« 仏事の作法  その2 | トップページ | スコットランド独立ならず »

2014年10月 1日 (水曜日)

宇沢 弘文 先生 逝く

理論経済学の先駆者で環境問題にも活動し、「宇沢モデル」として世界的に有名でノーベル賞候補もなり、文化勲章受章者の行動する白ひげの先生が18日肺炎のため86歳で亡くなられた。

Prop1102230101_2

日本の知恵者が減った。
数学者から数理経済学の分野で業績をあげた。

公害問題にいち早く着目し、温暖化、水俣病、大気汚染、・・を提起する一方で、成田闘争を農民と話会いによる解決に注力した。

そんなせんせいの元には超党派の議員たちが参集した団体の世話人になった。
先生の人柄が偲ばれるおもいです。

先生の考えは市場万能主義や経済成長最優先で環境破壊を招いた日本を批判した。
TTPには反対であり、アベノミクスとは異なる立場であった。

脳梗塞で3年リハビリ後、亡くなられた。
その直然2011.02,14の提言が 農業新聞のHPで観られる。

上下に分かれています。
http://www.jacom.or.jp/proposal/proposal/2011/proposal110214-12526.php

http://www.jacom.or.jp/proposal/proposal/2011/proposal110223-12621.php

パックス・アメリカーナの惨めな走狗となって
◆ベトナム戦争がもたらしたもの
◆「開国」とは何だったか?
◆自由貿易は人間を破壊する
◆社会的共通資本を守るのが政府の役割
◆パックス・アメリカーナと新自由主義、市場原理主
◆国民の志をうち砕くな

社会的共通資本の視点に立って日本の農業を守る
◆農の営みのもつ重い意味
◆日本列島の豊かさを活かす
◆農こそ人間的な営み
 自然環境をコンクリートの固まりによって無惨に破壊しつくしてしまった。
     ダムと池の違いがわかりますか?
◆社会的共通資本としての農村

Prop1102230103
◆農村の最適規模を維持する
 
農村を一つの社会的共通資本と考えて、人間的に魅力のある、優れた文化、美しい自然を維持しながら、持続的な発展を続けることができるコモンズを形成するものである。

◆コモンズとしての農村を守る

Prop1102230102

以上 目次です。


私見だが、
すでにアベノミクスは破綻しており、その行く先には格差社会が待っている。

アメリカ主導の日本マーケットで金利が上昇しだしたアメリカへマネーは戻っている。

余談だが、
5年ほど前に金融緩和中のアメリカから日本に対して、アメリカ国債を大量に買うよう要請(命令)があった。 
ときの財務大臣はそれを拒否した結果、官僚に毒をもられたという噂が流れた。 
大臣を辞職後不審な死に方をした。
司法解剖もせず直に灰にされた。

アメリカの言いなりである日本は、いつから誇りを失ったのか?

敗戦後、GHQに対して白須次郎(S/Bの犬にされたラスト・サムライ)は、「戦争に負けたが、奴隷になったのではない。」とマッカーサーに言い放った。

|

« 仏事の作法  その2 | トップページ | スコットランド独立ならず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仏事の作法  その2 | トップページ | スコットランド独立ならず »