« MLBで好きなプレイヤー   PITのマカッチェン | トップページ | 最近の政治情勢はおかしいです?? »

2013年12月31日 (火曜日)

ミュージシャンの大滝詠一さんが死去

アルバム「A LONG VACATION」などのヒットで知られるミュージシャンの大滝詠一さん(65)が、30日、東京・瑞穂町の自宅で倒れ、まもなく死亡しました。

病死とみられるということです。

大滝詠一さんは、昭和40年代に細野晴臣さんらとバンド「はっぴいえんど」を結成し、日本のロックミュージックの先駆けとして大きな影響を与えました。


昭和48年の解散後も、山下達郎さんや大貫妙子さんが所属していたバンド、「シュガーベイブ」をプロデュースして話題を集めました。


また、昭和56年に発表した大滝さんのアルバム「A LONG VACATION」や「EACH TIME」などは、洗練されたメロディーが当時の若者文化や風俗を象徴する大ヒットとなりました。


大滝さんは、ほかにもCMソングを多数手がけたり、平成9年には13年ぶりのオリジナル曲、「幸せな結末」を発表するなど、活躍を続けました。
警視庁によりますと、大滝さんは30日午後5時すぎ、東京・瑞穂町の自宅で倒れ、病院に運ばれましたが、まもなく死亡したということです。

病死とみられるということです。

CMの王様でCMメロディだけのレコードがでたほどだった。
メロディの大滝と言われていた。
演歌歌手が歌ってもヒットした。

誠に惜しい才能が・・・・残面だ。くそ〜〜〜〜

|

« MLBで好きなプレイヤー   PITのマカッチェン | トップページ | 最近の政治情勢はおかしいです?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MLBで好きなプレイヤー   PITのマカッチェン | トップページ | 最近の政治情勢はおかしいです?? »