« 首相及び閣僚の靖国神社公式参拝中止の要請 | トップページ | 農業がもたらす環境汚染~地下水~1 »

2014年3月 3日 (月曜日)

ウクライナ問題でアベノミクスに陰りか??

株安、円安が進行している。
それでもマーケットアナリストや安倍首相は強気である。
自分にとって有利な発言をしているに過ぎない。

更に、支那のイスラム教自治区外でテロを起こしている。これも大問題であるが、とりあえずウクライナ情勢のニュースから。

ウクライナへの強力な金融支援に向けたコミットメントで一致=G7財務相共同声明
 [ワシントン 2日 ロイター] - 主要7カ国(G7)は2日、ロシアによるウクライナへの主権侵害を非難し、6月にソチで開催予定のG8サミットの準備を中止することを決定した。米ホワイトハウスがG7の共同声明を発表した。 
         

[ワシントン 2日 ロイター] - 主要7カ国(G7)財務相は2日、対ウクライナ経済支援に関する共同声明を発表し、「われわれは、ウクライナに対して強力な金融支援を提供することに、結束してコミットしている」と表明。また、国際通貨基金(IMF)からの支援はその他の機関の追加的な支援を引き出す上で非常に重要だと指摘した。 
 

 576pxlocationcrimea
   
   ウクライナは東西南北の中間にあり、過去の歴史も複雑で、ロシア人の移民も多い。
 クリミア半島とウクライナ共和国 濃い緑色の部分がクリミア半島。
西と南には黒海が、北東には黒海の付属海であるアゾフ海が広がる。


僕はなぜか「クリミア戦争」を思い出す。

クリミア戦争
日本の幕末である、1853年から1856年の間、クリミア半島などを舞台として行われた戦争である。
フランス、オスマン帝国およびイギリスを中心とした同盟軍及びサルデーニャとロシアが戦い、その戦闘地域はドナウ川周辺、クリミア半島、さらにはカムチャツカ半島にまで及んだ、近代史上稀にみる大規模な戦争であった。

余談;戦争に縁があった人達。
アルフレッド・ノーベル - 発明家。ロシア軍の機雷設置請負業で財を成した。

フローレンス・ナイチンゲール - 看護師として従軍。英国野戦病院で看護活動、「クリミアの天使」とも呼ばれた。

吉田松陰 - 幕末の思想家。長崎からの密航を計画したが、開戦によりロシア艦が予定より早く引き上げたため失敗し、その後、別件で自首して投獄された。

   概要;1853年ペリー浦賀に来航し、外国留学を決意。
長崎に寄港していたプチャーチンのロシア軍艦に乗り込もうとするが、ヨーロッパで勃発したクリミア戦争にイギリスが参戦した事から同艦が予定を繰り上げて出航した為に失敗。
  翌1854年ペリー再航し、密航を企てるが失敗。

  クリミア戦争がなければ、あるいはもう少し遅ければ、密航が成功していたかも知れず、今の日本の有り様も違っていたかも知れない。
歴史の皮肉な面を見る思いです。

Crimea_republic_map

       クリミア半島と重要事件
クリミア半島は黒海に面し、東方のケルチ半島が黒海とアゾフ海を分かつ、戦略上の要衝である。

全土をウクライナが領有し、南西部のセバストーポリ特別市を除いた全土がクリミア自治共和国となっている。

ウクライナ領ではあるが、ロシア人が最多で過半を占める。
続いて、ウクライナ人、クリミア・タタール人。
ロシア人とウクライナ人は1783年にロシア領となってからの移民で、中でも大半は第二次世界大戦後である。クリミアタタール人は、13世紀頃の移民である。


セヴァストポリの戦い=1942年6月からのナチス・ドイツのソビエト連邦カフカース地方への攻勢(ブラウ作戦)の準備として行われた、1941年9月から1942年7月にかけての、クリミア半島とセヴァストポリ要塞でのドイツ軍とソ連軍の戦闘である。

ヤルタ会談=1945年2月4日~11日にクリミア半島南端のヤルタ近郊で行われたアメリカ、イギリス、ソビエト連邦による首脳会談。

ソ連8月クーデターでのゴルバチョフ大統領軟禁=共和国の権限を拡大しようとした改革派のミハイル・ゴルバチョフに対し、ゲンナジー・ヤナーエフら守旧派が起こしたが、ボリス・エリツィンを中心とした市民の抵抗により失敗に終わり、逆にソ連崩壊を招き、現在のロシア連邦成立に至った。

|

« 首相及び閣僚の靖国神社公式参拝中止の要請 | トップページ | 農業がもたらす環境汚染~地下水~1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 首相及び閣僚の靖国神社公式参拝中止の要請 | トップページ | 農業がもたらす環境汚染~地下水~1 »