« 台風と稲作 | トップページ | 雷と稲妻   »

2013年8月30日 (金曜日)

台風と高潮の関係

高潮(たかしお)は、台風や発達した低気圧が海岸部を通過する際に生じる海面の高まりを言う。
主な原因は、海面気圧の変化である。そもそも海面の高さ(標高)は、気圧と海水の水圧の均衡がとれた状態の水位である。
1気圧 (約1013 hPa)において海抜は0メートルであり、これよりも気圧が下がると水圧が海面を押し上げる。

1hPa下がる毎に海面は約1cm上昇する。

例えば台風など熱帯性低気圧の下で気圧980hPaの場合、33hPa低いので約30から33cm程度の上昇が見られる。
今来ている15号は996hPaですが、計算を簡単にするため、993hPaとすると、1013 hPa−993hPa=20hPa だから海面は約20cm上昇します。

低気圧・台風の中心部の接近時間と満潮の時間帯が重なると、両者を合計した分海面が上昇する。一方、干潮時には両者が相殺されて相対的に低くなる。また、大潮など時期的に潮位が高いときには、さらに海面が高くなる。

通常時において外海よりも干満差が大きい内湾では、特に大きな潮位変動が起こる。
港湾部においては、雨水の海洋部への出口が狭いことや、増水した河川からの流水によって、降雨による潮位上昇が比較的起きやすい。

日本でこれまでに観測された気象潮の最大値は、伊勢湾台風の時の3.45m(名古屋港)である。
また天文潮も加えた潮位では、同じく伊勢湾台風の時の3.89mが観測史上日本最大である。


2004年8月30日~8月31日にかけて、台風16号が日本に接近。接近時は1年で最も高い時期であり、岡山県と香川県の沿岸部を中心に大きな被害を出した。

8月31日午前0時頃が満潮時刻であるが、長雨により排水ができなかったことから、2時間前の8月30日22時頃から海水が上がってきた地域もある。

大潮と満潮時に接近したので、最悪なパターンとなった。
これにより瀬戸内海沿岸を中心に、過去最高潮位を記録した。

Photo_3

    場所によっては床上1m以上浸水の地域も少なくなかった。
このとき僕は勤務地は高松だったので、釣りの潮見表を参考に高潮水位を計算し、60
cm上昇すると計算でき、土嚢などの対策を行った。釣りの知識が役立った。

海水に浸かった木や花で助かったのは楠だけでした
日本書紀に「檜で社を造れ、楠で船を造れ〜〜」と書かれているそうです。 古人の木に対する造詣は深い。

Photo_4
       高松港の潮位の実況のグラフです。

ピンクの線は,実際に観測された潮位です。水色の線は天文潮位といい,月・地球・太陽の引力などから計算して求めた海面の高さです。普段はほぼ天文潮位どおりに海面が上下しますが,台風などの気象の影響で天文潮位よりも高くまで上昇することがあります。これが高潮です。
黄色の実線は高潮注意報基準,赤の実線は高潮警報基準で、高潮警報基準を越えると予想すると警報を発表します。
一番上の黄緑色の破線が既往最高潮位(潮位の観測開始から現在までの期間に記録された最高の潮位)で,246cmあります。2004年8月30日23時21分に台風第16号による高潮で記録しました。


|

« 台風と稲作 | トップページ | 雷と稲妻   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風と稲作 | トップページ | 雷と稲妻   »