« 永田農法の勧め・・・家庭菜園のBEST | トップページ | 生きるとは??? »

2014年3月24日 (月曜日)

「春愁」と「百々手祭」

万物が輝く春にふと感じる物悲しさ「春愁」(しゅんしゅう)という。
年々その想いが強くなって行くのは加齢のせいでせうか。
「麦秋」「竹秋」も春の季語なり。
我が家の「櫟」の枯れ葉は数日の強風によって落ち、芽吹きの準備が整ったようです。
雀のつがいは細い小枝をせっせと運んでいる。
巣作りに励んでいるのでせう。

九州では超早場米の田植えが始まったそうです。
7月には収穫できるそうです。

僕の村では「百々手祭」が19日に執り行われました。
この祭り、儀礼は「氏子らの無事と五穀豊穣を神に祈る神事」です。
数部落が当番制で順番に的やお供えを準備するのですが、他の部落からは誰も来ません。
昔は奪い合って弓を射ていたのですが、平日なので子供の参加もなく老人会の行事のようでした。

P1000201_2

          宮司さんの祝詞奏上 (右に作ったばかりの的が)

P1000216

           宮司さんが最初に矢を射ます

P1000230

        的 は村の神様ごとに何個も作ります

P1000237

        的の裏   今年は「大麻比古神社」に倣って「鬼」

県の西のほうでは、100本矢を射るために若者が帰郷するそうで、
県も無形文化財として指定し、国に更なる指定を願っているようです。

裃、袴姿で本格的にやられております。

Photo_3

          生里(なまり)の百々手

粟島の的は巨大な縦長で卑猥さもあり、ユニークです。

Photo_4

          粟島の巨大な的
海の男達にとって勇気づけられるものをイメージしてあるのではないかしらん。

方や、延喜式阿波の一の宮である「大麻比古神社」の百手式は豪華華麗である。

Photo_2

小笠原流師範が白装束で氏子の方も平安武士の晴れ衣装で、くらぶれば、当県の裃姿は貧乏たらしい姿じゃて。故に映像はない。

これは、帝の命で作られた「延喜式神社」と民が作った「地神社」との違いであろう。

大切なのは「祈り、感謝する心根」であろうとなかろうと負け惜しみを言う吾であった。

 

|

« 永田農法の勧め・・・家庭菜園のBEST | トップページ | 生きるとは??? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 永田農法の勧め・・・家庭菜園のBEST | トップページ | 生きるとは??? »