« 2014年6月29日 - 2014年7月5日 | トップページ | 2014年7月27日 - 2014年8月2日 »

2014年7月11日 (金曜日)

USエコノミストの安倍首相の記事

4440d561

エコノミストの記事で安倍首相が、第3の矢をいるところを合成写真にしたようだ。

侍、富士山は日本のイメージなんでしょう。
しかし、武道家、いや時代劇好きが見たら怒りそうな 絵 ではないかしらん。

俺は弓道をやったことはないが、百手祭りで的を撃ったことはある。
TVとかのシーンや那須の与一の絵なんかはよく見るよ。
NHKの大河で戦国時代の戦のシーンには嫌というほどでてくる。

間違っているところ;
1. 弓の持つ位置は、真ん中でなく、日本の弓は下から1/3のところを持つ。
 洋弓や中国の弓は中央を持つ。
これだと、威力はないし、手が振動でシビレてくる。

日本の先人は、威力があって、弓が縦に構えられて、振動が最も少ない場所と形を追求したのが日本の弓なのです。
世界に誇るべき弓である。

洋弓はオリンピック種目になっているので見たことがあると思うが、弓にバランサーやら何やら分からぬものを付けて性能の悪さをカバーしているのだろう。あんな状態で戦に使えるのか不思議でならぬ。
材質も木製ではなく新素材を使っている。

和弓は竹を張り合わせて作られている。
弦を張る時は弓のそりを逆にして張るので力が要る。

2.矢が弓の左側か?
 写真では分かりにくいが、矢が弓の右側になっていないようだ。
洋弓は左側だが和弓は右側である。


3. 刀の差し方
 本来なら太刀とすべきところだが、刃を上にして差している。
それも、刀の真ん中より後ろで止めている。
刀が邪魔になって弓が引けない。

他にも文句があるが、ジャプをバカにしているとしか読み取れない。
この程度の日本の理解だとすればジャーナリストとして恥ずかしくも世界中に己の無知をPRしたこととなろう。

深読みすれば、すべて知りながらわざと安倍首相が弓を射れないスタイルにして皮肉たのだったら政治家は心して記事の裏まで読め。

| | コメント (0)

2014年7月10日 (木曜日)

僕の贔屓目のMLBの小さな選手

1.ポージー
 
SFジャイアンツの捕手


96e2ca13

ホモ好みのおとなしそうな顔でだがMVPを穫っている。

捕手はホームを死守する役目で、ブロックをしているので、ランナーは捕手を飛び越えるか(巨人の広岡達郎がタッチの腕をひらりと忍者のように飛び越えた)、激突するしかないのである。



こいつは危険で、高校野球では「ベースの一端を空けておかなけねばならない」と規定してある。



ホームでの激突が見たくてプロ野球を観に来た熱血漢野郎もいる。
タイミングでアウトなのに、捕手にぶつかって落球を期待しているランナーは、かつてアメリカンフットボール(MFL)でアタック慣れしている連中が多い。


だから、捕手は大男でないと勤まらない。また、捕手は馬鹿では勤まらない。
ポ

ージは185cmはあるが、200cmで130kgのランナーが勢い付けてぶつかってくりゃ衝撃は何倍も増幅される。


7e2ba05ac5eaa47c7fa449a87d8bf31b

        ミットめがけて激突   ポージーは落球

1528

     いきおいあまって ポージーの身体は関節が曲がり・・・

結果、運悪く激突して大怪我をし、1年休んだ。

MLBは今年から高校野球のルールとなった。
俺様は賛成だ。
2.マカッチェン
 

PITパイレーツ所属。かつて桑田真澄がメジャーに挑戦した弱いチームだったが、マカッチェンが活躍しMVPをとった。
身長は175cmぐらいしかない。

Mccutchen1

            ランニングも速いし カッコいい

650ebdcd

G20131115007015770_view

              スゥイングスピードが速い

編んだ後ろ髪がトレードマークである。
最近この髪型が急増中らしい。

ハッスルプレーが魅力です。
選手は誰でもハッスルプレーなんだけど、してるのをアピールしてるのがマカッチェンだ。


3.ホセ・アルトゥーべ
  

 HOUアストロズの選手で155cmとか158cmあるいは150cmといわれている走攻守揃った選手だ。



Photo

       身長 が分からない・・ので

51b2af0a

      ハイタッチできない   仲間にからかわれる

今牛若丸といわれた阪神の吉田義男のメジャーリーグ版だけあって運動神経抜群。

短足だが回転が速い。運動会でもそんな奴いたな〜。
身体はガッチリしており、体幹はしっかりしている。


Photo_2

        背番号が同じなのでどっち?かっこいい方 
      (ジャンピング スローしている方だ)
      スライディングしてるランナーは左足上げ過ぎ=反則?
日本人のアスリートの見本になると思う。

案外、こんな選手達が「丈夫で長持ち」するんだろう。




| | コメント (0)

2014年7月 9日 (水曜日)

樒  南天  蘇鉄 の花が次々と咲く

シキミ(樒)
全体に香気があり,仏前に供え,葉・樹皮から線香・抹香を作り,材は数珠などとする。コウノキ。マッコウギ。ハナノキ。シキビ。

仏前に供える木として知られていますが、花が咲き、実も付きます。花は透明感のある淡黄色です。
Photo
                     花
Photo_2              実  秋になると
Photo_3          左は香辛料の八角  右は有毒
「抹香臭い」という言葉は、この木の香りのことを指しています。全株に毒性があります。特に果実は毒成分が多く、「悪しき実」とされ、それが略されてシキミになったといわれています。漢字では「樒」と書き、いかにも密教と関係がありそうです。
弘法大師が青蓮華の代用として密教の修法に使った。青蓮花は天竺の無熱池にあるとされ、その花に似ているので仏前の供養用に使われた。
Photo_4      真宗では阿弥陀様の近くに供えます
シキミの実(み)は、「毒物及び劇物取締法」という法律で、植物で唯一、劇物に指定されています。従ってこの実を集めて、「無届」で「販売」したりすると罰せられます。



  仏壇に飾る花は毒のない花でなければならない。

そも、花は仏の智慧を表すといわれております。
お香は浄土の香りを表すところから、本尊に近いところへ飾る小さな花入れには仏壇を痛めない「樒」がよしとされたのでしょう。


普段は、金色の蓮の花と葉のイミテーションが飾ってあります。
家に苗木を買ってきて植えてありますがなかなか育ちません。
最初は土が肥えすぎて。根腐れを起こしてすぐ枯れました。

また、2本苗を求めて、家の南と北の空いた場所へ日当りも考えず植えてしました。
南側は前の家の陰になり、土も石ころだらけで大きくなりません。


北側に植えたのは朝のうち日が当たらないのと、北風にしごかれていますが、少し大きくなり、葉も奇麗です。 
数年間は木を育てることに専念しないとだめなようです。これが当てはまるのは果樹です。数年間は実がなったら、摘果して木を育てないと永く実をつけてくれません。
我慢。

南天
和名の由来は、漢名の「南天燭」の略。南天の花は、仲夏の季語。実は三冬の季語。
音が「難を転ずる」に通ずることから、縁起の良い木とされ、鬼門または裏鬼門に植えると良いなどという俗信がある。
Photo_5           白い花   
Photo_6          赤い実
我が家の南天は、実を鳥がついばむのか、庭のいたるところに生えている。俗信など信じておる場合でないのだ。

錦糸南天等とよばれる。園芸種のオタフクナンテンは葉が紅葉しやすく真夏でも赤い葉を付ける。実がつかないのが特徴で、高さも50cm程度しか伸びないので、下草などと一緒に庭園によく使用される。
Photo_8       すぐ増えて 群生します
稀に太く育ったものは、幹を床柱として使うことがあり、鹿苑寺(金閣寺)の茶室、柴又帝釈天の大客殿などで見られる。
普通は箸にすることが多い。芯は黄色がかった色で、皮はザラザラなのを少し残して作ると風情があって俺好みだ。
葉は、南天葉(なんてんよう)という生薬で、健胃、解熱、鎮咳などの作用がある。葉に含まれるシアン化水素は猛毒であるが、含有量はわずかであるために危険性は殆どなく、逆に食品の防腐に役立つ。このため、彩りも兼ねて弁当などに入れる。もっとも、これは薬用でなく、食あたりの「難を転ずる」というまじないの意味との説もある。


こちらでは、赤飯には必ず入れてあるが、時折プラスチックの偽物が入っていることもある。

これは単にゴミになるだけなのでやめてほしい。

蘇鉄
根に根粒があり、藍藻類を共生させており、それらが窒素固定能を持つため、痩せ地でも生育できる。
Photo_14      大きくなると  芽ができて増える
葉先は鋭く尖り、刺さると痛い。だから手入れが大変です。

大きくなると、脚立に上り、古い葉は根元から全部切り落とさなければならない。
Photo_10         すぐ開きます  古い葉は切ってある

雌雄異株である。雄花は幹と同じくらいの太さの松かさを長くして、幹の先端に乗せたような形で、松傘の鱗片にあたるものの裏一面に葯がつく。
Photo_11      雌 花
Photo_12      雄 花  植物も動物も形は 似てる?

雌花は茎の先端に丸くドーム状に膨らみ、雌しべを個々に見ると、上半分は羽状複葉の葉が縮んだ形、下半分の軸には左右に胚珠が並ぶ。


家のは雄で、近所にあるのもほとんど雄ばかりです。

車でどっかへ出かけるおりには気にかけながら行くと時折雌株をみる時がある。
旧道沿いの田舎道で、100年以上昔から住んでいるような農家の庭先の日当りの良い庭にある。
分譲住宅にはまずない。
種子にはアゾキシメタンを含む配糖体であるサイカシン (Cycasin) を含み有毒であるが、澱粉分も多いので、皮を剥ぎ、時間をかけて充分に水に晒し、発酵させ、乾燥するなどの処理をすれば食用になる。
Photo_13       実


沖縄県や鹿児島県奄美群島では、飢饉の際に食料として飢えをしのいだとの伝承もあるが、毒にやられて苦しむ人が出て「ソテツ地獄」という言葉が生まれた。
種子から取った澱粉を加工して蘇鉄餅が作られた。
微生物による解毒作用を利用して無毒化された蘇鉄味噌は、「あんだんすー」の原料にもされる。

| | コメント (0)

« 2014年6月29日 - 2014年7月5日 | トップページ | 2014年7月27日 - 2014年8月2日 »