« 2015年4月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年5月21日 (木曜日)

株価が再度2万円を超えたが?

株価は日経平均で表示される。
ご存知のように上場会社の中から225社を選びその株価を平均したものです。
そして、定期的に?会社の入れ替えが行われる。
2014年4月15日に30銘柄が入れ替えられた。
除外されたのは低位株で、替わりに入ってきたのは株価が高い銘柄ばかりでした。

それでもまだ低位株が残っておりますが、採用30銘柄の株価合計と残った195銘柄の合計がほぼ同じになる現象が起こりました。
異常な状況です。

「株が上がり景気は上向いた」と政治家、評論家が言うのはカラクリを説明しない嘘ですからご注意を。

地味な会社の株を持っているんだが上がるどころか下がっているとお思いの方は相当数いるはずです。

今日も株は上がり、利益確定で外人が儲け3時には6円高で終わりました。
1株万円以上あるいはそれに近い「値がさ株」が上がったり、下がったりしており、地味な株は売られ下がっています。

日本の景気が良くないのは株を見てもわかります。

差別化がますます酷くなる。
作られた数字にダマサレルナ!

| | コメント (0)

憲法9条保守の野党VS秘密の与党

国会で党首会談が始まり、アメリカとの交渉内容を明らかにせよと野党は連呼している。

政府が秘密裏に約束したことを公表したら日本は他国から信頼を失う。
政府が間違った約束してきても国会でかろうじて止めることしかできない。
外交、政治とはそういうものなのです。

戦争がはじまったら?  9条が無視されたら?  心配な人は多いだろうが選挙で選ばれたのだから仕方がないのだ。

それが民主主義だ。
もし、野党が政権を取っても同じことがおこるし、そうするのが政治だ。

あまりにも理不尽ならば国民がデモをやるしかない。
テロをやるのは卑怯だ。

日本は独裁の国でないと思っているが、政治特に外交は秘密が必要悪なのである。

もし、透明が身上の政治家がいたら落選するか、葬られるだろう。

| | コメント (0)

2015年5月 6日 (水曜日)

憲法記念日に於ける9条改正問題

敗戦及び独立後に憲法を日本で作り変えなかった政府の弱腰が9条の超越拡大解釈となっている。

 自立しようとしない政府のもとでは自衛隊はアメリカの傭兵になるだけだ。
 さりとて、アメリカに逆らえば大臣であろうと暗殺される恐れがあり、長州の安倍氏は沖縄県民の意志さへ伝えていない。
奴隷国の避難は免れまい。
  
  なあなあ主義の日本が自ら撒いた種が憲法解釈の原因である。 
 自衛隊は韓国軍の二の前になること必定。

  一昨日のBSフジの「三島由紀夫」を観ました。
多大の影響を受け共感することの多い方でした。映画「憂国」で予告した通り自衛隊市ヶ谷で自害なされました。
 盾の会は民兵、すなわち高杉晋作の奇兵隊のようにしたかったのだが、民衆はついてこなかった。
 明治維新に例えると、幕府方は自民党政府であり、アメリカのお仕着せあの憲法を変えるでもなく解釈で対応しようとする腰抜け状態が今日まで続いている。
  自衛隊はアメリカの傭兵であり、まさしく韓国軍がベトナム戦争に駆り出されベトナム人に理不尽な行為をした。
 いずれ日本も同じようになる危惧から三島由紀夫は市ヶ谷で自害した。成功するとは三島由紀夫も思っていなかった。100年後私の行動が分かるだろうと遺言している。

  吉田 茂総理の汚点はサンフランシスコ独立のあと自国の憲法は自国で作るといわなかったことだ。
  
 ドイツは無条件降伏していない、憲法、文化、教育制度はドイツが作ると決然と明言した。
 見習いたいものである。

| | コメント (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年9月 »