« 2014年7月27日 - 2014年8月2日 | トップページ | 2014年9月28日 - 2014年10月4日 »

2014年9月26日 (金曜日)

ホトケ とは そして カミ へ

江戸時代以降、死ぬと霊魂が〜〜という
儒教と古代神道や俗信などが混ざり

「死ぬと霊的死者になる」と信じられ
死にたくなかったというような、恨みつらみが荒れ狂った
「精霊」 や 「荒御霊(あらみたま)」になる状態を『ホトケ』  
と呼び忌み嫌っていたのです。

Photo


神道では50日祭、100日祭が鎮魂儀礼として行われる。

それぐらい経つと荒御霊も静まり、
「和御霊(にぎみたま)」 となるそうです。

和御霊になった霊魂は「カミ」 と呼ばれる。

鎮魂儀礼によってホトケからカミになると信じられ

今日もその名残りが残っており、私たちはそれに
振り回されているのです。

初七日、49日に「鎮魂儀礼」をします。

さらに、年忌法要という日本独自の風習があります。

素数の年か何かは分からないまま、流されて
50年も法要を行い、鎮魂に努めるのであります。

愚かしき行為と私は思います。

当たり前と思っていることを疑ってみよう。

明らめると別の物が見えてきます。

Ph_pe_07_03


今日は ここまで・・・・南無

| | コメント (0)

終活について   ご注意

 リビングウェルを書き終え、
エンディング・ノートの記入に取りかかったが、基本的な疑問が彷彿とし、書くのは中止した。

問題点について順次書く予定である。

リビングウェル(尊厳死)に家内の署名・押印を頼んだが無視されており、未だ未記入である。
とりあえず、自動車の免許証裏面健康保険証裏面「延命禁止」「尊厳死希望」を手書きしている。

終活はマスコミで頻繁に取り上げられ、一部ではビジネス化がみられるのは、やむを得ないのだろうか。
くれぐれも悪徳業者に注意されたい。

参考図書として、「ひろ さちや」さんの
『終活なんておやめなさい』
(2014年6月1日発行 青春出版社 ISBN978-4-413-21016-4 C02030  920円+税)
を推薦します。

私が思いがすべて書かれております。

位牌は儒教の産物だから要らない。

骨は焼き場で強火で灰になるまで焼いてくれたら、持ち帰らなくていい。
従って、納骨や散骨など無縁だ。

墓は要らない。(墓石は霊魂が出て来れないようにする重し石の意味がある。)従って、墓参りはしなくていいのだ。

葬儀は好きにしろ。(家内と宗派が違うので。)
あえて言うなら直葬が希望です。

遺言書は書かないので、もし財産(農地と宅地ぐらいしかない)などがあったら相談して納得して処理したらいいです。(相続放棄してもいいです。)

云々

| | コメント (0)

« 2014年7月27日 - 2014年8月2日 | トップページ | 2014年9月28日 - 2014年10月4日 »