« 2013年9月22日 - 2013年9月28日 | トップページ | 2013年12月15日 - 2013年12月21日 »

2013年12月12日 (木曜日)

尊厳死は可能か?

昼電話があり、部落のお婆さんが亡くなったとのことで、打ち揃って悔やみと葬儀の段取りを聞いて帰ってきたばかりだ。
息子夫婦は働きに出ているので「お婆さんは」老人ホームに入居していた。

3ヶ月ほど前から食が細り、点滴を始めたが数日で亡くなった。
延命処置と言えるほどの長期間の点滴では無かった。
肺炎も起こしておらず、入院もしていなかったので、おそらく、老衰だろうと思う。

本人も家族もたいした苦労は無かったようだ。

先日、子供が親の介護に疲れ果て、遺書を残し親を殺し、子供も後追い自殺した報道があった。
最近、良く似た事例が頻繁に起こっているような気がしてならない。

親の面倒を、最期を看取るのは子供の当然の義務であり、殺すなどもってのほかである。
との意見が当然のようにマスコミで言われている。

生活苦と介護が合体すれば死を選びたくなるのは痛いほど分かる。

介護で自分の人生を棒に振り、これからどのような生き方が出来るのか?
苦悩のなかで深い闇をみたことでせう。

人間は、知恵はあるが、仏様のやうな智慧はない、ゆえに四苦から逃れられぬのでせう。


『終の信託』(ついのしんたく)は、日本の小説家、現役の法律家である朔 立木(さく たつき)による2本の短編による小説集で、それを原作とする映画が作られ僕は観た。
役所広司と女医の草刈民代との死に対する話である。
女医の行為は有罪となるのであるが、法律は非情であることを認識した。

映画的にはキャスティングがよかった。
TVで江戸時代にタイムスリップした医者を演じた 大沢たかお が検事役で優しく聴取していたのが鬼検事となる。大沢の仁を信じて観ている僕を裏切った。

Poster

医者は延命治療をしないと殺人罪になる。
本人の遺書や家族が延命治療を拒んでもパイプだらけにするのが自分の護身だからやるでしょう。患者を人間と思わないことが医者の意識のなかで醸成されていくのかもしれない。

尊厳死とは何かに沿って判断するであろう。
調べてみれば、劇中でも挙げられているが、3つの条件がある。
   1. 医学的にみて、患者が回復不能の状態に陥っていること。
2. 意思能力のある状態で、患者が尊厳死の希望を明らかにしているか、
患者の意思を確認できない場合、近親者など信頼しうる人の証言に基づくこと。
3. 延命医療中止は、担当医が行うこと。

「生きる権利」と同様に、「死ぬ権利」を尊重する場合に、
最終的には、その本人に触れていたものだけが、その本当のリビング・ウィル(生前の意志)を知ることができる。

遺書などの書面がなければ、ほとんどの場合は本人は意識不明で、客観的に当人の意志を証明することはできない。

| | コメント (0)

2013年12月 9日 (月曜日)

永田農法十か条とは

9月以来の投稿です。

台風の隙間を狙って倒伏もなく運良くお米の収穫が出来ました。
お陰さまです。

野菜作り、家庭菜園、プランターでの栽培に適した農法を紹介します。

永田さんが考案した農法です。


『永田農法十か条』


第一条  できるだけ痩せた土が良い
 永田農法では、「野菜が欲した時に、必要最低限の肥料を効率よく吸収させる」というのが大原則です。そのため肥えた土は必要ありません。


第二条  植え付け前に撒くのはケイ酸カルシウム
 永田農法では、肥料も少なめなので、酸性化が緩やかなので、石灰をまく必要がないと言います。代わりに「ケイ酸カルシウム」を畝の表面がうっすらと白くなる程度に散布します。
 **補足**
  石灰は生石灰、消石灰とも強アルカリなので、目に入ると失明、皮膚がただれる、低温火傷の恐れがあります。 完全防御で風上から散布しなければなりません。
運動会やゲートボールなどのラインは昔は石灰を使っていましたが、子供が転倒し、目に入り、すぐ洗い流して医者へ行かなかったことから失明した事例があり、以後は「ケイ酸カルシウム」を使うよう行政から通達されております。
ただ、「ケイ酸カルシウム」は「生石灰、消石灰」の倍近く値段がするのと、売っているライン引きの注意書きも昔のままのが多くみられました。

また、生石灰、消石灰は植え付けの1ヶ月以上前に散布しなければなりません。
「ケイ酸カルシウム」は散布して土を混ぜればすぐに植えられます。


第三条  肥料には液体肥料を使う
 液体肥料は、既に水にその肥料分が溶出しているので、即座に吸収するわけです。
だから、少ない 肥料でも効率よく野菜が育ちます。
またプロの農家が大規模に使う場合も、施肥料が正確に算出しやすい、という利点もあります。
家庭菜園用にも、いろいろな液体肥料が販売されていますが、基本的には、窒素、リン酸、カリの三大要素だけが入っているもので、十分です。


第四条  育てる野菜は一般の品種と同じ
 一般のものと全く同じなのです。
種も、苗も一般のお店で買ってください。


第五条  苗についた土は洗い流してしまう
 根の部分を水を張ったバケツに入れて、ジャブジャブと土を洗い流してしまうのです。
理由は、苗の土と畑の土の成分が普通は違うので、そうすると根の成長が一時、阻害されることがあるとのこと。
また、市販のポット苗の土には、肥料分が入っているので、畑に余計な栄養を持ち込まない、という意味もあるそうです。 


第六条  さらに根も切ってしまう
 苗の根を半分ほど切ってしまうのです。
余分な根を切ることで、液肥を吸収するための細かい根、毛細根が新しく発達するのです。


第七条  肥料は一週間に一回程度
 一週間に一度が原則です。
希釈倍数は、それぞれの説明書通りですが、たいていは吸収力の衰える冬は、夏よりも濃い目の希釈になっています。
雨の後で土が湿っているときは、液肥をあげるのを控えます。土が乾くのをまってからあげてください。
 気温の高い夏場は、朝夕の涼しい時にあげてください。
暑い日中、植物は蒸散を防ぐために、葉の気孔が閉じているので、液肥をあげると蒸れて窒息状態になります。
 逆に冬は、日中の暖かい時に。土が凍って根を傷めるのを伏せぐためです。
 量は畝全体に撒く場合は、希釈後の量で一坪あたり5~10リットル。
一株ごとにあげる時は、500ミリが目安です。


第八条  環境への負荷が少ない
  永田農法の特徴の一つが環境への負荷が少ないことです。
一般的に野菜は、畑に入れた肥料の半分以下しか吸収していません。場合によっては、90%以上が利用されずに畑に残ってしまう、ということも多くあります。

効き目の緩やかな有機肥料であればなおさら。ましてや「化学肥料に比べて多く投与しても害はない」という間違った観念もあります。
 こうして日本の畑では、大量の肥料分が野菜に吸収されずに残存し、それが雨水によって地下水や河川に流れ出しています。

 特に窒素分は、硝酸態窒素という発がん性も指摘されている有毒物質になって流出しています。
 栄養過多で育てられた野菜自身にも、この硝酸態窒素があり、それがエグミの素にもなっています。

葉もの野菜で緑色が濃いものは、収穫前に色を出すため「硫安」などを散布しています。
本来の色は少し黄色がかった緑色です。成長しきって枯れかかった緑色と言ったニュアンスです。
吸収率の良い液肥を最低限与える、という永田農法は、野菜の、そして畑の環境ダイエット農法です。


第九条  有機肥料は慎重に 
 植物が栄養を吸収するのは窒素、リン酸、カリなどが水溶液にとけて無機イオンとなって初めて吸収されるので、化学肥料でも、有機肥料でも、野菜が吸っているのは同じ成分なのです。
 

第十条  収穫したら、またすぐに植えられる
  一般の農法では、一つの収穫が終わると畝を耕しなおし、堆肥や元肥を入れます。そこに石灰をすき込み一週間ほど寝かします。
永田農法では、前作の根などを片付け、ケイ酸カルシウムと液肥を撒いたら、もうすぐに種や苗を植えられます。

以上を守ればだれでもできます。

**補足**
 農薬が書かれていません。
栄養過多になると病気になるのは人間も同じなのでしょう。
少なめの栄養で育てるので病気になりにくく、収穫後の酸化も遅くできれば成功です。
トマトが水に沈めば成功です。
そのトマトは糖度が高いけど、小さいはずです。

**補足の長靴**
 食べ過ぎで糖尿病(僕予備軍)を防ぐために、香川大学が希少糖を量産し、アメリカへ売る算段をしているとテレビのニュースで言っていた。

腹8文目と言われてますが、研究の結果「腹7分目」がいいそうです。

| | コメント (0)

« 2013年9月22日 - 2013年9月28日 | トップページ | 2013年12月15日 - 2013年12月21日 »