈から云えば1人の勝者が残り、その他は敗者となるのでしょうか?

経済とは「経世済民」が語源です。

主語は「人間」なのです。
経済は「お金儲け」だと思っていませんか?

「お金儲け」は間違いなのですが、今はグローバル化が進み、大国アメリカが、お金からマネーに変えてしまいました。
お金は財布から出してお買い物できますが、「マネー」はまったく別物です。

石油などの物、債権などの目に見えない物もすべて、「マネー」に置き換えているのが今の経済です。

得体の分かりにくいファンドが世界中を席巻する「マネー」が今の経済です。

砂糖に群がる蟻のように「マネー」が群がっているのです。

貿易収支が赤字になったようですが。
なるべくしてなったとしか言いようがありません。

大企業はコストの安く付く国に工場を作っているのですから、日本から輸出するものはどんどん無くなっていく。
比例して、仕事が無くなるのは当然でしょう。
さらに、定年延長すれば、若者の就職先は減ります。

新しい経済学が必要です。

| | コメント (0)

消費税の インヴォイス化について

政府は消費税をなにがなんでも上げるつもりです。
かたや、景気優先の先生達は上げるなといってる。
複数の消費税率を適用することになると思われるのに、税の計算方法を云う方はいません。
いまさら、なのでしょうか?

とりあえず、消費税のお復習い。

今の帳簿方式は、消費税導入をしやすくするための特例を多く設け、事務を簡単にすれば納税者を説得しやすいために導入した、世界でも稀な会計制度である。

復習:消費税の基本的な仕組み
 各業者と消費者の間で資産や役務等が移転し、最終的には消費者が負担することになる。
そのため課税の累積を排除するため、各業者などの納税義務者はその売上げに係る消費税ではなく、差額を納税することは前回書いた。
 この仕入税額控除において、日本は、ヨーロッパ諸国のようにインヴォイス(伝票)方式をとっておらず、3万円未満の取引については、帳簿の保存でよかろうとお上は認めている。

課税の対象: 課税・非課税・免税
 全ての取引は、課税対象取引と課税対象外取引とに分類される。
課税の対象は、
1)国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡等、
2)外国貨物の保税地域からの引き取りである。

非課税取引は、
1)土地の売買や利子の受け取りなど消費になじまないもの、
2)医療、介護サービス、助産、教育など政策的な理由によるもの。

不課税(課税対象外)取引は、
給与、家財道具の売却、受取配当金等である。

 
不課税と非課税の区別は、 課税売上割合の算定計算において重要な意味を持つが、判断がややこしく、あやふやな判断に精通している印紙税担当官の仕事である。

厄介な特例措置
 事業者免税点制度 
 前前期の課税売上高が1,000万円超であるかどうかによる。
この免税点の上限は、平成15年度の税制改正前は、3,000万円とされていたが、課税ベース拡大といわゆる益税(消費者の払った税金が事業者の手元にのこってしまうこと、いわゆる取り逸れ)解消のため引き下げられた。
 この特例で、小さな商店などは急に消費税計算することとなり、迷惑な特例である。

簡易課税制度 

 前前期の課税売上高が5,000万円以下であり予め届出書を提出している中小事業者は、その業種に応じて、売上の何パーセントが仕入れであるかという法定のみなし仕入率を適用して仕入れに係る税額を計算する制度である。
 
按分計算でよいぞとお上が事務の簡略と選挙を考慮した特例であったが、この制度についても益税解消などの観点から、上限が2億円から引き下げられた

業種についても多角経営の事業者は、時代によって 変化するため 、どれに該当するのか判断しがたく、問題となる。
 
この特例も引き下げで小さな金融機関や、そこそこの規模の業者は慌てて会計処理を変更することとなった。

限界控除制度 

 1997年3月31日まで設けられていた制度で、この制度も益税を招くことから廃止された。

中間納付制度 
 
消費税は消費者からの預かり金的な性質を持っているが、これを預かってから納税するまでの運用益が事業者にとどまることに対する批判から、前課税期間の確定消費税額等により1月、3月又は6月ごとに中間申告・納税が必要とされている。

インヴォイスに関する意見
 付加価値税には、流通の中間段階で業者がどれだけ付加価値税を受け渡したかを証明するインヴォイスの導入を望む意見もある。
 かつて中曽根内閣時に検討された売上税では、当然のごとくインヴォイス方式が導入されていた。
 税率が複数ある先進国をモデルにしたなら当然インヴォイス方式を採用するのが自然であろう。
 付加価値税には、流通の中間段階で業者がどれだけ付加価値税を受け渡したかを証明するインヴォイスの導入が原理的には正確性を持つ。
これがないと納税義務者が租税回避行為を行うことが容易になる。

 日本の消費税はインヴォイスが導入されていないので、導入した場合と比較して付加価値税の徴税の正確さが劣っている可能性が高い。

 また、インヴォイスが導入されると法人税や印紙税の捕捉も容易になる。それは困ると思う納税義務者がいるかもしれない。
 
 しかし、インヴォイス方式はその正確性の代償として事務処理の経済性が劣っており、それを導入するには議論の余地も多い。
 
 
  ついでに、rong>印紙税は、1624年オランダの税務署員が戦費を集めるために発案したものです。それを、1873年 に日本が 導入したものが未だに残っており、IT社会となって税務調査は多岐に亘り、取引の自由やサービス低下を招く税制である。
廃止すべきである。

| | コメント (0)

最近どことなく不調です

元旦に投稿してして以来ですね。
寒さから体調が優れず、精神的にも老化しています。
生きることが面倒だったのが苦痛になっています。
自我を強く意識してしまうのです。

自分などというものはあるように思っているだけで定かではないのです。
自我があれば、取り巻く他者の存在、生かされている自然が牙をむく、そうしたものがすべて葛藤の種となるのです。
ただあるがままに生きることの難しさよ!

(NHKで放送中の番組より)
そも、ホモサピエンスは助け合うことができ、ネアンデルタール人よりずっと非力だったので、飛び道具を考えだし、地球上に拡がった。
1グループ150人程度が自然な集団となる。

数万年もそうして生きてきたホモサピエンスはやがて飛び道具を仲間に向けた。
最初は仲間のルールを守るためのお仕置きであった。
傷ついた仲間を見ると脳に不快な物質がでるが、お仕置きだと認識して傷つけられている仲間を見ると快感物質が出る。

同じ行為であっても、悪いやつを懲らしめているのは快感になるという厄介な動物が人間なのである。
アクション映画の痛快さは正義?が勝つからなのです。

USAがイラク攻撃して、テロの指導者を殺したニュースを見て痛快になった人と、嫌悪感を抱いた人のどちらが多いのでしょうか?

水戸黄門が悪人を懲らしめると分かっているから脳が快感を覚え、安心して見ているのです。
この世から正義が無くなり、悪人ばかりの映画を takesi kitanoが逆説的に作っていましたが、普通の人は嫌悪感を抱き見に来なくなる。

救いのないこの世から目を背けているのではないのかしらん。

| | コメント (0)

« 2012年1月1日 - 2012年1月7日 | トップページ | 2012年2月19日 - 2012年2月25日 »