« 2015年10月4日 - 2015年10月10日 | トップページ | 2016年3月13日 - 2016年3月19日 »

2015年11月 4日 (水曜日)

11月4日は 原 敬暗殺事件

私の尊敬する原敬(はら たかし)は、1921年(大正10年)11月4日、当時の首相原敬が、鉄道省山手線大塚駅職員の右翼青年・中岡艮一によって東京駅乗車口(現在の丸の内南口)で暗殺(刺殺)された事件。
満65歳没。
墓所は盛岡市の大慈寺。
250pxtakashi_hara_formal
犯行の1カ月前、中岡と上司・橋本栄五郎との政治談義の中で原政治の批判になり、
橋本が「今の日本には武士道精神が失われた。腹を切ると言うが、実際に腹を切った例はない」というような主旨のことを言ったのに対し、
中岡が「腹」と「原」を誤解し、
「私が原を斬ってみせます」と言明したという。
このため、橋本のその言葉が事件の直接的なきっかけとなったとして、橋本も殺人教唆の疑いで逮捕されたが、判決は無罪であった。
300pxthe_scene_of_hara_takashi_assa

200pxtoukyousta_img_0672_2
Assassination_from_takashi_hara_in_
原 敬(安政3年2月9日(1856年3月15日)〜大正10年(1921年)11月4日)
出生地 陸奥国岩手郡本宮村(現・岩手県盛岡市)で盛岡藩士原直治の次男として生まれた。
大正7年(1918年)に徳川方初の総理大臣に就任。
爵位の受け取りを固辞し続けたため「平民宰相」と渾名された。
選挙制度、教育普及に努めた。
国会議事堂の建設に着手。
死後は一個人として扱うよう妻に言った通り自宅にてしめやかに葬儀を行った。
200pxtakashi_hara_family

| | コメント (0)

2015年11月 3日 (火曜日)

気になる言葉  文頭の「なので」 NHKへの質問から

最近気になる 文頭の「なので」 
2008.06.01の問い合わせに
NHKの回答は、
ご意見・お問い合わせ 「文中ナノデ」が先で「文頭ナノデ」は、ぞんざいだけれども、堅苦しすぎず、中間的な場面で使われているようです。と解説がありますが、・・「なので」、使い方にはくれぐれも注意してください。
 と答えられています。
【以下、私の質問】
  されど、最近では、使う人が増えております。
原稿を読む「ニュース」では使われておりません。さすがNHKだと思っています。
また、アナウンサーからはほとんど聞きませんでしたが、最近気になるほど、アナウンサーが「なので」を連発しております。
 元祖?は大卒の野球解説の小宮山さんですが、今日の「あさイチ」の男性アナウンサー二人とも「なので」を連発しております。
NHKは「なので」を解禁したのですか?
【NHKの回答】
NHKの番組をご視聴いただき、ありがとうございます。
お問い合わせの件についてご連絡いたします。
「なので」には2種類あり、「危険なので、避難してください」のように1つの文の中で使われるもの(「文中なので」)と、「危険です。なので避難してください」のように、前の文を受けて次の文頭で使われるもの(「文頭なので」)とがあります。
 
ことばが生まれた順序としては「文中なので」が先で「文頭なので」が後です。
このうち「文頭なので」は、使われ始めてからの歴史が浅く違和感を覚える方もいます。
これとよく似たことばに「なのに」がありますが、これは割合昔から「文頭」にも使われてきています。
もちろん、「なので」を文頭に使うのは、本来の使い方ではありません。
しかし、この傾向は、最近若い人を中心に急激に増えています。
NHK放送文化研究所の2008年のアンケート調査でも、
10代は69%、20代は67%、30代は56%の人が「言うことがある」と答えています。
この割合は、40代48%、50代36%、60代以上28%と年代が上がるほど少ないという結果が出ています。
言語学者も、その原因をいくつかあげています。
・英語のように、結論を先に述べる。
・長い文を敬遠し短く言い切る。
・「だから」と言い換えると少しぶっきらぼう。
・「ですから」と言い換えるのは堅苦しい。
従って少し丁寧な感じがして目上の人にも使いやすい等々。
辞書の中にも、既に「接続詞」として取り上げて、下記のような用例を載せているものもあります。
・三省堂国語辞典:(接)「私はひとりっ子でした。――父はあまかったです」
・新明解国語辞典(三省堂):(接)「外で食事は済ませてきた。――今は何もほしくない」
時代とともに変わることばの宿命として、
「だから」「なのに」「ならば」「でも」「だって」等と同様に、「なので」が市民権を得るのもそう遠くないかもしれません。
 この用法を放送でどのように位置づけるかですが、
改まったニュース原稿の本文では、まだ使用しないほうが良いと考えますが、会話やフリーのトークの中で禁止にすべき誤用とまでは言えないと考えます。
 ただし、まだ違和感をお持ちの方がいらっしゃることを踏まえ、このことばの使い方については、注意したいと思っております。
どうぞご理解頂きたいと存じます。
今後とも、NHKをご支援いただきますようお願いいたします。
お便りありがとうございました。
NHKふれあいセンター(放送)

| | コメント (0)

第2次大戦終了前からの戦勝国の行動

第2次大戦終了前からの戦勝国の行動を簡潔にまとめようと試みてみよう・・・
① UKとソ連が会談
 ポーランドを東へ移動する。
② カイロ会談
 UK, US, ソ連、支那(蒋介石)
③ ヤルタ会談
 UK, US, ソ連
 が勝者の分割について協議〜北海道はソ連が取ると合議したが、UK, US,は共産主義を敵とみなし、チャーチルとルーズベルトは北海道はソ連にやらない密約をした。
・1945.4.21ルーズベルト死去
 次の大統領のトルーマンはチャーチルとの密約はこの時点では知らなかった。
・1945.4.25 US連合軍とソ連がエルベで出会いドイツは負けた。
・ソ連軍は日本との不可侵条約を破棄し日本と戦うため東へ移動。
④ポツダム宣言
 7月16日 USの原爆完成。
 大統領はこの時チャーチルとの密約を知る。
 
・ソ連軍は関東軍の手薄な満州国へ大群でなだれ込み、樺太から韓国まで脱兎のごとく進軍することは予想できた。
 ソ連もUS同様ドイツの化学者を拿捕し、原爆を開発していたが濃縮ウランはドイツから西へ運びUSに届いていたため、原爆は完成していなかったことをUKは知っていた。
・猛烈に進軍するソ連を脅す手段として8月6日ウラン型原爆を投下。8月9日プルトニュウム型原発を長崎に投下した。
USは全部で10都市へ投下する予定であった。京都などは木造建築の町なので、原爆の威力を見せつける最適の町であった。
余談;宝物が多いので最後に回したという噂もある。裏付けとして、爆弾投下は名刹や神社を避けている。ボストン美術館に日本の国宝がなぜあれほどあるのか。また、刀類は赤羽のトンネル内に隠し保管していた。その中から良い出来の刀を選んで研いだものを「赤羽刀」と呼んでいる。
・8月9日ソ連は不可侵条約を破棄し満州からなだれ込んだ。
 57万5千人がシベリア抑留となり、6万人はシベリアで死んだ。
 8月14日ソ連のスターリンは北海道分割しソ連に渡す約束したヤルタ会談の内容を文書にするようUSのトルーマンに要求するも、USのトルーマンは拒否した。
14日、日本から降伏の連絡があり、原爆の脅威をソ連に見せつけていたから強い態度で拒否できた。このために、原爆が投下されたのである。
USと日本の犠牲を減らし、早期に戦争を終わらすために原爆投下したという理由は後付けである。
 後年、ビキニ環礁へ日本海軍の船70隻を集め、原爆1発で破壊し、ソ連への見せつけに利用した。
・朝鮮半島は38度線でソ連とUSで分割占領することを約束した。
・ソ連は日本侵略を止めず、樺太から千島列島を制圧し、9月中旬、北海道へ上陸する寸前に連合国側から停戦命令が出た。
・8月30日マッカーサー厚木基地へ着く。
・9月3日 戦艦ミズリーにて降伏文書に署名。
 この時点で日本の敗戦が正式に決まる。
・1948年8月29日 ソ連が原爆実験成功。
・1950年6月25日 朝鮮戦争勃発。
 以降は後日へ
 
 

| | コメント (0)

文化の日と憲法

Photo
11月3日は「文化の日」として日本の国民の祝日の一つである。
文化の日は、国民の祝日に関する法律によれば、
「自由と平和を愛し、文化をすすめる」
ことを趣旨としている。
また、11月3日は1946年(昭和21年)に日本国憲法が公布された日であり、日本国憲法が平和と文化を重視していることから、1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法で「文化の日」と定められた。
日本国憲法は、公布から半年後の1947年(昭和22年)5月3日に施行されたため、5月3日が「憲法記念日」として国民の祝日となっている。
祝日法制定当時、参議院文化委員長として祝日法制定の際中心的役割を担った山本勇造によれば、元々、憲法発布は11月1日の予定であったが、施行日がメーデーと重なるという理由で直前に11月3日に変更されたのだという。山本ら参議院側は11月3日を憲法記念日とすることを強硬に主張したが、GHQ側が、11月3日だけは絶対にだめだと主張し、衆議院が5月3日を憲法記念日とすることに同意してしまい、参議院側が孤立する事態になった。
そのとき突然GHQ側から、憲法記念日という名でない記念日とするなら何という名がいいか、という話を持ち出してきたという。
① GHQが、11月3日だけは絶対にだめだという理由。
 1911年(明治44年)までは天長節(ご生存中)、
 1947年(昭和22年)までは明治節(亡くなられてから) として、明治天皇の誕生日による休日となっていた。
② 明治天皇(嘉永5年9月22日(1852年11月3日生まれ)から明治45年(1912年)7月30日没)は、日本の第122代天皇。
③ 祝日法は「祭日」の概念を採用しない。よって、国民の祭日はない。
④ 文化にちなんで、11月3日は、「まんがの日」、「レコードの日」、「文具の日」でもある。

| | コメント (0)

« 2015年10月4日 - 2015年10月10日 | トップページ | 2016年3月13日 - 2016年3月19日 »