2016年5月 2日 (月曜日)

神社の迷宮

神社の迷宮

 週間ダイアモンドより抜粋

約10万社が存在するといわれる神社界で、優勝劣敗の二極化が進んでいる。ピラミッドの頂点に立つ伊勢神宮は、政財界との太いパイプを駆使してパワーを発揮している。その一方で、“名門”でありながら経営難に悩む神社は少なくない。国民の神社や神道に対する意識が薄れつつあり、廃業する神社も後を絶たない。神社は迷宮に迷い込んでしまったのだろうか。

全国10万社の頂点に鎮座 比類なき伊勢神宮の威力

 安倍晋三首相の鶴の一声で開催地が決まった伊勢志摩サミット。開催を5月末に控え、カウントダウンが始まっている。

 水面下では、サミット参加国の首脳が、そろって伊勢神宮へ参拝する段取りで交渉が続けられている。そうなれば、世界の視線が、伊勢神宮や日本の神道へ注がれることになるだろう。

 桜の花びらが舞う3月末、伊勢神宮内宮では、テロへの警戒のため、普段から警備を担当している正職員の衛士に加えて、多くの警察官が動員されていた。

 20年に1度──。伊勢神宮には、持統天皇時代から1300年もの長きにわたって受け継がれてきた「式年遷宮」と呼ばれる神事がある。20年ごとに、社殿を新たに造営し、旧殿から神体を移すことをいう。内宮から外宮、14の別宮に加えて、あの有名な宇治橋も全面的にリニューアルされる。

 62回目となる式年遷宮は、2013年に行われた。その予算はなんと550億円(それとは別に皇室から御内帑金を賜っている)。総数714種類、1576点の神宝や装束が一斉に新調された。

 最も費用がかさむのは、建築に使用される約1万本もの木曽ヒノキである。こうした遷宮作業は、公式には8年の歳月が費やされるとされているが、「収支報告が昨夏に終わったばかり。準備から決算作業までを含めると、12年を遷宮作業にささげていることになる」。神宮司庁のベテラン、石垣仁久・神宮権禰宜はそう語る。

崩れる氏神・氏子関係 起死回生の再興モデル

 さすがに、世界でも類いまれなる神事なのだろう。予算規模も歳月もスケールが突き抜けている。では、この550億円もの遷宮費用をどう調達しているのか。石垣権禰宜によれば、「330億円が自己資金で、220億円が寄付で賄われている」という。

 まず、自己資金330億円のうち、最大の収益源となるのが、全国の神社で頒布されている「神宮大麻(天照大御神のお札)」の初穂料である。

 13年度の神宮大麻の頒布数は874万体。1体当たりの〝目安〟は800円なので、1年で約70億円が歳入として計上される。そのうち、約半分が「宗教法人 神社本庁」という神社の〝総元締め〟に手数料として抜かれ、残りの約35億円が伊勢神宮の懐に入る。

 それにしても、毎年の初詣の際に惰性で納めたお札の初穂料が、回り回って伊勢神宮の遷宮に投じられているとは、どれほどの国民が認識しているのだろうか。

 ある有名神社神職は、「神社本庁は、神宮大麻の頒布数を1000万体にするという無謀な目標を掲げている」と言う。実際には、15年度まで6年連続で減体しており、目標が無謀であることは明白だ。

 それでも、神社本庁は傘下に抱える約8万社に対し厳しいノルマを課している。「地方の神社では氏子離れが後を絶たない。都市住民は神棚すら備えていないのだから、都市部の神社だってつらい。でも、ノルマ未達で余った神宮大麻を返すこともできず引き取る羽目になる」(同)。こうして、全国の神社が血のにじむ思いをして集めたカネが、遷宮を支えているのだ。

 一方で、220億円の寄付はどのように集められているのか。その内訳は、財界と神社界でそれぞれ100億円強ずつだという。遷宮を行うたびに、「式年遷宮奉賛会」という組織が立ち上げられ、そこから補助金が支払われる。13年の遷宮では、岡村正・元日本商工会議所会頭が号令を掛けて、日本経団連参加企業もそろって寄付に応じた。

 神社界も財界も、そして国民も──。全てはお伊勢さんのために。この資金調達システムこそが、伊勢神宮が伊勢神宮であり続けるための根幹となっている。

 今、神社界は大きな危機を迎えている。かつては、祭りや地域行事を通じて、日本人と神社は親密な関係にあった。だが、国民の神社や神道への崇敬心が薄れつつあり、氏神・氏子の関係が希薄化している。経営が成り立たず廃業する神社も後を絶たない。

 同時に、伊勢神宮を頂点とする神社のヒエラルキー構造にも歪みが生じている。日本の神社界が「迷宮」化しつつあるのだ。

政財界を牛耳る神社  知られざるパワーを徹底分析

「神社の迷宮〜政財界もビジネスマンもなぜ魅せられるのか〜」

 日本には、小さな祠(ほこら)まで含めると、神社が20万社以上存在すると言われています。そのうち、実際に崇敬行為をしていると言える神社は10万社程度だそうです。

 こうした神社数の多さは、私たち日本人と神社がいかに密接な関係を築いてきたのか、を物語っていると思います。祭りや地域行事を通じて、氏神・氏子は親類同然の付き合いをしてきました。

 でも、身近な存在であるはずの神社の実態については、あまり知られていません。本特集では、ベールに包まれた神社界のルーツ、序列、政財界への影響力について解き明かしました。

 例えば、神社と政治との関わりについて。神社界には、「神社本庁」なる組織があります。約8万社もの有名神社を傘下に置く、神社界の“総元締め”です。本庁という響きからは行政機関を想起させますが、あくまでも民間の宗教法人です。

 この神社本庁の“政治部隊”を務めるのが、神道政治連盟と呼ばれる政治団体。その活動を支持する「神道政治連盟国会議員懇談会」には、与党自民党議員を中心に、304人もの議員が参加しています。安倍晋三首相をはじめ菅義偉官房長官など、現閣僚20人うち8割がこの懇談会メンバーです。

 今、神社界は、神道政治連盟と神社本庁とで、表と裏の顔を使い分けながら政治への影響力を増しています。

 神社は財界とも密接な結びつきがあります。伊勢神宮や出雲大社の遷宮(旧殿から新殿へ神体を移す神事)には多大なコストがかかりますが、その一部を捻出しているのは奉賛会と呼ばれる財界の応援団だったりします。神社は政財界へ多大な影響力を及ぼしているのです。

 小難しい話はさておき、今、主婦層を中心に空前の御朱印ブームが到来しています。初穂料の相場は300円。手軽さもあってスタンプラリーさながらの楽しさにハマる人が増えています。特集では、至極の御朱印を厳選して紹介しました。

 また、神職の月収を公開するなど、意外なブラック職場の現実にも迫っています。日本にいる八百万(やおろづ)の神の中でも、スターだけにお出ましいただいた「日本の神様オールズターズ決定版」、明治天皇の玄孫・武田恒泰さんによる「世界一分かりやすい古事記」といった面白企画も目白押しです。

 もうすぐ大型連休。全国の有名神社を参拝しようと企画されている読者も多いと思います。神社のルーツを探る一助として、書店で手に取っていただければ幸いです。

| | コメント (0)

2015年11月 3日 (火曜日)

気になる言葉  文頭の「なので」 NHKへの質問から

最近気になる 文頭の「なので」 
2008.06.01の問い合わせに
NHKの回答は、
ご意見・お問い合わせ 「文中ナノデ」が先で「文頭ナノデ」は、ぞんざいだけれども、堅苦しすぎず、中間的な場面で使われているようです。と解説がありますが、・・「なので」、使い方にはくれぐれも注意してください。
 と答えられています。
【以下、私の質問】
  されど、最近では、使う人が増えております。
原稿を読む「ニュース」では使われておりません。さすがNHKだと思っています。
また、アナウンサーからはほとんど聞きませんでしたが、最近気になるほど、アナウンサーが「なので」を連発しております。
 元祖?は大卒の野球解説の小宮山さんですが、今日の「あさイチ」の男性アナウンサー二人とも「なので」を連発しております。
NHKは「なので」を解禁したのですか?
【NHKの回答】
NHKの番組をご視聴いただき、ありがとうございます。
お問い合わせの件についてご連絡いたします。
「なので」には2種類あり、「危険なので、避難してください」のように1つの文の中で使われるもの(「文中なので」)と、「危険です。なので避難してください」のように、前の文を受けて次の文頭で使われるもの(「文頭なので」)とがあります。
 
ことばが生まれた順序としては「文中なので」が先で「文頭なので」が後です。
このうち「文頭なので」は、使われ始めてからの歴史が浅く違和感を覚える方もいます。
これとよく似たことばに「なのに」がありますが、これは割合昔から「文頭」にも使われてきています。
もちろん、「なので」を文頭に使うのは、本来の使い方ではありません。
しかし、この傾向は、最近若い人を中心に急激に増えています。
NHK放送文化研究所の2008年のアンケート調査でも、
10代は69%、20代は67%、30代は56%の人が「言うことがある」と答えています。
この割合は、40代48%、50代36%、60代以上28%と年代が上がるほど少ないという結果が出ています。
言語学者も、その原因をいくつかあげています。
・英語のように、結論を先に述べる。
・長い文を敬遠し短く言い切る。
・「だから」と言い換えると少しぶっきらぼう。
・「ですから」と言い換えるのは堅苦しい。
従って少し丁寧な感じがして目上の人にも使いやすい等々。
辞書の中にも、既に「接続詞」として取り上げて、下記のような用例を載せているものもあります。
・三省堂国語辞典:(接)「私はひとりっ子でした。――父はあまかったです」
・新明解国語辞典(三省堂):(接)「外で食事は済ませてきた。――今は何もほしくない」
時代とともに変わることばの宿命として、
「だから」「なのに」「ならば」「でも」「だって」等と同様に、「なので」が市民権を得るのもそう遠くないかもしれません。
 この用法を放送でどのように位置づけるかですが、
改まったニュース原稿の本文では、まだ使用しないほうが良いと考えますが、会話やフリーのトークの中で禁止にすべき誤用とまでは言えないと考えます。
 ただし、まだ違和感をお持ちの方がいらっしゃることを踏まえ、このことばの使い方については、注意したいと思っております。
どうぞご理解頂きたいと存じます。
今後とも、NHKをご支援いただきますようお願いいたします。
お便りありがとうございました。
NHKふれあいセンター(放送)

| | コメント (0)

2015年4月18日 (土曜日)

もうすぐ鯉のぼりTARO鯉

岡本太郎の鯉のぼり
親のは大きくて高かったので持ってません。
Images1_2


文字か?絵か?
Torophw450_411

空海の怪しい文字に似ています
Unknown

太郎に挑んだ書家がいます。
柿沼康二?
NHK大河ドラマ「風林火山」書いた方で金髪です。
武が映画のタイトル書かせて「この人の字は狂ってる」といったそうです。
俺もちゃんと生きていけるか心配してます。

| | コメント (0)

俺の好きな書を並べておく

過日、up dateがあって、済んだら「写真」があるがPhotoが消えてた。

FinderのアプリからiPhotoを戻した。
写真の使い方分かりません。直感でやってたけど時間ばかりかかり?
クラウド関係ない俺は迷惑だ。
携帯は仕事上止むを得ず持ってたけど最後に買った。通話とメールのみのガラ系で未だ退職後も仕方なく持っている。

仕事で使わすんだったら、会社で買って与えろ、公私混同してるのは権力者なのだ。

顔真卿」
軍人です
Yan_zhenqing_ji_zhi_wen_gao
手紙の下書き・・感情がすざまじい

Yan_qinli_stele
頼まれて書いたもの


懐素」
若い頃
C04

拡大したもの
01892c0f280b3d1306d0020edc182b57
 自由闊達に書いております。
晩年には草書の手本をなる静かな文字を書いております。

日本では

おれの好きな良寛さま
Images

Images1

Photo
筆、墨を惜しんで書いておられます。
実に力強さを隠した文字です。


最後は空海
不思議で怪しい人物です。
宇宙人かも?

風信帖・・・最澄に宛てた手紙です
Fuusinjyogen

部分 拡大
B0034471_1651844

飛白体
Hihakubon

003_01

益田池碑銘 より
B0044404_2071430

001
 雨、おたまじゃくし、蛇、など60種類の意味ある表現

Kristen_herrington_s_soul
 曼陀羅

| | コメント (0)

2015年4月 3日 (金曜日)

伊丹十三記念館から通販した

かつて訪れた松山市内にある「伊丹十三記念館」からDVDを買いました。

Top_cover03

5233897

ついでにイラストの絵葉書も買ったがすでに買っていたのでダブリました。
57762411

年取ると・・買ったの忘れてまた買ってそれも忘れてまたまた買って・・・いやはや歳のこうですな。

注文のとき例によって迷惑な駄文をメールに書いていたのを披露する。
嫌な客だな〜〜と思っているでせうかしらん。

以下に〜〜〜〜

伊丹万作 監督について
『
Mansaku_01

赤西蠣太』と『無法松の一生』はNHKで観ました。
『赤西蠣太』はニトロフィルムが剥落・変色していて数コマ飛ぶし、絵が見えないところもありました。


『國士無双』はフィルムが無く、あっても放送できないほどの破損状況だったそうです。
 フランキー堺さんのカラー版や他にもリメイクされましたが、映画が作られた時代背景とテーマ性が重要なので、下手をするとコメディ映画になってしまいます。

 あの時代はニトロフィルムを上映後、処理して撮影用に使い回ししていました。そのせいで、現存する作品が少ないのと、保管が難しくニトロフィルムはポロポロになって爆発するので公共交通機関には持ち込み禁止でした。
覚えましたか。

 それを知らないと、タランティーノ監督作品やイタリアの「ニューシネマパラダイス」とか「オリオン座からの招待状」など多くの映画にでてきても意味が分からず作品の理解ができませんよ。


役者 伊丹一三
  の中では、『北京の55日』、TV『源氏物語』、『悪一代』(これで勝新太郎に気に入られた)、黒木・藤田監督らの日活ロマンポルノ作品の俳優伊丹さんは自由さが感じられた。
 低予算の映画だが、才能ある監督を贔屓するために無報酬ででていた。
引き換えに、スケベの勉強になる。

当時の大物監督作品に出ていた伊丹さんは僅かな違和感を感じた。言い換えれば周りの俳優から浮いていた感があった。

伊丹十三監督

Prof_04a

  作品で一番好きなのは、オムニバス映画の「タンポポ」です。
監督として最も自由さを発揮していた。
キャスティングで映画の6割は決まると世間で言われているが、タンポポのキャスティングは良かった。
 特に、白服の男:役所広司、白服の男の情婦:黒田福美、カキの少女:洞口依子、カマンベールの老婆:原泉がお気に入りだ。

役所公司の体当たりでスケベなシーンはあれが最後だった。有名になってから未亡人と毒入りワイン飲んで心中するのは興奮しなかったぜ・・。  おばさん達は 興奮してたがナンパするような熟女はいなかったので寂しく帰路に着いた記憶があるのだ。

それより、「うなぎ」がエロかったのは監督がエロ好きだからかしらん。

監督はアブノーマルな性描写が好きなのか?興行上挿入しているのかは信子さんに聞かないと真相は分からない。

 おそらく、俳優時代に得た知識を披露したのであろう。初めからピーターというホモと共演し、市川崑や岸田秀先生やら、以後もポルノの監督を応援するために出たりしていたのでそこいらあたりから探求したのでせう。

 俺も「O嬢の物語」読んでも理解できないので遡っていくと江戸川乱歩にたどり着いた。

 蛇足の長靴:
 役所広司が死ぬ間際に情婦:黒田福美に「イノシシにたらふく山芋食わせて山芋で一杯になったイノシシの腸を喰ったらうまいだろうな〜」を最近憶い出すのです。
 山が荒れ放題になってイノシシ被害でため罠を仕掛けイノシシを裁くとき思い出すのです。

そのほかの映画は、興行収入がないと次回作が作れないというジレンマからか、無理なカット割りが気になります。

ビート武や松本のように自己満足に近い自由に映画を作って頂きかったです。

監督の功績は、
 昔の役者さんをちょい役?に使われたことでしょう。
藤原鎌足さん初め伊丹映画が遺作になった役者さんは感謝されて浄土へ往かれております。
 お浄土で仲良く映画を作られているのでせう。
心配なのは、大御所の監督たちが口うるさいのではないのかしらんといふ点ですが、伊丹万作監督や山中貞夫監督(俺好き)等が後見人でおられるので安心でせう。


著者 伊丹一三については

5234961

20506589

 俺等が17歳の頃に『ヨーロッパ退屈日記』を読み漁り、真似をしておりました。
 服装は石津健介さんのVANを倹約してもなかなか買えないので知識だけは詰め込みました。
老年時代の石津さんはパンツ、ワンピース風パジャマは奥さんと同じものを着ておられました。TVで脱いで見せました。
「歳とると屈まなくても脱げるので便利でしょう。」と平然と言われたので、いつまでも合理性を重要視しているのに関心いたしました。

伊丹監督も生きておられたらクリントイーストウッド監督と同世代です。

20120804201929

クリントイーストウッド監督は段々好きになりました。
作品にはいつも死がテーマとしてあります。
彼の映像は、市川崑監督がフィルムから銀落としを世界初に行った影響を受けたらしく、黒はとことん黒色に撮れとカメラマンに言い続けている。

また、クリントイーストウッドは撮影が早いそうです。

日本の監督はテスト、リハ、ダメだし と時間ばかり使うので役者の演技にカビが生えたようになる。ある評論家はそれを味と呼んで賛美している(俺嫌い)。



伊丹さんが生きていたら・・・クリントイーストウッドと張り合えるのか? そうだったら俺ももう少し長生きする気力も湧いてくるのに。

| | コメント (0)

2015年3月31日 (火曜日)

書家  岡本光平氏が寺の襖に

前衛 書家 岡本光平さんが四国88ヶ寺の74番 甲山寺の客殿で1200年記念の一環として 空海が書いていた 飛白体文字を襖に書いていると新聞記事にあった。

寺の話では5月下旬頃から一般公開するようです。

飛白体は古くから書かれていた文字で、空海は唐から帰って後年、書いている。
僕は違和感を覚えるが、岡本さんの飛白体を見たいのでその日まで死ねない。

更に、益田池碑銘の文字はおどろおどろしくて僕は好きだ。
空海は新しい文字を探し求めていたように思える。

カタカナは空海が作った説があるが、偉大さゆえの俗説らしい。

待てない方は、三越で展覧会をみませう。

岡本光平現代書展「空と海の物語 vol.2」
~高野山開創1200年記念~
2015年4月7日~13日 in 高松三越美術画廊

四国八十八ヶ所開創1200年から高野山開創1200年を迎えるにあたり、シルクロードの“こころ”の終着駅はまさに空海の開いた高野山にあると思われます。  
シルクロード文化から天才空海を見直すと国際的とは何か、日本の奥深い“こころ”とは何かを教えてくれるようです。
空海の書とシルクロードを道標に、その無限蒼空の志操に想いを馳せた作品約40数点を展覧いたします。

2015takamatsu1

2015takamatsu2

また、本山寺において講演会があるようです。

墨と和紙は、日本人の精神世界の原点を象徴するものだと言えましょう。
墨はただの黒ではなく「玄の階調」であり、
豊かな想像力を喚起し、また静謐の心を養ってくれる究極への誘いです。

2015kouenchirashi

私は 空海の益田池碑銘の文字に惹かれるので是非とも行きたい。

写真、文は岡本さんのHPから無断転載した。これは犯罪だ。

| | コメント (0)

2014年3月29日 (土曜日)

玄能(玄翁)を買いました

最近、やっと玄翁(能)が手に入りました。

TVで紹介されたら在庫がなくなり、時間があればお店のHPを眺めておりました。

予算、重さ、形状と相談し見た目はボロに見えるが見る人が見たら「いいね!」と云うようなものを買いました。

28600en

  

 正行玄翁別製火造り玄能120匁を買いました。
   磨いてないので焼き入れたままの色合いが素敵です。
   
樫の曲がり柄は自分ですげます。

**以下 参考**

1.鋼付玄能

 現在、日本の鍛冶屋さんで鋼付の玄能を造っているのは、「道心斎正行」こと馬場政行さんだけです。

 鋼付玄能の特徴として、中心部分は(鉄鑿や包丁などの地金と同じ)を使っていて、両端に鋼(刃物に使う鋼)をイモ付けという鋼付の方法で張っています。

一般的な全鋼の玄能と違い、上質の刃物と同じで、粉炭の中で焼きなましをしてから、焼入れを行います。そのため硬度が全鋼の玄能に比べて高く、鑿をたたいたり、釘を打つにも「きき」が非常に良いです。

 「一番すごい」と感じることは、「けんしょう炎」や「ひじの痛み」で悩んでいる大工さんが道心斎正行の「鋼付玄能」を使って、けんしょう炎やひじの痛みがなくなりましたという、喜びの声を何人もの大工さんから、聞いたことです。

 

 日本では、上手や下手な鍛冶屋さんは、幾人かいますが病気を治した鍛冶屋は「道心斎正行」こと馬場政行さんだけです。

特製.洞心斉正行玄翁(玄能)「月花」一文字型和鉄120匁

平成24年初めの玄翁です。地金に和鉄、仕上げは側面が縦目に仕上げ千代鶴さんの小刀にもあったのような仕上げ方で、正面が横にヤスリかけ、そして珍しい一文字型の120匁です。

重さはたっぷりの495グラム、全長9,85センチ、穴縦2,45センチ×穴横8ミリです。
さすが奇麗です。18万円で売れていました。

18

  

特製.洞心斉正行作雪玉玄翁500匁

Photo_6

Photo_7

 刀のような地金がきれいです。味がある。

200年以上前の和釘を使っておろしかねに似たつくりで玄能の地金部分を作り、現代の地金に巻きつける「とづる巻という方法」で大きな玄翁を作りました。

 ひつに地金を巻きつけた角ができましたが地の模様は日本刀に似ていてあじわい深いです。

ふつう大きな玄能を作ると大雑把になりがちですが写真でとると大きさを感じさせない作りです。

今はできたばかりなので落ち着いてない雰囲気がありますが何年かたつと模様がもっとはっきりと出てくると思います。

2.全鋼玄能

 正行さんが造る通常の全鋼玄能は、形状をグラインダーやペーパー、やすりなどで仕上げてからすぐに焼入れを行います。

 しかし、火造り玄能の場合、上質の刃物と同じで焼入れ前に粉炭で焼きなましをしてから、焼入れします。

 それに機械を使っているのは、材料の丸棒を角にする時、「ひつ穴」をあける時、玄能の口をする時だけ使います。
 玄能の鎚あとは、何百回も手鎚で仕上げます。そのために、かなりの体力と時間がかかり、数量もできないので、値段が高くなっています。

 正行さんは、仕事に対して妥協をしないので、同じ商品を造っても、かわらないか、より良くなっています。

 火造り玄能は、正行さんいわく日本的な、「わびさび」を感じてもらいたいと思っています。

 ですから、長く使えば使うほど、あじがでてきます。

54000

別製火造り四角ダルマ200匁
ダルマは長さが短く、鑿の叩きに使いやすい。

柄は短め1尺の曲がりか、直柄かは好み。

正行玄翁(玄能)山桜柄大

5000_2

Photo_8

正行さんが鉋で削った山桜の玄能柄です。大サイズになります。
玄能の穴に入る先の厚みは10,5ミリ、幅が3センチくらいです。
握りの直径は4,1センチくらいです。長さは36センチになります。

実際に仕込んだ後は穴に木工用ボンドを穴に入れると抜けにくくなります。

| | コメント (0)

米プリツカー賞に輝いた建築家、坂茂(ばん・しげる)さん

2014.3.28 19:14 産経ニュースより転記
米プリツカー賞に輝いた建築家、坂茂(ばん・しげる)さん(56)「自分の経験を、家を失った人のために」

Photo

        「紙のログハウス」について説明する坂茂さん=水戸芸術館
 自他ともに認める「行動する建築家」が、今年の米プリツカー賞に輝いた。「驚きました。自分がそのレベルにあると思わないので」
 オフィスビルや住宅、美術館など一般の設計活動と、災害支援を両立させている。被災地では再生紙の紙管(しかん)など、安価で入手可能な材料を使う。
東日本大震災では、宮城県女川町にコンテナを重ねた3階建て仮設住宅を実現させた。限られた用地に、プライバシーを尊重した居住空間を確保しようと心を砕いた。
「大変な思いをした人たちだから、仮設であっても住み心地が良く、美しいものを提供したい。住人の方が『もう出たくない』と言ってくれたときほど、うれしいことはありません」
 支援活動の最初は1995(平成7)年、国連難民高等弁務官事務所と協力し、ルワンダ難民に提供した紙管とプラスチックシート製の緊急シェルターだった。
同年起きた阪神大震災では「紙のログハウス」と「紙の教会」を建設。
以降20年、世界のどこかで災害があるたび駆けつける。その活動は徐々に知られるようになり、今では現地の大学教授や学生らがチーム作りに協力してくれるという。
 「歴史的に建築家は特権階級や富豪が力を誇示するための建築を造ってきた。今も僕らはそういう仕事をしているし、町のモニュメントを造ることは悪いことではない。ただ、自分の経験を、家を失った人のために使えたら、少しは状況が良くなるのではと思う」
 幼いころ、自宅を改装してくれた大工の仕事に憧れ、建築家を志した。
「(賞は)続けていきなさいという奨励。身が引き締まる思いです」
(黒沢綾子)
“建築のノーベル賞”米プリツカー賞に坂茂氏 災害支援「紙の住宅」評価
2014.3.25 08:19  産経ニュース

Photo_2

      ニュージーランド地震で被災したクライストチャーチに完成した
        「紙の大聖堂」。
設計したのは日本人建築家、坂茂氏(共同)
 【ロサンゼルス=中村将】「建築界のノーベル賞」といわれ、優れた建築家に贈られる米プリツカー賞の今年の受賞者に、東日本大震災の被災地で仮設住宅を作るなど世界各地の被災者への支援に取り組んできた京都造形芸術大教授、坂(ばん)茂(しげる)さん(56)が選ばれた。同賞を主宰するハイアット財団が24日(日本時間25日)発表した。
 プリツカー賞は建築学の分野で世界で最も権威があるとされ、日本人の受賞は丹下健三さんや安藤忠雄さん、伊東豊雄さんに続き7人目。
賞金は10万ドル(約1020万円)。授賞式は6月13日、オランダ・アムステルダム国立美術館で行われる。
 同財団の審査委員会は授賞理由について、「災害支援の建築物にリサイクル可能な紙筒を柱、壁、はりなどに使用、独創性や経済性に優れ、現代のハイテク技術に頼っていない。構造、素材、自然換気、採光などに基づいたデザイン設計は使用する人が快適に過ごせるように力を入れている」としている。
 坂さんは東日本大震災では輸送用コンテナを利用して仮設住宅を作ったり、紙と布で避難所の間仕切りシステムなどを提供。
受賞について、「機能的で住み心地が良く、美しい建築を被災地に提供しようと努めてきた。活動を評価していただき勇気づけられた」とコメントした。
 坂さんは1957年、東京都生まれ。94年、ルワンダ難民のために紙の筒でつくったシェルターを提案。
95年の阪神大震災でも紙の筒の仮設住宅などを作った。

Photo_3

             神戸 紙の教会

Photo_4

          代表作はフランスの「ポンピドーセンター・メッス」など。
*参考***
日本人の受賞者6人
①丹下健三、②槇文彦、③安藤忠雄、④⑤妹島和世・西沢立衛 (SANAA)、⑥伊東豊雄
①は香川県庁のコンクリート打ちっ放しで有名になる。県庁は暗い、天井が低くパイプむき出し。トイレの場所が分からない。東京都庁。 コンクリート打ちっ放しを真似した建物が増え今、鉄筋の爆裂で泣いている。墓の中にいるような建物。岡本太郎が万博で天井をぶち抜いて「太陽の塔」を作ったのは快挙だった。
②はメタリックにあこがれ、③もコンクリート打ちっ放しでなおかつ、水中、水上に建てている?最近日本的なものに?  以降〜略
   坂さんのは、身近で良い。delicious

| | コメント (0)

2014年3月24日 (月曜日)

「春愁」と「百々手祭」

万物が輝く春にふと感じる物悲しさ「春愁」(しゅんしゅう)という。
年々その想いが強くなって行くのは加齢のせいでせうか。
「麦秋」「竹秋」も春の季語なり。
我が家の「櫟」の枯れ葉は数日の強風によって落ち、芽吹きの準備が整ったようです。
雀のつがいは細い小枝をせっせと運んでいる。
巣作りに励んでいるのでせう。

九州では超早場米の田植えが始まったそうです。
7月には収穫できるそうです。

僕の村では「百々手祭」が19日に執り行われました。
この祭り、儀礼は「氏子らの無事と五穀豊穣を神に祈る神事」です。
数部落が当番制で順番に的やお供えを準備するのですが、他の部落からは誰も来ません。
昔は奪い合って弓を射ていたのですが、平日なので子供の参加もなく老人会の行事のようでした。

P1000201_2

          宮司さんの祝詞奏上 (右に作ったばかりの的が)

P1000216

           宮司さんが最初に矢を射ます

P1000230

        的 は村の神様ごとに何個も作ります

P1000237

        的の裏   今年は「大麻比古神社」に倣って「鬼」

県の西のほうでは、100本矢を射るために若者が帰郷するそうで、
県も無形文化財として指定し、国に更なる指定を願っているようです。

裃、袴姿で本格的にやられております。

Photo_3

          生里(なまり)の百々手

粟島の的は巨大な縦長で卑猥さもあり、ユニークです。

Photo_4

          粟島の巨大な的
海の男達にとって勇気づけられるものをイメージしてあるのではないかしらん。

方や、延喜式阿波の一の宮である「大麻比古神社」の百手式は豪華華麗である。

Photo_2

小笠原流師範が白装束で氏子の方も平安武士の晴れ衣装で、くらぶれば、当県の裃姿は貧乏たらしい姿じゃて。故に映像はない。

これは、帝の命で作られた「延喜式神社」と民が作った「地神社」との違いであろう。

大切なのは「祈り、感謝する心根」であろうとなかろうと負け惜しみを言う吾であった。

 

| | コメント (0)

2014年2月 6日 (木曜日)

佐村河内守さんへの賛美の豹変にあきれるのだ・・・

僕はこれらの展開から「人はいかにでたらめなんだと思った。」
感動に涙した人さえあの感動は嘘だったのか、などと訳の分からぬことを言っている。
だれが作ったかなんてどうでもいい、涙するほど感動したのならそれでいいではないだろうか。

大好きだった絵画が贋作だと言われたとたん、嫌いになったというのと同じでないか。
この世には、無名の作品、商品がほとんどです。自分の判断で琴線に触れた物はいいもの、優れものとして評価してください。他人の評価なんかどうでもいいのです。

縄文土器には作者の名前なんかありませんが、想像を超える感動が伝わってきます。それでいいのではないでしょうか。

僕は「君が代」の曲は大嫌いです。あなたは好きですか?
團伊玖磨氏は「君が代」の曲の由来を何度も解説し、UKの田舎の教会音楽は国歌にふさわしくないと熱弁したがその曲を国歌とするような国民レベルが、騙されたなどと言っているのは滑稽である。
51umu1xgjxl_sl500_aa300_
         広島

41jrcofpcnl_sl500_aa300_
      
以下に報道の一部を載せておきます。

両耳の聞こえない作曲家として話題を集めていた佐村河内守(さむらごうちまもる)さん(50)が、別の作曲家に楽曲の制作を依頼していたことが明らかになった5日、コンサートの中止や関連書籍の販売取りやめなどが相次ぎ、波紋が広がった。
 ファンから「信じたくない」と驚きの声が上がる一方、ソチ五輪で楽曲を使用する予定のフィギュアスケートの高橋大輔選手(27)側は「プログラムを変更しない」と明らかにした。

 ◆認めるメール
 「ヴァイオリンのためのソナチネ」の楽譜を11日に出版予定だった楽譜出版社「東京ハッスルコピー」の関係者の元には2日、佐村河内さんから自身の作曲ではないことを認めるメールが届いた。
 同社関係者は「メロディーの一部でも作っていれば出版は可能」と返信したが、佐村河内さんからは「私はイメージなどをゴーストライターに伝えただけ」という返事だった。これを受け、4作品の出版とレンタルを中止した。
 2010年以降、楽曲を演奏してきた東京交響楽団の大野順二楽団長は、「作曲家は通常、リハーサルに姿を見せるが、彼は来たことがなかった」と打ち明けながら、「観客からの反応も極めて良い楽曲だったのでショックだ」と語った。

 ◆「損害賠償を請求」
 「交響曲第1番」の全国ツアーを企画していた音楽事務所「サモンプロモーション」は5日、今後予定していたコンサート計15公演(オーケストラ10公演、ピアノリサイタル5公演)の中止を発表。販売済みチケットは払い戻しに応じるという。
 2月と3月にそれぞれ長崎と福岡で同曲を演奏するはずだった九州交響楽団も、突然の中止連絡を受けて対応に追われた。「数百万円規模の収入減になる。主催者には損害賠償を請求する」と事務局は困惑する。
 昨年5月、佐村河内さんの著書「交響曲第一番 闇の中の小さな光」を出版した幻冬舎は、絶版を決定。東京・銀座のCD・楽器販売店「ヤマハミュージックリテイリング銀座店」では、午前11時の開店前にCDを店頭から撤去した。

 ◆市民賞取り消しも
 「CDを借りて何度も聞いたのに……」。東京都新宿区の音楽ショップにクラシックレコードを探しに来ていた会社員(51)は言葉を失った。佐村河内さんのドキュメンタリーなどを見て、非常に苦しみながら音楽を作る姿に感動しただけに、「信じたくない」と驚きを隠せない様子だった。
 一方、聴覚を失いながらも被爆体験の継承と核兵器廃絶を訴える活動を評価し、2008年に「広島市民賞」を授与した広島市。松井一実市長は5日、「思いも寄らぬことで驚いている」と述べ、作曲が本人でないと確認できれば、賞を取り消す考えを示した。
 ピアノ講師の経験もある同市の会社員(61)は「ヒロシマの思いを込めて素晴らしい曲を届けてくれただけに残念。『ベートーベン』とまで称されたことが負担になったのでは」と推測していた。
(2014年2月6日09時56分  読売新聞)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧