« 草萌える春 人の心は 自己中 | トップページ | 書家  岡本光平氏が寺の襖に »

2015年3月30日 (月曜日)

山下一仁さんがNHKから外された??

農政はデタラメな状態である。
直ちに減反廃止し、耕作農家にEU,USのように補助金を直接支払いすればいいのに、なぜしないのか?

長州のドンはJA改革したとうそぶいている。

昭和31年の第1次農業改革にあたって、農家の代表と話し合う必要ができたので、全国農業会議所(農地法を死守し、昔の栄華よ再びと願った国家集団)が無理やり昭和29年に全中を作り、会議所の下位メンバーに加えた。
その全中を潰して喜んでる様はいとおかし。

首吊り自殺したとされた?中川一郎氏が浄土から観ていますよ。

さらに、息子の中川昭一氏は酩酊状態で記者会見した咎で辞職し、間もなく家で倒れ死亡。
酩酊状態なら記者会見は回避するのが常識でなのに財務省の役人は無理やりやらしたとしか考えられない。
しかも、回避するという判断が賢明かつ酒豪の中川大臣ができないほどの状態というのは不自然である。

G20前にUSから国債を押し売りにきたのを、決然とNOと言った直後の事件である。
大臣についていって、判断を失った大臣を無理やりマスコミの前に晒した役人は帰国後USへ栄転して国外へ消えた。

昭一氏の奥さんがキスしていたのは復讐ではないのかしらん。
そんな疑問を抱いても不思議ではない呪われた中川家の出来事である。

委員会で謝って終わり、与党は未亡人を引きずり下ろさないのも不可思議である。

NHKラジオ「今日の経済展望」のメンバーがかなり増員し30名となった。
そんな中で、衆議院の公聴会で正論を吐いた山下氏が外された。

3月3日の放送「農業と農政の課題」を読まれたい。

ついでに、山下氏の最新リポート  WEDGE Infinity に掲載(2015年3月20日付)も読んでください。
    「農協栄えて農業衰退」からの脱却を-農協改革をこれで終わらせてはならない-

2030年の減反廃止では遅過ぎる。

選挙のための補助金を止めれば、消費税で落ち込んだ景気も米価の引き下げで持ち直す可能性もあるのだから。

|

« 草萌える春 人の心は 自己中 | トップページ | 書家  岡本光平氏が寺の襖に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 草萌える春 人の心は 自己中 | トップページ | 書家  岡本光平氏が寺の襖に »