« 2013年1月6日 - 2013年1月12日 | トップページ | 2013年1月20日 - 2013年1月26日 »

2013年1月18日 (金曜日)

1月17日は防災とボランティアの日

また17日は「土用」でした。だから、「大寒」は20日です。

昨日は阪神地震からはや18年。
18年前、我が家も震度4となり、川の字で寝ていた娘と妻をかばうように蒲団をかぶって覆い被さりました。寝入っていた二人から「重いな、なんしょんな。」の言葉が返っていた。
女は強い。その後、事務所で余震があったときも、慌てふためく男どもを尻目に女子は落ち着いていました。
7階建ての事務所は昭和35年耐震以前の古い設計で上の階にいくほど柱が細くなっている鉄筋コンクリート構造なので神戸震度なら3階あたりが潰れて、傾くことになると管理者から聞いていた知識がより恐怖心を煽ったのであろう。

「知らぬが佛」とはよくいったものです。
知識は人生を豊かなものにする反面、臆病心を持たせる。
正負の法則(美輪明宏)かな。

昨日はマスコミが美しい言葉として、「絆」の字があふれていました。
2011
選挙のときも立候補者は「絆」を乱発していました。

法然さん、親鸞さんなら「ご縁」とか「お陰さん」というかもしれません。
釈尊なら「布施行」というかもしれません。

なぜこんなことを書くかと云えば、「絆」には無理矢理強制される陰の面が強く、僕は好きではないです。
田舎に住んでいると、地域、親類、風習など、あまたのしがらみが時として煩わしいのです。

「絆」に逆らうとのけ者にされます。そんな強制力のある文字なのです。

Photo

双葉南小学校野のブログにあった「絆」です。
http://futabaminami.blog.fc2.com/blog-entry-292.html
(双葉南小学校は、3/11震災とその後の原発事故で臨時休業状態が続いています。児童も教職員も県内外に散り散りになりました。教育活動は停止状態ですが、いつか戻れる日を信じて情報を発信していきます。)

篆刻家の高橋さん(高橋政巳 「漢字の気持ち」新潮文庫)が書かれた厳しくも素敵な文字です。
双葉南小学校のブログに 絆という字の意味が説明されております。
ぜひ読んでください。

僕は、高橋政巳さんの本を2冊注文してしまいました。

| | コメント (0)

2013年1月14日 (月曜日)

「フランケンウィニー」を観ました

久しぶりに映画館に行きました。
「フランケンウィニー」を観ました。
ティム・バートン監督が2年の歳月をかけたストップモーション・アニメーションの白黒映画です。

Avcw12901

Pn_pic1
  ストップモーションの作業

1210087_main
  墓のイメージ  キャラがいいでせう

公式サイトは
http://www.disney.co.jp/movies/frankenweenie/
です。
動物好きには仕草が堪らない映画です。
画面の展開方法も憎い限りでした。
 節穴が車輪になったり、細部にこだわったアニメです。
 幸せな気分になれます。
公式サイトを熟読してください。

おまけ:ウィニーの墓の直ぐ下にキティーの墓があったと思います??(どうゆう意味?好意OR皮肉?)
男子につり目のジャプがでてきます。(眼鏡かけてないだけましかな〜)

DisNEyのHPは
http://www.disney.co.jp/home.html
です。
HPでかなりの時間遊べます。

| | コメント (0)

2013年1月13日 (日曜日)

スピーカーあれこれ〜2

容量不足になるのは安い仕様だから。

また、Winのときは、リッチテキストで文字の色を変えたりしていましたが、PCがMacに替えてから不具合が発生しておりましたので、プレーンテキストにしています。
 続きは写真中心で画像縮小してます。
Photo_2
     アラブの王様用

Photo_3
     ドイツのクリッペル社の測定の様子
    (エンクロージャーなしです。箱の背面圧の歪みは?)

Spman
    外国で契約している会社のSPアレンジ
     人型だからボーカルにいいかもsmile

感想;高すぎる。よほどの金持ちでないと?
   アンプは真空管だし、エンクロージャーは安っぽいが 漆塗りなので高い。
   コーン紙は人間国宝が漉いた和紙だって・・・
   
   今はCDの音質が悪いし、MP3など更に周波数が少なくなっている。
   LPレコードを聴くことを前提に作っているのかもしれません。
T60

T90_reference
     糸ドライブのLPなのだ→自動車が買えそうな値段かも?
  
LPだと新曲が聴けないことになるのだが???

 何事も、正負の法則、光と陰があるものです。

| | コメント (0)

スピーカーあれこれ〜1

前にスピーカー(以下、SPという)の箱(エンクロージャー)について書き、紹介した記憶がある。
探すのも面倒なので、概要を書くと、
 SPの箱は材料は色々だが、箱鳴り=共鳴しないやう固く頑丈に作るのが常識でした。
 松山の「エンサウンド」から柔らかい箱?(丸く柔らかな形なのでエンクロージャーという)が売り出された。柔らか具合がミソなのですが、試行錯誤して特許をとった。
 
 これまでエンクロージャーは固く作るため努力し、SPのコーン紙(カーボン製、木製もある)以外は振動させないと努めて来た。

 じつは彼もアルミ合金製の丸いSPを使っていた。こいつは、迫撃砲を長くしたような代物だ。

さ〜て、今日TVで興味ある物をみたので、彼にメールした。
その文章をCOPYしておく。=書き直すのが億劫だから。

*********
前略 
すでにご存知のこととは思いましたが、とりあえず。

 今日11時からBS朝日のテレビ番組「菅原明子の地球大好き未来便」の放送で
Feastrexスピーカーを話題に取り上げていました。

アメリカ オーディオ フェスティバルで2008~9年 Best Sound賞を
とったそうです。

HPは
http://www.feastrex.jp
です。

 ユニットをドイツのクリッペル社に測定依頼したら、歪み率が0.25%・・・などが書かれております。
詳しくは、「製品情報」をクリックし
Nfmodasi

をクリックし 下にある 球形磁気回路の解説
球形磁気回路の解説はこちらから
Nfbanner2

をクリックすれば 図で解説があります。
Photo

2へ続く(容量オーバーのため)


| | コメント (0)

« 2013年1月6日 - 2013年1月12日 | トップページ | 2013年1月20日 - 2013年1月26日 »