« 地蔵菩薩はすごい | トップページ | 台風と稲作 »

2013年8月24日 (土曜日)

有機農業への誤解、疑問

有機農業は、輪作、緑肥、堆肥、微生物疾病制御といった手法を利用して、土壌生産効率を維持し、病気を回避する、農業の方法である。(学者でも実践するのは難しそう)
有機農法、有機栽培、オーガニック農法などとも呼ばれる。

消費者は、有機農法は、無農薬栽培であり、安全で質のよい食べ物、自然との共生、生物の多様性を守る、環境に優しいなどといった魔法のような農法であると反射的に信じ込んでいる人が余りにも多いようです。

有機農法はそんなに簡単じゃない。
多くの問題点を抱えていることについては、私のブログで何度も申し上げてきました。

有機物とは、炭素Cを含んだ物質です。
野菜やホルムアルデヒド(酸化メチレン) CH2O、メタノール CH3OH(酒はエタノール)など、物質の多くは炭素に種々の原子がくっ付いてできています。

吸収のリスクについて、
植物が有機物を与えられると、分解し、無機質の窒素、燐酸、加里に分解されて根から吸収されます。

有機肥料は窒素に関しては緩効性肥料として作用するため、肥効を短時間でコントロールするような栽培法には速効性窒素肥料に比べて不向きであり、栽培にも習熟が必要とされる。

さらに、窒素肥料という観点からしても、温度や水分含量によって微生物による有機肥料の分解速度が異なり、制御が困難です。

さらに、更に、有機物が無機質に分解される過程でメタンガスが発生し、根を痛めるばかりか、地球温暖化について、メタンは強力な温室効果ガスでもあり、同量の二酸化炭素の21~72倍の温室効果をもたらすとされていることに、ほとんどの農民は知らないか知らないふりをしている。
よって、有機農法の田んぼは温暖化の生産場所である。

先日のブログで地下水の汚染について静岡の茶畑に油かすや魚粉をやりすぎて、地下水が飲めないことを書いております。

有機農法は、冒頭に書いたように複雑で高度な技術を駆使しなければなりませんが、消費者や多くの農民が考えているのは、「有機物を肥料として使い、農薬は出来るだけ避け、使うなら木酢液・竹酢液など漠然と安全だろう」と思っているような根拠のない雰囲気で流されているとのではないでしょうか。

広義には、有機農業は無農薬または低農薬農法までを含むみます。
現実は非農家住宅地帯では現実に粉状・液状の農薬散布はできません。
僕は化学肥料(窒素、燐酸、加里+無機質ミネラル)を少なめに使っている農法ですが、農薬はコスト高だし、一人では作業できないので無農薬です。

それなら安全かといえば、そう単純ではなく、無農薬や低農薬農法を用いた結果、病害虫防除が不十分だと病害虫に抵抗するために植物自体が作る天然化学物質の方が残留農薬などよりも遙かに毒性が強いという報告が、出されている。


栄養価について、
有機栽培の有機食品が優れているという報告があるが、化学肥料でも栽培方法によって優れたものがあるので一概に言えない。


法整備
Yuuki
      6000団体ぐらいある
国はJAS法をいじくり、有機JAS規格をつくった。
そのなかで、有機肥料の他に天然に存在する無機肥料を認めている。
有機肥料しか有機農業に用いられていないということは誤解である。

その後法令が整備された。

勇気(有機)ある方は、
農林水産省の「有機食品の検査認証制度」を読まれたい。
PDFファイルがどっさりあります。
http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html


       


|

« 地蔵菩薩はすごい | トップページ | 台風と稲作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地蔵菩薩はすごい | トップページ | 台風と稲作 »