« 農業がもたらす環境汚染~地下水~4 | トップページ | 火薬を使わない銃   レールガンとは »

2014年3月 7日 (金曜日)

農業がもたらす環境汚染~地下水~5

一応今回が最終回とします。ヤッテラレンワ…ヽ(○´3`)ノ フッ 飽きたから。

汚染原因は他の肥料、農薬、草枯らし薬など多岐にわたります。
そのような汚染物質を禁止するべくまとめられたのが法律です。
JAS法は有名だが今では陳腐化している。
代わって新しく制定されたのが今回のテーマであるGAP法なのだが、国によってバラバラである。

5.GAP法

改正JAS法施行と「有機マーク」表示は2001年4月からスタートした。
違反した業者には、業者・企業名の公表や最大50万円の罰金が科せられる。
とはいえ、「これからも丸抱えで表示を信用する者はいない」というのが偽らざる現状だ。

Jas
   おなじみのJASマーク

 適正農業規範 (Good Agricultural Practices、GAP)または農業生産工程管理 とは、農業においてある一定の成果を得ることを目的として実施すべき手法や手順などをまとめた規範、またはそれが適正に運用されていることを審査・認証する仕組みのことである。

その定義・内容は目的によって様々に変化するが、いずれの場合も、良い成果があがるかどうかは規範をどれだけ忠実に適用するかにかかっていると言っても過言ではない。

『適正農業規範』という訳語は、この考え方が日本であまり定着していなかった時期に農林水産省が考案したものだが、現在は同省のホームページ内でも『農業生産工程管理』という訳語が使用されることが多い 。
また、実際の生産現場などでは、GAP (「ギャップ」もしくは「ジーエーピー」)と呼ばれることも多い。

ここ近年、農業を取り巻く環境が急速に変化するのに伴い、適正農業規範の内容も変化していく傾向にある。
具体例を挙げるのであれば、世界規模での貿易の拡大、牛海綿状脳症 (いわゆる『BSE問題』)などの食の安全に対する危機、硝酸塩による水質汚濁などの公害問題、薬剤抵抗性病害虫の出現土壌侵食の拡大などである。

国際連合食糧農業機関 (Food and Agriculture Organization、FAO)が提唱している適正農業規範

*1970年以降
農業の現場で適用されるべき原則をまとめたものである。
その目的は安全で健康的な食と非食品分野の農業を守り、同時に経済的な利益も確保することで、社会的にも環境的にも持続可能な農業をつくりあげることにある。

 ・土壌に関連した適正農業規範
 ・に関連した適性農業規範
 ・動物の活動や動物の健康福祉に関連した適正農業規範

ヨーロッパの適正農業規範
1997年以降
グローバルGAP (GLOBALGAP)またはユーレップGAP (EUREPGAP)と呼ばれ、事実上の世界基準となっている。

他の農場認証制度とは異なり、この制度は生産者にとって非常に厳格であり、各生産段階ごとにそれぞれ別の第三者機関が審査を行っている。
審査役は、ユーレップGAP事務局の承認を受けた企業・団体が務めることになっており、審査に合格した場合は証明書が交付される。
ただし、JGAPと違い、包装に承認を受けている旨を記載する行為は禁止されている。

アメリカ合衆国の適正農業規範
GAP/GHPプログラム(GAP/GHP Program)という制度が存在する。
これはアメリカ合衆国農務省 (United States Department of Agriculture、USDA)が、実際に各農場が適正農業規範および適正運用規範 (Good Handling Practices、GHP)(英語版)を適用しているかを審査・認証する仕組みである。
このプログラムのガイドラインでは食の安全性に重点が置かれており、国際連合食糧農業機関で提唱されているような動物福祉・生物多様性の維持・抗生物質やホルモンの使用に関しては触れられていない。

このプログラムはニュージャージー州農務省のGAPやGHPを監査する制度の導入を望む声を受け、アメリカ合衆国農務省が作成したものである。
しかし、その裏には、農家に対して結果を求めGAPやGHPに固執していた卸売り業者たちの圧力があったとも言われている。

抗生物質やホルモンの使用は暗に認めざるをえないのでしょう。


日本の適正農業規範
  2010年以降、
イオンなどの企業が独自にグローバルGAP (詳しくは以下に記述)に匹敵する基準の農家監査制度を導入している (トップバリュー)ほか、特定非営利活動法人の日本GAP協会JGAP (ジェイギャップ、Japan Good Agricultural Practice)の普及を目指している。

しかし、そのほかにも各地域の自治体や農業協同組合などが作成した規範も多数存在しており、 日本国内だけでも様々なルールが乱立し、真の国内統一基準と呼べるものは未だに登場していないのが現況である。

  『JGAPマーク』を記載する権利 (認証を受けた後に更なる手続きが必要)が与えられる。
ただし、これは国際的なGAPでは取られていない措置であるため、国際的には議論の余地がある。

日本では家畜糞尿による堆肥を認めているが、先進国のヨーロッパでは認めていない。ban

|

« 農業がもたらす環境汚染~地下水~4 | トップページ | 火薬を使わない銃   レールガンとは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 農業がもたらす環境汚染~地下水~4 | トップページ | 火薬を使わない銃   レールガンとは »