« まだ生きてます | トップページ | 鉞の話 は次回へ »

2013年5月11日 (土曜日)

薪割り と 斧

僕のブログは文字の色も変えられません。
Macになってから・・・そうなんです。
ブログを上級クラスにすればできるのでせうが、読む人もいないのだから、・・コレデイイノダ・・

薪割り は や楔を使います。金太郎のは使いません。
19kg500
木割りの頭は蛤か楔型です。これは蛤型で日本刀と同じ。
Photo

割るときのコツはYOU TUBUでも見てくれ。

斧は薪に向かって膝をたたみながら垂直に落とす。
斧が薪に当たって少し食い込んだ瞬間 斧を少し傾ける(倒す)のがコツだ。
ただ垂直に落とすだけでは、大きい木や粘りのある木だと、斧が食い込んで抜けなくなる。
技を身につけるのが日本的だ。
外人は誰でも技が使える斧を作ってしまう。
フィンランドの薪割り斧が斬新だ。
Heikki_vipukirvestm
刃はどこかって??
Photo_2
黒いカバー部分が刃だ。
刃を垂直に振り下ろすと、刃の形状とバランスから左に傾き、てこの原理で木が割れる。
左に支えが無いと手首を痛めるかもしれない。
Photo_3
沢山の薪がすぐできちゃう斧です。
おもしろさうでせう。

|

« まだ生きてます | トップページ | 鉞の話 は次回へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだ生きてます | トップページ | 鉞の話 は次回へ »