« 農業の多面的機能は「両刃の剣」 | トップページ | 首相及び閣僚の靖国神社公式参拝中止の要請 »

2014年2月22日 (土曜日)

ライク・ア・ローリング・ストーンと阿久悠

ボブ・ディランのライク・ア・ローリング・ストーンの解釈が大雑把に2つある、貴方はどっち?とブログに書いた。
先日、TVで石川さゆりが30周年記念アルバムの作詞を阿久悠さんに10曲依頼したら11の作詞が送られた。
11番目の詩の「転がる石」に感動し阿久悠さんに聞いたところ、自伝的詩であるとのことであった。
 詩のなかの一部に
「頃がる先は坂にきけ」
「親の知らないとこへ行け」

があります。
辛い環境から飛び出して自由なとこへ行きたい・・・磨かれようが、割れてしまおうが、とにかく今から逃げ出したい・・・
という意思が伝わってきます。
H2_etc


|

« 農業の多面的機能は「両刃の剣」 | トップページ | 首相及び閣僚の靖国神社公式参拝中止の要請 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 農業の多面的機能は「両刃の剣」 | トップページ | 首相及び閣僚の靖国神社公式参拝中止の要請 »