« 年末から4月のお正月まで | トップページ | 農地改革のねらい »

2013年12月27日 (金曜日)

マグネシウム電池による循環社会構想

2006年に、海水に豊富に含まれるマグネシウムを用いてエネルギーを貯蔵し、これを電池や発電に使い、使用済み燃料を太陽光等の自然エネルギーを用いて元のマグネシウムに戻すことにより、自然エネルギーを貯蔵するという「マグネシウム循環社会」構想が東京工業大学の矢部教授によって提案された。

2007年には、矢部教授らによって自動車等の利用に燃料取り換え可能マグネシウム電池が提案され、これはマグネシウム燃料電池と名付けられている。

2012年には、この燃料型マグネシウム電池の特許が成立し、実用化に向かって大きく前進している。
この電池はフィルム型マグネシウム電池と呼ばれており、蒸着されたマグネシウムフィルムを、テープレコーダーのように巻き取りつつ発電してゆくものである。

フィルム型の利点は、高効率であること、使用していない状態でのマグネシウムの劣化がなく、長時間の停止状態からすぐに再開できること、熱暴走などにより電池全体が損傷したり火災の危険などの問題のないことなど、多くの特徴を持っている。
欠点は、簡単に充電できないこと。

マグネシウム電池は理論上、電池の主流であるリチウムイオン電池の約7倍の電力を取り出すことができる。
新たなエネルギー資源として注目されており、実用化にめどを付ける画期的な成果だという。
充電はできないが、携帯電話なら1カ月もち、電気自動車は500キロ走行できる見通しだ。

2013年12月、矢部教授は藤倉ゴム工業(東京)と共同で研究。薄いフィルム状のマグネシウムをロール状に巻き、テープレコーダーのような仕掛けで少しずつ送り出して塩水と持続的に反応させ、塩水を交換しなくても長時間使える電池を実現した。

 さいたま市岩槻区にある同社岩槻工場で20日、この電池を動力とする試験車で性能を確認した。
電池は縦34センチ、横17センチ、厚さ2センチで重さは800グラム。40個載せて560ワットの電源にすると、重さ約200キロの車がスムーズに走った。
〔以上共同通信にぼくが追加〕 

Photo
       
  
藤倉ゴム工業の株価は4日連続して今日もストップ高となった。
400円前後で横ばいだった株価が今日は870円である。
40万円で1000株持っていた方は、毎日10万円儲かっている算用だ。

こんな上手い話を知っていれば、他人名義でこっそり1万株(400万円)ぐらい買っておけば、毎日100万円で今売ったら470万円(税引き前)の儲けである。

税金は26日以降の取引は来年の取引となり、譲渡益は2014年の取引分となるので10%から本来の20%(東北復興税除く)かかるので、94万円だから、376万円(含む手数料)となり、年収ぐらいは稼げる。

内部の者が知ってやった行為はインサイダー取引違反という重罪となる。


|

« 年末から4月のお正月まで | トップページ | 農地改革のねらい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年末から4月のお正月まで | トップページ | 農地改革のねらい »