2015年4月18日 (土曜日)

北野武監督の老人映画を見ろ

北野武監督が、引退したヤクザの元組長とその子分たちの活躍をコメディタッチで描いた作品。

老人は、俺もそうだが、夢、希望、金、体力・・なんにもないのだ。
だから、恐ろしいものないのだ。
老人をバカにしてると恐ろしい目に会うぞ。
・・・と北野武の持論で大昔から言っていたが、ついに己も老人になったので観念して映画化したんだろう・・さ。

Poster2

北野組初参加となる藤竜也を主演に、近藤正臣、中尾彬、小野寺昭ら平均年齢72歳のベテラン俳優陣が主要キャストとして顔をそろえた。

金も居場所もなくなり、毎日くすぶった生活を送っていた元ヤクザの元組長、龍三。
ある日オレオレ詐欺にひっかかってしまった龍三は、詐欺で人々を騙す若者たちを成敗しようと、昔の仲間を呼び寄せて世直しに立ち上がる。

| | コメント (0)

小林正樹監督の「切腹」を観たか

主演は仲代、岩下、石浜、赤揃えの井伊家の方は、三国、丹波、風車のヤヒチ・・

監督は鬼の小林、新人の仲代主演で「人間の条件」を撮った。
白黒でワイド、武満徹の日本的な音が流れる中、淡々と進んで行く静けさが良い。

いまの時代では受けないかもね。
D0188185_8463799

Harakiri_40
まあ、仲代の目力は素晴らしく画面を引き締めている。彼に勝る役者はいまはいない。
時代は大坂夏の陣から16年後江戸時代初期の設定である。
小道具さんはまず刀の選択をきっちりされていた。

刀は戦国時代は馬に乗るため刃を下に2本の紐で吊り下げていた。柄は〜右手に血刀左手にたずな〜と歌われているように片手で扱いやすいよう反りが強く、皮、金属などで戦が終わってから紐巻きの柄が普通となった。
小林監督のなかで所持している刀はまだ戦の名残が残っている物が垣間見られた。時代考証と小道具さんの、さすがと唸らせる仕事である。

参考:刀、槍や鉄砲などの武器については、江戸幕府の命令により長さ制限、藩における所有数などが細かく定められた。内乱防止のためである。
刀については長すぎる物が多く(馬上から使うので長い必要があった)柄の方から詰めて短くし、柄の留め釘穴を開ける処置がされた。それがため、刀剣の写真を見ると、古刀はほとんど2穴である。

この映画はカラーでリメイクされている。
78c16c80b11dc8352d241cd4d4098417
いつどこで見たのか忘れてしまったが、静の部分が素晴らしいのに表現できていなかった。
ラストのチャンバラはカラー版は派手にやってました、チト、ヤリ過ぎは見苦しさに通ずるのだ。
刀の時代考証は見ていなかった。


| | コメント (0)

2015年4月 3日 (金曜日)

「浪人街」を観よう 

「浪人街」
BSプレミアム4月9日(木)午後1:00〜2:58

昭和3年のマキノ雅広監督作品のリメイクである。
当時は無声映画だった。ニトロのフィルムを何度も使い回しているので濃淡がなくなる。
俺の好きな山中貞夫監督(赤紙で支那へ行き24歳病気で亡くなった。)の作品もほとんど残っていない。

戦後、GHQによってチャンバラは禁制であった。

時代物は「雨月物語」、「山椒太夫」(朝ドラにでてるような揚げ浜塩田でこき使われる)などの昔話から、やがて30年代の映画全盛時代となり、チャンバラもリアルさを目指した作品が増えた。

火付けは黒澤監督だろう。その後「切腹」「十三人の刺客」とますますリアルと残酷さがエスカレートし、カラー映画になると血しぶきがあまりにも酷くリアルさと共にチャンバラ映画が終焉を迎えるとは 「チト 皮肉ダ」。

そんな最後に近い作品が1990年の「浪人街」である。
監督は「戦争3部作」を撮り終えて亡くなった黒木和雄である。

81lxeicjlpl_sl1267_

彼はロマンポルノでスタートし、才能を見出した伊丹十三、原田芳雄、石橋蓮司、勝新太郎などが友情出演している。

 この作品の前に白黒で原田芳雄、石橋蓮司で「龍馬暗殺」(傑作です)を撮っている。俺は2本とも映画館で観た。

516i0tgdqtl

「浪人街」は映画の父と言われる御大のリメイクなので黒木色を出すわけにはいかない苦労があったと思われるが、勝新太郎のコミカルな味を引き出しているのは、共演の原田芳雄、石橋蓮司の気心は監督と共有しているからかもしれない。

コミカルさは無声映画の持ち味である。
そして、リアルな大殺陣のため、名カメラマン宮川一夫が特別参加したクライマックスの大殺陣(たて)シーンは凄い。

【総監修】
マキノ雅広
【監督】
黒木和雄
【撮影】
高岩仁
【出演】
原田芳雄、樋口可南子、石橋蓮司、杉田かおる、田中邦衛、勝新太郎 ほか

蛇足: 「浪人街」は映画会社が記念碑てきに作ったので、系列映画館で上映し、VTRを出し、近年DVDも安い価格で出している。

かたや、「龍馬暗殺」はATGでしか見られず、その後ATGは倒産したのでDVDの値段はプレミヤつきで、新品で8000円するのでは買えない。

映画などの保管は政府が中心に行っているのは先進国である。US, EUなど。

我が国はフィルムライブラリーがあるが、予算不足か見られない作品があまりにも多い文化後進国である。

| | コメント (0)

2015年1月 8日 (木曜日)

TVで映画を観よう お薦め

新藤兼人監督の遺作「一枚のハガキ」がNHK BSプレミアム  1月13日(火)午後9:00~10:56 で放映されるので観よう。

今なら NHK のHPの映画案内
http://www.nhk.or.jp/bs/t_cinema/index.html
に出ています。

29721670000_l

この映画は2012年に100歳で亡くなられた追悼を込めてTV で放映されたことがある。私が見たのだから間違いない。
2011年製作で映画館でも見ましたが、再度見たときは新たな出会いがありました。

新藤兼人は原作・脚本・監督を兼ねている。
音楽は林 光。

自身の戦争体験が込められた作品でしょう。
遺言だ。

監督は音羽さんと同棲していた。お互いに同士と読んでいたそうだ。
左翼なので勲章など無縁、近代映画協会という独立プロを立ち上げた。独立プロで映画を作るためには資金が必要だ。
監督は脚本を書きまくり資金作りをし、侘しいセットやロケで黙々と撮り続けた映画人生を全うした凄いお方だと思う。

この作品も経費からカメラ1台?で絵が作られていると思う。

例えば、在郷軍人が派手に出兵を祝い、画面左へ消えていく。
カメラは動かない。
やがて、画面左から遺骨を持って出て来る。
この、シーンを見て故山中貞夫監督を思い出した。

将来有望な彼は「日本監督家協会」を結成した直後、支那へ出兵し病で24歳で亡くなった。
彼の手帳には次回作のアイデアが書かれてあった。
その最後に「人情紙風船が遺作デハ、チト寂シイ」と書かれていた。
生きていれば世界でも一流の監督になっていたでしょう。
小津、黒澤などライバルではないと思わせるアイデアと行動力があった。

低予算の映画は、細かなカット割りがなく俳優は固定カメラに人物がかぶらぬよう演技しなければならない。
そして、ギャラは安い。

こうした経費のない映画に出る俳優は総じて演技力があり、監督の意図を見抜いて短時間で撮影が終わるよう準備怠りない俳優ばかりである。
興行的に儲かる映画ではないから尚更である。

戦争は過酷である。
戦って死んだのなら無理やり諦めもつこうが、殆どは病死、輸送船が魚雷でやられて沈没死、餓死、等々である。

故 高田 渡の「自衛隊へ入ろう」を聴きたくなったぜ。
    ・・・・花と散れ・・・・の歌詞があるのに PRソングにしたいと 隊から申し出があったが、むこうから取りやめの申し出がありhappy01・・・・・発売禁止レコードとなったのは言うに及ばず。

| | コメント (0)

2014年11月 5日 (水曜日)

野球のシーズンは終わりました

MLBはSFが勝った。

MVPはピッチャーがもらいましたが、影の活躍者はPenceだと僕は勝手に思っています。

Hunter_pence
MLB.com にプレイの動画があると思います。
You Tubeで探せばありますので ぜひみてください。

常に全力でプレイする姿勢には感心する。

大差で勝敗が決まったような試合でも全力プレイなのは、今してることを大切に思っているからだと思う。

パンツを膝上にたくし上げるのは走るのに違和感があり、膝を抵抗なく動かすためだと思うが、スライディングで怪我する心配がある。
彼は選手寿命よりベストを尽くす方を選んだのだと思う。

これで28歳なのです。

ついでに、KC vs SFの使用球を写真に載せる。
Pmlb219566039dt

日本もこれぐらいの仕掛けはやってほしい。

| | コメント (0)

2014年10月 5日 (日曜日)

MLBのせいでYVから離れられない

MLBのTV放送が切れ目なく次から次へとあるので毎日TVから目が離せない日々が続いている。

放送料が最大限穫れるよう
 ワイルドカードをALDS,  NLDSを1日ずらし、勝ったチームは地区シリーズに備えて移動するが、TV放送は連日だ。

時差を利用し、東部の試合が終わる頃
西部の試合が始まる。
日本は朝から夕方までだがアメリカでは録画しているのだろうか
ケーブルTVが普及しているので局で録画した試合の観放題でしょう。
300x250_mlbtv2014_mlb_intl
MLBでは放送料は各チームに分配している。
だから、最大限の努力をしているのだ。
ナイターですべきところを中部地区では時差を利用できないため
平日にも関わらずDAY GEMEにしてしまった。
徹底している。

新人選手指名は、30チームの弱い順に行っている。
数年後は戦力伯仲で面白くなる。
日本は無駄な籤引きをやっている。

方や、日本では放送局・新聞社を持っている 読売Gだけが
1人だけ儲けているが、金で他球団の4番打者を釣り上げても
野球人気は年々落ちている。
かつては毎日、東京読売Gの放送があったが激減した。

コミショナーさんは名誉職ではなく利益を出す経営者ですよ。

ファールボールをMLBなみにしてくれたダイエーの中内さん、日ハムの
大越さん、数球団をレベルアップした強面の根本さん、監督は

性に合わぬとコーチにこだわった中西さん・・・・奇特な人材が必要です。

蛇足:日本では優勝して泣きまくる選手はおろか監督まで泣いてる。
MLBでは
観たこと無いです。
監督はいつもポーカーフェイス、アンパイヤに怒る時は烈火の如くが必要
条件です。
MLBの監督や選手も泣きたい時もありますが他人に弱みを見せぬ
のがサムライなのではないのかしらん?

夢を与えるのがグラウンドに立つものの定めなのだから。

MLB  HP
http://mlb.mlb.com/home
をみて マー君・イチローのヤンキースはNYY,松阪のいるメッツはNYM・・・・
と町の名を覚えよう。

サッカーでは町の名が定着しました。
NHKがヤンキースと読んでいるしデータボタンの表示もチーム愛称だ。

今日はNHK  BS1のサブチャンネルでも放送切れになった。
NLDS 2戦 SF vs WSHが延長18回2:1  SF 勝ち。
オクトーバーで18回までいったのは記録のようです。

| | コメント (0)

2014年3月28日 (金曜日)

「VTRスタート」って司会者が言ってるが?

今時VTRなんかでHD , 4K の録画再生をやっていないでしょう。
テレビ局が外で取材するカメラの記録媒体は、大昔は普通の外付けVTRでした。肩から重いVTRさげて重労働でした。
その後、小さなVTRに変わり、カメラ内蔵となりました。
DVD内蔵、外付けとあったようですが、回転系媒体は振動に弱く短命だった。
今は、メモリーと外付けHDの併用だと思う。違っていても、責任取りません。
だのに、MCは「VTRスタート」と大昔の合図を言っている。
だから、今もロケで「VTR」に記録していると思っている人が意外とたくさんいます。

僕もAMPのSW ONのことを「火を入れる」と未だに言っております。
どこかの時点で直しておけばよかったのに・・・。

SONYの業務用をながめていたら「真空管のコンデンサーマイク」が現役であるのです。
なんか、ほっとします
値段見て目が覚めた。 定価68万円也。

C800g_9x680000en

| | コメント (0)

2014年3月16日 (日曜日)

映画「Fire By Louboutin」を見た

壱昨日は奇特な映画館へ封切りを鑑賞に参りました。
フランス映画「FEU」、客は女子2名と俺だけで、ワーナー方式と違う3Dを観た。
推薦します。
12401413
パリ・ナイトショーの最高「クレイジーホース」の舞台が映画になっているのだよ~ん。
感じるショー。
連れて行くのは、美の向こう側―。

ピンヒールのデザイナー「ルブタン」「服を脱がせる靴」を追い求めている「いかれた」おっさんだ。

踊り子はバレーで鍛えた最高の熟女(熟練した女)たち。
歩く時はつま先だけで歩き、手足の先まで神経を使ってるのでクタクタになる。
身長、肉の付き具合も皆んな揃っているし、動きもセクシー。
だけど、下品じゃない。文化の域に達している。

足フェチの俺には最高だった。
特に始め当たりにでてくるガラス越しで下から彼女達をカメラが嘗めるように靴底から見上げるカットは、ある日本の漫画家の夢だそうだが俺も好きだぜ。
あのカットは、靴のデザイナー「ルブタン」の視線なんだと俺は思っている。

彼は、パリコレのデザインを作る時の動作があの視線なんです。
かつて、TVでデザイナーの苦闘を描いた放送を見ました。
奇抜な靴のデザイナー「ルブタン」の奮闘ぶりはモデルが靴を履いている地面に這いつくばり、靴と足の筋肉などの動きやラインを脳裏に刻み込みながら作業していたシーンを覚えている。
「ルブタン」の靴は履きにくそうに思えるが、モデルの足に会わせて作るので実に履き易いと語っていた。

夫婦or彼女と観て、あとはご自由に。
40歳以上の方は、多分ヘルシーなレストランで反省会になると思う。
彼女達を観た後で、だらけた家内や腹が出て筋肉が落ちた自分たちに会いたくなくなるから。

 全国公開は昨年12月なので??香川県は昨日から

予告編YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=amIOFrrNLLY
http://www.youtube.com/watch?v=-5xBvyXeDvw

メーキング(努力と根性?)
http://www.youtube.com/watch?v=pfLqvgWmCb8

授賞式(女性に大人気。日本では考えられない。)
http://www.youtube.com/watch?v=JXVm0yoWcoE
     
 ストリングス(ひもパン、タンガ)の履き方がいいのだ。
 ストッキングの位置、網の場合の大きさが足下に下がって網の目が小さくなるバランスがさすがデザイナーと思う。

 映画以外のYouTube
http://www.youtube.com/watch?v=Phc6_raUBvk

下着(衣装)を美しく履くのは難しいのです。

産まれた時から身についていたかのような感じが理想だ。
緩すぎるとサイドの紐が下がり、水平近くになるとユルユルで、だらし無くみえるし、
逆に骨盤より上まで上げすぎると、サイドも股間も食い込みすぎて肉体と衣装が離れて一体感が薄れる。
彼女が動いたとき、少し食い込み感がでるあたりがいい案配なのです。
今まで、こんなに奇麗に履いた女たちを見たことがない。

若い子はストリングスやタンガを履くのを嫌らしいとは思っていない。
下着がモコモコしないしヒップに下着のラインがでないので、和服を纏うときのやうに履かない彼女もいるが、汚すことが気になったり、履いていないという羞恥心から興奮するなら履いた方がいいと考えてのことだろう。

女は昔から股間を塞ぐのは生理のときだけであった歴史が長く、昔の海女、特に舳倉島の海女さんたちは労働着としてしか意識していない。

また、男性用のストリングスがある(バレータイツの下に履く、あるいは彼女に見せるため)が、男は前に道具があり、大きさが様々なのでピッタリしない。
緩すぎるとはみ出るし、だらしない感じとなる。
前の生地で押さえつけようとすると、サイド、股間が食い込んで辛い。現状ではボディビルダーが履いているタンガ・水着スタイルが最上だろう。
ボディビルダーは股間が目立たないよう、マッサージして自然なもっこり感がでるよう努力しているのです。
魔羅の形がでる場合は野球などで使用しているカップ類を入れて対処している。

一種類の下着でいくらでも話題がでてくるのは僕が変態でしょうかしらん。

ついでに、褌は下着か?
相撲がかつてハワイ巡業へ行ったおり、卑猥だということから海水パンツの上から褌をつけたが、今ではそんなことはないでしょう。

日本の祭りは褌で溢れています。
先日は岡山 西大寺で宝木を取り合う「裸祭り」があり、昨日TVで再放送がありました。
褌にも種類があり、履きこなすのも実はたいへんなのだ。
以降は、折りをみて。



   
 

| | コメント (0)

2013年12月29日 (日曜日)

映画 蠢動 を観た

かつて16mmの映画を、再度作り直した。
今はデジタルなのでフィルムより安く作れるし、色合いも操作できる。

チャンバラ映画、時代劇の名作が近年なく 自らの過去の16mm映画を作り直した。

タイトルは「蠢動」は(しゅんどう)。

和太鼓と白くくすんだ冬空の山陰のとある藩の出来事で、悪人はいない。
武士道がぶつかり合う。
Scan0003


| | コメント (0)

2013年8月11日 (日曜日)

「風立ちぬ」と「かぐや姫の物語」

ジブリを作ったのは宮崎と高畑だが、育てたのは鈴木でせう。

数年前「宮崎の絶筆」をPRして儲け、いまも「風立ちぬ」を作っている。
挙げ句、映画祭に出すというからすごい手腕だ。

話題にと期待せず「風立ちぬ」を観に行ったが、少し眠ってしまった。
いびきをかいてなければいいのだが。
戦争のことは、天界での話で終わりとしている。
Img_1157895_68034764_0300x213_2

Img_38364_11102660_0_2
     張り切ってる宮崎さん

「風立ちぬ」の予告で高畑の「かぐや姫の物語」がでたが、TVの予告とは全く異なる斬新な映像だった。

マイペースで僕とウマが合いそうな高畑さんのことだから、今年秋公開とでたが来年になるやもしれぬ。
出来るだけ凝ってもらいませう。
Tky201302040681500x352_2
     姫のおかした罪と罰・・・とは?
宮崎アニメで儲け、高畑アニメで損を出しつつジブリはゆくでせう。
どんな理由か知らねど、高畑はべつに事務所を構えている。

寡作な監督もいる
小栗 康平(おぐり こうへい、1945年10月29日 - )だ・・・
Pht_main03
映画はこれまで
『泥の河』1981年。
『伽倻子のために』1984年。脚本兼任。
『死の棘』1990年。脚本兼任。
『眠る男』1996年。脚本兼任。
『埋もれ木』2005年。脚本兼任。

の5本で、いずれも内外の映画賞総なめ状態ですが、
「今は別のものに興味がある」といっているようです。
惜しい。じつにもったいない。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧