« 家庭菜園の勧め TEST回答 とお詫び | トップページ | 逆浸透膜(RO)の使用 »

2014年3月27日 (木曜日)

報徳の精神

小学校の校庭に薪を背負った二宮金治郎「金郎」と表記されてしまうことが多いの銅像があったの知っていますよね。

Statue_of_ninomiya_sontoku

後に

二宮 尊徳(にのみや たかのり) ( 有職読みで「そんとく」と読まれる方がほとんどと名乗りその報徳思想世界で注目されている。

Series_a_1_yen_bank_of_japan_note_

   子供のころ一円でアイスマン買うのが楽しみでした

報徳神社 。(HPです。クリック。)

報徳訓 がサイト内にあります。

JA(協同組合)の発端の精神を言う場合もある。

今のJAには報徳の志は無いし、知らない人が多い。

戦前では道徳教育の中心であった。

「天の恵みで生かされているから、恩に報いる。」

「人のお陰で生かされているから、人に報いる。」

自然に感謝し、他人のために努める。

利他の精神なのですが、理性で考え、合理的に行動する。

カリスマではなく、精進で智慧を得る。

宗教はどこか、ある時点で飛躍するところがあるのではないか、と僕は考えており、そこが踏み出せない障害になっている。
報徳思想は、宗教との中間に位置する。・・・と僕は思っている。
回答はない。

|

« 家庭菜園の勧め TEST回答 とお詫び | トップページ | 逆浸透膜(RO)の使用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家庭菜園の勧め TEST回答 とお詫び | トップページ | 逆浸透膜(RO)の使用 »