« 2012年1月29日 - 2012年2月4日 | トップページ | 2012年2月26日 - 2012年3月3日 »

2012年2月25日 (土曜日)

世界ワースト企業

   
国際環境NGOグリーンピースが、「パブリックアイ・アワード」で、地球に害を与え人権を侵害した企業を発表しました。
勿論、グリーンピースの目線からの評価だということを頭にいれて見なければなりません。

1位  VALE  ブラジル
  アマゾンの熱帯雨林のど真ん中に巨大ダムを建設、地域の生物多様性と先住民族に壊滅的打撃を与えた功績。

2位 東京電力 日本
  原発のコスト重視、安全性無視の結果、地震で放射能を撒き散らす、事後の情報の公表が遅く、隠蔽・改ざん体質も顕著な功績。

3位 SAMSUNG  韓国
  工場で有害物質を労働者に通知することなくかつ無防備に使用、多数の労働者が癌発病の功績。

4位 BARCLAYS  英国
  投機的な食物先物取引で莫大な利益を得、世界の貧困層を飢餓に追い込んだ功績。

5位 SYNGENTA  スイス
  世界最大の農薬の生産者であり、その除草剤により農地が汚染され農民数千人が死亡した功績。

6位  FREEPORT  米国
  45年間も西パプアで薄給の現地鉱山労働者数千人を酷使し、その自然環境を汚染し続けている功績。

 ロシアや中国が入っていないのはなぜでしょうかしらん。
 順位を決める厳格かつ公正な方法はあるのでしょうか?
 
勇気は認めましょう。

| | コメント (0)

日本人気質と社会

日本の将来について、マスコミや政治家や評論家が多様な意見を述べているが、一向に方向は明示されず、闇のなかである。

朝令暮改はもとより裏切りられてばかりの国民は、まだ、我慢している。
野党は、自分がやってきたことなのに、堂々と批判している。
義、忠、信をもととする誇りなど持ち合わせていないのだろうか?

戦前から戦中、戦後を経て今日まで日本人の気質はなにも変わっていないのではなかろうか。
政党政治が機能しない状態は、戦前とあまりにも酷似しているのです。

頂点同調主義
 トップに従う。長い物には巻かれろ。YESマンで周囲を固めるトップ。

熱狂的な等質化現象
 同じ穴の狢になりたがる。

これらが、異端者を排除し、偽装の合意まで行うようになることは、非常に危うく危険な状態なのです。

先の戦争は、国民も軍部と一緒になって起こしたのです。
「そうではない、逆らえば軍部にやられるからしかたなかった。」と、云われるかもしれないが、嫌なら勇気を持って反対しなかったのでしょうか。 国民の1〜2割が反論、異議を唱えれば、戦争は起こらなかったでしょう。
戦犯だけでなく国民にも責任があります。

橋下氏が注目を集めていますが、急進的なやり方は危険を孕んでいます。 トップが誤るとナチスのように、とんでもないことになります。

日本人の悪しき気質から変わるには、「賢さを伴った勇気」を一人一人が持つように努力し、生きる、働く、暮らすがバラバラになっている仕組みを統合しなければ未来は無いと肝に銘じたい。

| | コメント (0)

2012年2月24日 (金曜日)

中国の商標登録と超個人主義

iPod, iPhone の名前は中国で登録済みであるから Apple社は使うな、使うなら金を出せ と言う裁判が中国国内の多くの町で行われている。
中国の iPhoneはハンドライト(懐中電灯)に使っている、あるいは使う予定だそうだ。電話とは結びつかない製品に使うとは摩訶不思議なお国だ。

Apple社は香港の会社に使用許可を得ているのだが、香港は特区か何かは知らねど全土で使用できないようです。
海外から商標登録等の書類を中国に出してもいつになるか分からないようだ。賄賂次第かも?

日本に関する商標登録も多く中国でされている。

そのくせ、コピー商品は勝手に作りまくり、取り締まりもいい加減だ。
尖閣は中国国土と教育しているようだ。

そんな我が侭な国に政府が強く出れないのは、先の戦争で、日本はアメリカと中国に負けたからであろうと推察する。

ホモ・サピエンスは、助け合ったから今 地球で繁栄しているのに??

人間とはなんとも醜い生き物であることか。
自覚すること(正見)から始まる。
故に、諦めをもった楽観主義でないと生きていけないのだ。

| | コメント (0)

日本経済の行方

諦めを持った楽観主義 にならないとノイローゼになる。

かつての好景気の再来は無いと思え。
なぜなら、それらに必要な要素が既に無くなっているからだ。

経済活動に必要なものは、「人、物、金」(に情報を加えてもいい)といわれている。
人は人材、労働力、働き方などを総称している。
かつては、人材を育成して、その見返り以上に働くことが名誉であった。

今は、能力のある人間を必要期間だけ働かすという雇用形態に変貌している。
さらに、競争と自己責任という言葉でかたずけてしまう。
ゲートに入れない者に働く場所は無い。

政治家は自己保身に汲々としている。
税金や費用負担は、非課税限度を引き下げ、搾取に努めているのを感じる。

東北の方は我慢強く耐えている。もっと、声を上げてもいいと思う。

阪神震災のときは、国民から声が上がり、政府が動いた。

我慢強さは美徳であるが、限度を超えた美徳は悪徳となる。

前回の続きを書く気力がなくなりました。
詳しいことは「お気に入り」の「BUNちゃん先生日記」を参考にしてください。

| | コメント (0)

« 2012年1月29日 - 2012年2月4日 | トップページ | 2012年2月26日 - 2012年3月3日 »