« 田舎の実家をどうすればいいのか? | トップページ | RNAに感謝しよう »

2013年2月 4日 (月曜日)

DNAも女は強く、男は不完全

染色体は、男はxy(説明のため小文字にした)で、女はXX'だと云う事は学校で習いました。
既に、この時点で男は染色体が少ないという点で負けているではないか。
さらに、メンデルの法則によると、卵子のXX'と精子のxyからの組み合わせで、Xx, Xy,X'x,X'yの4通りとなります。
男と女の染色体が混ざった正常な組み合わせです。
yがあれば男の子です。

例外的に、XX,X'X',xx,yyも考えられます。
前の3つの組み合わせは、ダウン症などの発病した子供が産まれます。
最後のyyは死にます。

だとすれば男のy染色体は情報が少ないから駄目なのか理由は解らないが、不完全であることは認めざるを得まい。
だから、ルーツをさかのぼる場合は母方を辿っていくのです。

神の気ままか、ヒトが選んだのか「謎」である。

かかりつけの医者は「ヒトは失敗作であるから、できそこないらしく生きればよいのだ。」と何度か聞いた。

さもあらん。

|

« 田舎の実家をどうすればいいのか? | トップページ | RNAに感謝しよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 田舎の実家をどうすればいいのか? | トップページ | RNAに感謝しよう »