« 印鑑購入の注意点と白川 静 | トップページ | DNAも女は強く、男は不完全 »

2013年1月29日 (火曜日)

田舎の実家をどうすればいいのか?

僕の部落にも空き家が増えてきた。

国道沿いの空き家や田んぼはパチンコ店になっていく。

朝鮮に日本の土地が買われている。

水の湧く土地は中国人に買われている。

BUNちゃん先生日記を以下に載せておくので熟読されたい。

 Photo_01
2013年1月14日 (月) 「2020年には5件に1件は空き家になる」

国土交通省の資料によると2008年、全国の空き家率は13%で、毎年新設住宅着工戸数は約80万戸、古い住宅の取り壊しがあるにせよ空き家は増え続けている。人口減少を加味して推計していくと2020年に、空き家率は20%になる。この傾向は人口減少が続く限りは止まらないので2060年ごろには2件に1件が空き家となってしまう。

空き家が増えるということは中古住宅が増え続けているということで、最近では空き家の再利用、中古住宅のリフォームなどが注目されている。家電店やホームセンターがこうしたビジネスに挑戦しているし、不動産屋がアパートやマンションのリフォームに乗り出している。また、若い人がカフェなどで再利用している。

新築着工件数が減少し、中古住宅市場が活性化され、リフォーム需要が増すということが予想される。それでも空き家は増え続けるだろうから、住宅価格の下落基調は止まらない。つまり、不動産投資に魅力がなくなっている。都会の一等地の購入は下落率が低いので投資をしても損失は少ないが、地方になるほど資産価値の減少は激しくなる。不動産の下落傾向がある限り賃貸の方が得になる。

戦後からバブル崩壊まで、人口増加、核家族化に伴い不動産価格は上昇しており、当時の不動産投資は倍々ゲームのように面白かった。田畑であれ土地を買っておけば農道が整備されて住宅地の不足から高く売れた。銀行は土地を買うというだけで幾らでもお金を貸してくれた。ジャガーに乗る土地ころがしのお金持ちをよく見たが今はいない。
(以上、BUNちゃん先生日記)



さて、現状で解決するには、思いつくのは5つしか浮かばない。

① 管理サービス会社やシルバー人材センターへ管理を頼む
 外から監視するだけで、月3000~5000円必要。
 鍵を渡して内部も監視する場合は、月5000~10,000円は必要。
 監視するだけなので、雨漏りがあっても連絡があるだけ。

② 家を貸し出す
 「空き家バンク」のNPOや役場など400団体ある。
 貸し出せる状態でなければリフォームしなければならない。
 耐震性も問題だ。

③ 解体する
 費用がかなりかかる。
 建物だけで坪3万円ぐらい。
 家具や庭木は別だ。
 問題は、土地を更地にすると固定資産税が上がるのだ。
  更地は200平方メートルまで宅地の6倍になり、200平方メートル超える部分は宅地の3倍となる。

④「放ったらかし」にする
 こうしたケースで、倒伏、火事の危険、野犬のすみか、不良の溜まり場などになっている場合は、市町村の条例により「解体命令」がだされる。

⑤ 相続放棄を前提に対応する
 現在の名義人は多分長男だとすると、死ぬまで家を解体しないよう保たせ、名義人が死んだら相続放棄する。それまでの綿密な計画を立て、名義人は借金してもらい、資産ー負債=0になるよう努める。
 名義人が計画通り死なない場合は、少しずつ毒をもる。(かなりヤバイ案になったので、却下する)coldsweats02


|

« 印鑑購入の注意点と白川 静 | トップページ | DNAも女は強く、男は不完全 »

コメント

こんにちは。
古家をどうするか、地方に両親を残して暮らしている者としては身につまされるお話でした。
まだ親が健在中なので、漠然と売却するかな位にしか考えていませんでした。でも、人口減少に歯止めがかからなければ、少し不便だと確かに空き家になる確率が高くなりそうですね。
政府の移民対策は進んでいないようですが、やはり対策が待たれます。

投稿: たいらー | 2013年2月 9日 (土曜日) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 印鑑購入の注意点と白川 静 | トップページ | DNAも女は強く、男は不完全 »