« 2013年12月22日 - 2013年12月28日 | トップページ | 2014年2月2日 - 2014年2月8日 »

2014年1月 1日 (水曜日)

年賀のお礼をPCで

かなり以前に書いた「喪中ハガキ」が1年と長い理由が不透明なり。
ということで色々ブログで述べたが、世間は 修正されていない。

49日か100日で喪が明ける。
俺は親鸞なので喪はない。
といって、喪中ハガキが来たのに 無視して賀状も出せず。
賀状出した後、喪中ハガキ出すようになってしまったらどうする。
すでに出した賀状を取り消し「寒中見舞い」にする方法がおたがいにある。

とかく、世は不条理である。
ソ連とUSAの冷戦は、さもUSAが譲歩したかのように世界は見ているが、
事実はソ連のゴルバチョフ氏がすべての負の遺産をや泥をかぶり、ソ連でも失脚した。
ゴルバチョフにような人物はUSAには当時いなかった。
(これは後日ブログに)

メールで賀状の御礼をしたが、写真の貼付けが上手く出来なかった。
ぶっつけ本番なのだから 許そう 自分で。
以下、下手な字を載せる。 筆ペンでは細すぎた。
僕のブログは安物なので1M超える画像が載りません。(スキャン精度 中だったんだけど 今度から 低にしよう)

ビッグ・フット (ヘミングウェイが愛した6本指の猫)の画像で我慢して〜〜
51ad3nkwm3l_ss500_

Img_731311_46378946_0

The_times_they_are_achangin1964


| | コメント (0)

2013年12月31日 (火曜日)

最近の政治情勢はおかしいです??

秘密??法を無理やり可決した。

安倍総理が靖国へ詣った。

沖縄の知事がこれまでの主張を転換して辺野古の賛成した。

これらは 全て やらせ ではないのだらうか?
USAの陰が・・・・・支那囲い込みのはじまりではないのか?

オバマは陰が薄くなり、クリントン婦人の極右工作が???

USAはなぜか恐がりで、常に敵がいないと不安らしい。

| | コメント (0)

ミュージシャンの大滝詠一さんが死去

アルバム「A LONG VACATION」などのヒットで知られるミュージシャンの大滝詠一さん(65)が、30日、東京・瑞穂町の自宅で倒れ、まもなく死亡しました。

病死とみられるということです。

大滝詠一さんは、昭和40年代に細野晴臣さんらとバンド「はっぴいえんど」を結成し、日本のロックミュージックの先駆けとして大きな影響を与えました。


昭和48年の解散後も、山下達郎さんや大貫妙子さんが所属していたバンド、「シュガーベイブ」をプロデュースして話題を集めました。


また、昭和56年に発表した大滝さんのアルバム「A LONG VACATION」や「EACH TIME」などは、洗練されたメロディーが当時の若者文化や風俗を象徴する大ヒットとなりました。


大滝さんは、ほかにもCMソングを多数手がけたり、平成9年には13年ぶりのオリジナル曲、「幸せな結末」を発表するなど、活躍を続けました。
警視庁によりますと、大滝さんは30日午後5時すぎ、東京・瑞穂町の自宅で倒れ、病院に運ばれましたが、まもなく死亡したということです。

病死とみられるということです。

CMの王様でCMメロディだけのレコードがでたほどだった。
メロディの大滝と言われていた。
演歌歌手が歌ってもヒットした。

誠に惜しい才能が・・・・残面だ。くそ〜〜〜〜

| | コメント (0)

2013年12月30日 (月曜日)

MLBで好きなプレイヤー   PITのマカッチェン

MLBはNHK BS放送開始以来なぜか好きである。
当時は、日本人選手はおらず、放送も月1回程度でした。
開設はほとんど村上さんでした。

プレイは日本の組織野球と違い雑な感じでした。
パワーや執念は勝っていました。
選手も観客も悲壮感がなく何かしら楽しそうに興じている印象が残っています。

個性的な選手が日本野球界から減っており、画一的になりつつあり、興味がなくないつつある時代でした。

僕は、日本で好きな選手はいますが、好きな球団はありません。
球団運営が選手を使い捨てにする体質に思えて、嫌いでした。
ファンをバカにする体質も嫌でした。
天下り集団が運営?している、ただ座っている印象でした。

野茂さんが訳ありで 渡米してからNHKの放送が増えた。
僕は野茂さんに感謝している。

田中マー君がNYYか? なんてことは僕にとってどうでもいいことなんです。
球団選べるのは幸せだな。 でもMLBもマスコミはきついですよ。

野茂さんがトルネードで人気が上がった夏場、LAD球団は今が野茂の売り時・放出時だといっていました。
野茂獲得の元は取ったし、金銭トレードすれば球団が儲かるということです。

イチローがNYYへ変わったときに松井が「あそこはいくらでも補強しますから。別になんとも思いません。」と淡々とインタビューに答えた。

そのイチローはNYYに居場所がない・・・2年契約の2年目なのでどうなるのでしょう?
処置の仕方を見ればMLBの怖さが分かりますよ。

MLB帰りで復帰した選手はすくないでしょう。 
 所詮、ジャプ野郎だから無理させて故障したら解雇すればいいだけですから。

ようやく本題。

アンドリュー・マカッチェン
  177cmで風貌に似合わずアメリカ国籍です。
650ebdcd
     最期までボールを観て見逃すのかと思ったら振る=落合流
39600777
            トレードの髪型
Mccutchen1
           俊足 100m 10.6秒

チームは ピッツバーグ・パイレーツ(Pittsburgh Pirates、1882年創設)。
本拠地はペンシルベニア州ピッツバーグで、ワールドシリーズ制覇5回を誇る名門チームであり、近年は長い低迷が続いており、1993年から2012年まで、20シーズン連続負け越しを記録した。
これはアメリカ4大スポーツのみならず、全世界の全てのスポーツチーム(2部以下も含む)において最長記録となっている。

パイレーツは映画で有名になりました、海賊・略奪者という意味です。
1891年、違反して選手を略奪しています。
当然、MLBから避難があり、チーム名を「アレゲニー・ベースボール・クラブ」から「パイレーツ」に改名したそうです。

この弱いチームへ2007年にテストを受けに行ったのが  桑田真澄さん(古武術仲間)でした。
あとは、レイズから渡り歩いてきた 愛媛県の岩村が2010年にいて楽天へ帰って来たが故障が癒えず 「なにくそ魂」だけではやって行けない世界なのでしょう。
高橋尚成投手が12年途中に交換されたみたいだが、知らない。

MLBの指名制度は30チームのなかから弱いチームから新人を指名できるウェーバー制 (戦力の均衡が目的であるため完全ウェーバー制を採用しており、指名重複(抽選)や自由獲得枠などは無い。) なので やがて戦力が均衡し優勝争いが面白くなるのです。


| | コメント (0)

2013年12月29日 (日曜日)

映画 蠢動 を観た

かつて16mmの映画を、再度作り直した。
今はデジタルなのでフィルムより安く作れるし、色合いも操作できる。

チャンバラ映画、時代劇の名作が近年なく 自らの過去の16mm映画を作り直した。

タイトルは「蠢動」は(しゅんどう)。

和太鼓と白くくすんだ冬空の山陰のとある藩の出来事で、悪人はいない。
武士道がぶつかり合う。
Scan0003


| | コメント (0)

農地改革のねらい

農地改革は、農地の所有制度を改革すること。

1947年(昭和22年)、GHQの指揮の下、日本政府によって行われた農地の所有制度の改革を指す。農地解放ともいう。

もともと日本の官僚の間には農村の疲弊を除くために地主制度を解体する案はもとよりあったが、地主層の抵抗が強く実施できなかったものをGHQの威を借りて実現したといえる。

ただし帝国政府の考えた方針とGHQの改革内容には大きな違いがある。
小作争議から共産党革命(ソ連、中国のように)に移行することをGHQは恐れた。
結果、農地改革によって共産革命を防ぐことができたが、後の農業効率化の妨げとなり、帝国政府の考えた方針と異なってしまった。

**農民の租税の歴史**
江戸時代は村請制といって庄屋さんが村全体の年貢を取りまとめて領主に納めていた。村は運命共同体で強いものも弱いものも皆で助け合って生きてきた。結い、講の仕組みがあった。

明治維新後の地租改正によって村落共同体が解体に向かった。もはや村請制も庄屋さんもない。
農民が一人づつ自分の責任で税金を納めなければならなくなった。
冷害で不作、凶作になるとたちまち納税にいきづまって高利貸しから田畑を担保として納税資金を借りる他なかった。
戦前の銀行は、重工業・軽工業・商社に金を貸すだけで農民になど融資しなかったからだ。

では、誰が農民に金を貸したか。
それは高級官僚、戦争成金、にわか資本家といった小金持ち階級であった。
それが不在地主、寄生地主なのだ。

金を借りたが結局農民は返済できず土地を取り上げられる。
しかし、金を貸した不在地主は農業などできない。
結局、元の土地所有者を小作人として雇って、そのまま営農させるしかなかった。
土地の所有権は地主に移ることになるから納税義務は地主が負って、地主だけが選挙権を持つことができたのだ。
小作人は、納税分に地主の取り分を加算した小作料を納めさせられたので、以前よりも貧窮することになってしまった。
こうして自営農は次々と小作人に転落していった。

一握りの地主だけにどんどん土地が集中していったが、この土地は虫食い状態で全然大規模化したわけではない。
全体として地主の所有地が増えても農地は集約しているわけではなく、バラバラに点在していた。
地主は、小作人から小作料を摂るだけだから、何の不都合も無かった。

農地解放によって「農業の大規模化が遅れた」というのは全く実態を知らない人の誤った見解である。

高度成長期に都市の工場労働者になったのは、土地の相続が無かった農家の次男、三男であり、農地改革があろうとなかろうと関係なかったことである。
さらに、農地解放によって農地を農民が所有するとき、土地の優劣があるので分散して所有した。
ちなみに、我が家の農地は部落中に点在しており、連続していないため、農作業が誠に非効率である。
しかし、保水性のよい土地と悪い土地や水利が便利な土地がバランスよく各農家に分けられている。
そして、農民は、所有地となった田んぼの基盤整備、水路建設に奔走する。

その後、国は農地の集約を図り、農業経営を成立させるため、農地を2倍に増やす目的で挙家離農をすすめるため、農業基本法 が制定されたが 、
農業基本法は、日本農業,農政,ひいては産業政策全般の進路を明らかにした法律(1961年公布・施行、1999年、食料・農業・農村基本法の施行によって廃止された。)であった。

戦後日本経済の高度成長に伴って深刻化した農業のひずみをなくし農業近代化を図り,他方では農村から大量の労働力を引き出すことによる産業構造の転換を促進するため制定されたが,基本法自体は抽象的な綱領にとどまる。

土地を所有して基盤整備した農地を僅か10年そこいらで手放す農民はいない。 このことは農林水産大臣になった農家出の中川一郎氏が力説していた。
Photo
Photo_2
        北海道の熊
その後、中川一郎氏は不振な死をとげ、司法解剖もせず、慌てて闇にふされた。??

| | コメント (0)

« 2013年12月22日 - 2013年12月28日 | トップページ | 2014年2月2日 - 2014年2月8日 »