« 白松 | トップページ | 最近観た映画 »

2013年1月23日 (水曜日)

白松〜2

白松を庶民の家に植えていいものか調べてみました。
結論はでていません。
Photo

Photo_2
        幹に特徴がある

そんなの個人の自由で植えてもいいじゃないのと思うのですが、聖木となると「罰当たり」になりそうで今朝、住職さんに電話したところ、京都へ出かけてご不在でした。
奥様にお聞きしたのですが知りませんでした。
他にも「ナギ」もご神木ですから・・・止めたほうがいいと思います。

「一位(イチイ)」は神官が使う笏 (しゃく) をこの材でを作ったことからとされ、キャラボクを含めて古くから国内で利用されてきました。とあるので、植えてもいいと思われます。

調査結果

シロマツ【三鈷の松(サンコノマツ)、シロカワマツ、ハクショウ】とよばれる。
もともと、中国の中部から北西部に分布しており、樹高は30m、樹形は円錐形で、表皮のが剥がれ、白い幹をみせる。
針葉は5~10cm前後で、緑色、3本が一組になってつく。
長さ5~7cmほどで卵形の球果をつける(前回写真)。

国内では「高野山の三鈷の松」がよく知られ、呼名は針葉が3本一組になるためとされます。
仏具に三つ又の杖があるところから 三鈷の松と読んでいるのでせう。
真言宗の88カ所のお寺さんに植えていた理由が分かりました。

韓国では樹皮も含めて材も利用されますが、世界中で珍重され、長寿の象徴や聖木としても扱われ、中国や国内では寺院の庭、世界では植物園で主に見ることができます。

375_2
 〜白松の盆栽(最古、樹齢375年有余年)原爆から生き延びた〜

Photo_3
    〜盆栽と云ってもかなりの大きさです〜

|

« 白松 | トップページ | 最近観た映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白松 | トップページ | 最近観た映画 »