« 山下一仁さんがNHKから外された?? | トップページ | 国のチマチマした経費削減対策 »

2015年3月31日 (火曜日)

書家  岡本光平氏が寺の襖に

前衛 書家 岡本光平さんが四国88ヶ寺の74番 甲山寺の客殿で1200年記念の一環として 空海が書いていた 飛白体文字を襖に書いていると新聞記事にあった。

寺の話では5月下旬頃から一般公開するようです。

飛白体は古くから書かれていた文字で、空海は唐から帰って後年、書いている。
僕は違和感を覚えるが、岡本さんの飛白体を見たいのでその日まで死ねない。

更に、益田池碑銘の文字はおどろおどろしくて僕は好きだ。
空海は新しい文字を探し求めていたように思える。

カタカナは空海が作った説があるが、偉大さゆえの俗説らしい。

待てない方は、三越で展覧会をみませう。

岡本光平現代書展「空と海の物語 vol.2」
~高野山開創1200年記念~
2015年4月7日~13日 in 高松三越美術画廊

四国八十八ヶ所開創1200年から高野山開創1200年を迎えるにあたり、シルクロードの“こころ”の終着駅はまさに空海の開いた高野山にあると思われます。  
シルクロード文化から天才空海を見直すと国際的とは何か、日本の奥深い“こころ”とは何かを教えてくれるようです。
空海の書とシルクロードを道標に、その無限蒼空の志操に想いを馳せた作品約40数点を展覧いたします。

2015takamatsu1

2015takamatsu2

また、本山寺において講演会があるようです。

墨と和紙は、日本人の精神世界の原点を象徴するものだと言えましょう。
墨はただの黒ではなく「玄の階調」であり、
豊かな想像力を喚起し、また静謐の心を養ってくれる究極への誘いです。

2015kouenchirashi

私は 空海の益田池碑銘の文字に惹かれるので是非とも行きたい。

写真、文は岡本さんのHPから無断転載した。これは犯罪だ。

|

« 山下一仁さんがNHKから外された?? | トップページ | 国のチマチマした経費削減対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山下一仁さんがNHKから外された?? | トップページ | 国のチマチマした経費削減対策 »