« ユーグレナ(ミドリムシ)のその後 | トップページ | スピーカーあれこれ〜1 »

2013年1月11日 (金曜日)

今日のユーグレナ(ミドリムシ)〜(最終回)

政権交代、円安、ユーロ圏危機、アメリカの財政の崖(壁)問題をかろうじて回避しつつ世界中でダブついたマネーが日本株を急激に押し上げ、大手輸出企業が上がり過ぎた状況で、今日はSQ値の日で3連休前で、利食いが相当でた。
1部の大手株は底堅い動きながら日経平均225はユニクロが支えた数字となった。

数回にわたり新規上場した「ユーグレナ」の動きを追って来たが、今日で終わることとする。
代わりと云ってはなんだが、きょうのストップ高銘柄を羅列する。

 ユーグレナは、 
買い気配からのスタートとなった後は利食いがあり乱高下。
朝方は16140円まで急伸となったものの、その後は一時、10570円まで急落となった。
需給面主導での上値追いが続き買い意欲は強い一方、短期的な過熱感が意識されているほか、明日からの3連休を控えて手仕舞い売りも膨らんでいるようだ。
終値は 13950円  +800円となり、ストップ高は止まった。
Photo_4

なお、直近IPO銘柄(昨年末に新規上場した銘柄)では地盤ネットなどが堅調推移した。

「政府がiPS細胞の研究に1100億円規模の支援を行う」と伝わり、PSSが制限値幅の上限(ストップ高水準)まで上昇するなど関連銘柄に買いが集まった。
 
 また、市販薬のインターネットによる販売を規制したことは違法として、同社とウエルネット(神奈川県横浜市)が販売する権利の確認を求めた訴訟で、11日、最高裁判所は2審の東京高等裁判所がネット販売を認めた判決を支持し、国側の上告を棄却した。
これにより、ネット販売を認める2審の判決が確定。
ネット販売の拡大を期待した買いが入った。

きょうのストップ高銘柄は13銘柄で以下の通りです。

・Jインベ=ジャパンインベスト・グループ・ピー・エル・シー (独立系株式リサーチ会社として、世界中の機関投資家に向けたアジア株式リサーチ・サービス事業を展開)
・ガンホー=PCオンラインゲーム大手(有料アイテムを頻繁に無料で配っている他、交換も禁止して、健全性の問題をクリアしながら成功を収めているらしい。)
Photo_3

・nms=日本マニュファクチャリングサービス(製造派遣、請負の中堅)
・LINK&M=(株)リンクアンドモチベーション(組織・採用戦略など経営コンサルが主)
・Fastep=(株)ファステップス(携帯電話ネット技術のシステム構築)
・地盤ネット=住宅地盤の調査や地質品質の証明サービス

・クロスマーケ=(株)クロス・マーケティング(ネット市場調査会社で2位級)


以下は医療、薬品関係。

・MDNT=(株)メディネット(がん免疫細胞療法で細胞加工など支援サービスを医療機関に提供。ユーグレナと同様に東大医科研発のベンチャー企業である。)


・DNA研=(株)DNAチップ研究所(DNAチップやPCR法による遺伝子受託解析が主力)

・オストJG(監理)=(株)オストジャパングループ(北海道に特化した調剤薬局と介護福祉施設の運営会社。)

・ケンコーコム=(ネットで日用品など販売。シンガポール子会社で日本向け医薬品通販も。12年6月楽天傘下となる。)
 6ヶ月の値動きは12月20日45,900円だったのが今日190,000 円 +40,000となった。
6m_2
他の会社もベンチャー企業なので、似たような動きである。





・シンバイオ薬=シンバイオ製薬(がん、血液、自己免疫疾患の3領域に特化)

・PSS=プレシジョン・システム・サイエンス (独自のDNA抽出技術を持つバイオベンチャー)



 (参照:モーニングスター社ほか)


|

« ユーグレナ(ミドリムシ)のその後 | トップページ | スピーカーあれこれ〜1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユーグレナ(ミドリムシ)のその後 | トップページ | スピーカーあれこれ〜1 »